東京マラソン・30キロ通過

| コメント(0) | トラックバック(0)

20キロから30キロまで、長かったぁ。

本当に気力だけの勝負。

銀座近辺を抜けて浅草を折り返しての銀座に戻ってきた辺りです。
30キロ=約3/4終わり、ということじゃないですか。

思わず恥ずかしげもなくガッツポーズしちゃいました。

半分終わっただけだと、「まだ半分かぁ」という気分ですが、3/4終わると「後25%!!」と残りが少ないことで自分を鼓舞できますよね。

いよいよゴールに向けてのラスト約10キロ。

でも、この10キロが、東京マラソン名物の最もきつい10キロだったのです。
東京マラソンは、後半埋立地方面に行くのですが、埋立地には大きな橋があります。
この橋を超えないといけないのですが、橋が大きい=のぼりがきつい、ということで足が釣りそうになります。

のぼりはきつい。くだりは気をつけていないと足を釣ってしまう。
足を釣ると一歩前に歩みを進めるだけでも激痛モードになってしまうので、足が釣らないようにだけ気をつけ一歩一歩足を進めました。

豊洲近辺にたどり着き、大きなビル群が見えてきました。
昔、豊洲で働いていたころの思い出を振り返りながら、やっと豊洲まで来た!、と懐かしおもいながら、痛い足を引きずりつつ、40キロ地点を目指しました。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://moatbasket.com/mt5/mt-tb.cgi/857

コメントする

2010年2月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            

アーカイブ

グリムス

なかのひと

ジオターゲティング


ジオターゲティング
OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 5.01

このブログ記事について

このページは、ごめごめが2008年2月17日 12:46に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「東京マラソン・20キロ通過」です。

次のブログ記事は「東京マラソン・最終関門40キロ地点」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Google Adsense実験