なんだか凄いなぁ。

| コメント(0) | トラックバック(0)

パイオニア、BD互換で容量400GBの16層光メディア技術を開発(pc watch)

パイオニア株式会社は7日、記憶容量が400GBの16層再生専用光メディア技術を開発したと発表した。

 今回開発したのは、1層あたりの容量が25GBとBlu-ray Discと同等で、これを16層積層した再生専用の光ディスク。これまで多層の光ディスクにおいて、再生していないほかの記録層からの不要な信号の影響や、再生信号が微弱であることから、安定的に良好な再生信号を得られることが困難で、積層する記録層の数に限界があった。

 今回同社はDVDで培った光ディスクの製造技術を活用することで、他の記録層からのノイズを低減する構造を開発。また、読み取りシステムには、広いレンジで収差を補正する光学素子や、微弱信号を高S/N比で読み取れる受光素子をピックアップに採用したことにより、高品位な再生信号を得ることができたという。

なんだか、まだまだ記憶装置の技術確認は起きつづけるのですね。

disk一枚で400Gbyteって...。すごすぎ。

自分が始めたかったハードディスク40Mbyte。
これの一万倍!。それがたった一枚のディスク。
発売されたら、単価1000円とかになるんでしょうね。

ここまででかくなったら何保存するんだろう?って思う反面、昔も、パソコンのディスク、こんなに大きくなってどうするの?っておもいながらも、常に自分のPCのディスク残がぎりぎりの状況を考えると、保存できるようになればなったで、ニーズも発生してくるんでしょうね。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://moatbasket.com/mt5/mt-tb.cgi/1006

コメントする

2010年2月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            

アーカイブ

グリムス

なかのひと

ジオターゲティング


ジオターゲティング
OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 5.01

このブログ記事について

このページは、ごめごめが2008年7月 8日 02:07に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「七夕」です。

次のブログ記事は「本当の環境対策って」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Google Adsense実験