青梅マラソンに出てきましたよ。

| コメント(0) | トラックバック(0)

お疲れ様です。ほりごめです。

昨日、青梅マラソン(30km)に参加してきました~。
週に一度の体動かすdayです。

-------------------------------------------------------------------------------
日時  :2009年02月15日(日) 11:50~
場所  :青梅線河辺駅
コース :河辺駅から奥多摩に向けて15キロ登って15キロ帰ってくる折り返しコース
種目  :30kmに参加
参加者数:30km約:18,000人,10km:5000人
天候  :快晴
気温  :16度
湿度  :44%
風   :微風
参加費 :忘れた
参加賞 :Tシャツ、フィニッシャーストラップ
制限時間:Goal3時間40分
     (でも、スタートに10分はかかるので実際は3時間30分)
-------------------------------------------------------------------------------

この大会、43回と歴史はあるものの、人多すぎ。
今回は一人で現地入りしたので、電車で移動したのですが、既に西国分寺乗換えでラッシュ並み。
結局河辺駅まで人に揺られながらの現地入りです。
駅についても、自動改札通過ができないほどの渋滞。駅の渋滞は、朝の東海道線ラッシュなみ。

駅を抜けると受付の小学校まで300mぐらいをテクテクと歩き移動。
ここはそれほど混んでおらず、受付しゼッケンもらい、参加賞のTシャツ交換し、トイレ休憩して着替えができる体育館を目指します。

体育館なんとか入ったものの、足の踏み場もないほどの人・人・人。
なんとか自分の場所をキープするものの、50cm四方程度しか取れません。
狭いなかでウェアを着替え、荷物はそのまま貴重品だけもって貴重品預かりに(貴重品だけ100円)

混んでいるところにしても仕方ないので、30分前にはスタートポイントに。
200人前後人数で区切られたプレートがたっているので自分の番号のプレートの前に陣取ります。
この段階で、スタート台すら見えないので、先が思いやられる気分...。
#昨年の東京マラソンでさえ、石原さん見えたのになぁ。

時間ジャストにスタートかとおもいきや、ちょっと遅れての号砲(でも音は聞こえず...)
さらに、スタートの号砲が鳴って前に進むものの、結局スタート地点のセンサーを通過できたのは約10分後。
15000人も出るのに、たった2車線の比較的細い国道を走るものだから、自分のペースで走ることなどできません。
スタート通過できても超ユックリペース。1キロ地点を通過したのは7分後。散歩か?と思うようなペース。
更に2キロ地点の前に急な右折で大渋滞。全体停止します。なんだこの大会は...と。

3キロ地点で、有名なレコードショップ。松村和子「帰って来いよぉ~♪」がエンドレスでかかってます。

4キロ5キロと脚を進めるものの、給水ポイントが中々現れません。
(スタートのときにアナウンスで「今日は暑いので給水をしっかりしましょう!」なんていってたのに...)
結局7キロ地点ではじめての給水ポイントがありましたが、なんと私設エイド。
さらに、私設だけあってコップが足りず、われ先と水を求める人でスーパーの特売コーナー並みの人・人・人。
でも水飲まないと進めないので、この段階で2分ぐらいのロス。
(結局、水不足は最後まで続き、ほとんどのエイド(公営、私設共に)でコップや水不足で走りながらコップもらう、などということはできず...。)

7キロを過ぎても、人並みは変わらず、自分のペースは出せません。
なんとか、人を掻き分け前にでようとするものの、ジグザグ走りになり余計に疲れることに。
結局折り返しの15キロまで、キロ6分とちょっと遅めのペースで入りました。

復路はほとんど下りなのですが、途中22キロ地点ほどに急なのぼり坂(峠ですね)。
往路のときに調子よく下った道は、復路は脚が前に出ないほどの坂に感じます。
#さすが、高低差80mを越えるコースだけあります...。

ここで止まったら制限時間厳しい...、ということで歩くことなく登坂完了。
#でもこの無理が後で脚の痙攣に繋がります...。

往路は沿道の応援や飴・チョコレートなどの補給が増えます。沿道の半分の人は何か持って配ってくれている感じ。
レコードショップの音楽は、「トレイントレイン」に代わってます。

29キロ地点。それまで脚の痺れは軽い痺れだったのですが、一歩進めるだけで「じ~ん」となってしまうほどに。
後ちょっとだから、と耐えたもののココで無理して歩けなくなっても仕方ないと、29.5キロ地点でちょっと歩くことに。
200mぐらい歩いたら楽になったので、あとは300m走って栄光のゴールへ!、でした。

3時間を切りたかったところですが、あのスローペース(でペースを乱され)、さらに給水も少ない、さらに暑い、という悪い環境のなかでは、ほぼ満足の記録です。

p.s.
フィニッシャーのオマケはもらえましたが、完走証が当日に発行されないのは、イタダケナイ。
5000人ぐらいに制限して開催したほうが良い大会じゃないでしょうか。

-----------------------------------------------
結果:
Goal:3時間11分です(腕時計計測。完走証でないから正しnet time がわかんない...)

05km:32分
10km:60分
15km:1時間30分
20km:2時間3分
25km:2時間35分
-----------------------------------------------

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://moatbasket.com/mt5/mt-tb.cgi/1175

コメントする

2010年2月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            

アーカイブ

グリムス

なかのひと

ジオターゲティング


ジオターゲティング
OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 5.01

このブログ記事について

このページは、ごめごめが2009年2月15日 11:50に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「同僚の結婚式」です。

次のブログ記事は「あっ間違えた」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Google Adsense実験