新聞メディアの衰退

| コメント(0) | トラックバック(0)


朝日新聞社が初の赤字決算をだしたようです。
(21日発表した9月期中間連結決算は、営業損益が5億円の赤字、純損益は103億円の赤字)

新聞の終わりの始まり(ascii)

決算発表をするように初の出来事のようなので、きっと社内は大慌てになっているのではないでしょう...。

ちなみに、自分は新聞を取ってません。毎日取るとそのまま毎日ゴミがたまっちゃいますし、捨てるの大変ですしね。
でも自分の親の世代から言わせると、新聞を取っていないのは情けない...、というようです。
つまり親の世代はmust item なんですが、その子供の世代は、そう思ってない。
そんな家庭が増えてきているのではないでしょうか。

購読者へ必要性を訴求できない。有益な情報とゴミのバランスを考えたときに、後者のほうが気になってしまう。
まさに、今までのビジネスモデルに限界がきているんでしょう。

購読者数が減ってきている、広告収入もネットに逃げる、という構造になれば、

広告単価を上げる

という(最後の)対策が必要になってくることは容易に想像がつきます。
やっぱりいまだに新聞へ広告出すことが効果がある広告はあるので、相手の足元見るモデルで攻めていくことでしょう。

で、どうなるか。

マスメディアの重要なポイントって「客観性」や「公平性」じゃないか、と思うんですね。
多くの人が見聞きするニュースソースが世の中に与える影響は絶大で、そのマスメディアがどちらかに極端に傾いた発言しかしないのは、とっても危ない。

そんなマスメディアの雄である新聞社の売り上げが減ると、
1・そんな絶大な力を持っているマスメディアが収入減で広告主頼りになっていく。
2・広告単価を上げるためには、広告主に「媚を売る」必要があって、広告主に対して反旗を翻すような記事はかけなくなってくる
3・お金を持っているクライアントの業界に対して優しい記事が増える。もしくはビジネス領域を叩く記事が書けなくなる。
4・ビジネス分野(一般企業)向けはいいニュース。それ以外(政治など)は悪い(叩く)ニュース、という構造になる。
のではないでしょうか。

なんだか、金をもっていたらマスコミの発信するソースまで牛耳れるというのは怖い世の中です。
すでにこういう状況になっている部分も多分にあるとおもいますが、それが加速しそうで怖い。

そういう意味で、マスメディアのモデルが時代に合わせて変わってくれることを切に願ってます。

そもそもネットの世の中になったら、「マスコミ」なんてものが不要になったのかもしれないですけどね。:p)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://moatbasket.com/mt5/mt-tb.cgi/1132

コメントする

2010年2月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            

アーカイブ

グリムス

なかのひと

ジオターゲティング


ジオターゲティング
OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 5.01

このブログ記事について

このページは、ごめごめが2008年11月28日 23:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「噂の京浜ホテル」です。

次のブログ記事は「朝焼け」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Google Adsense実験