本当の環境対策って

| コメント(0) | トラックバック(0)

環境対策。

凄く難しいテーマ。

何が正解で何が間違いかわかりませんが、皆が「正解」と思うことを少しずつでも実施していけば、きっと良い環境対策につながっていくのではないでしょうか。

その環境対策で、かなり積極的な姿勢を示しているのがAEONだとおもいます。
星野仙一さんをCMに起用し、木を植えている活動などをPRすることによって、環境先進企業であることを前に出してます。
また、レジ袋をなくす取り組みなどもかなり積極的にやってるようですね。

ここまでは確かに先進企業らしらが見えます。

が、でもね。本当に本気にやろうとしているんでしょうか。

特に、店舗の夜間開店。
コンビニすら夜間に規制を受けようとしている昨今、AEONの中に入っている食品売り場を24時間開店や、深夜まで営業時間を延ばす店を増やしているのはなぜなんでしょう。

一日辺りの消費電力など数値が出ていないのでわかりませんが、一晩で使う電力で、レジ袋の消費削減効果のどれだけを失っているんでしょう。

「本気」で環境対策に取り組むのであれば、消費者に負担を強いるレジ袋のような運動だけでなく、自らのビジネスのあり方、売り上げ拡大と環境対策の相反する活動をどのように制御していくか、という点についても、きちんと考え方を情報公開をしてほしいものです。

そうでなければ、せっかくの「木を植える活動」など良い活動が、ごまかし、まやかし、のように見えてしまいますよね。

皆さん、どうおもいますか?。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://moatbasket.com/mt5/mt-tb.cgi/1007

コメントする

2010年2月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            

アーカイブ

グリムス

なかのひと

ジオターゲティング


ジオターゲティング
OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 5.01

このブログ記事について

このページは、ごめごめが2008年7月 9日 00:48に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「なんだか凄いなぁ。」です。

次のブログ記事は「筆とキャンバスと絵の具」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Google Adsense実験