東京マラソン・20キロ通過

| コメント(0) | トラックバック(0)

品川折り返しを過ぎ、銀座方面に向けて一直線に北上します。
ここで初めて、後続のランナーに会ったのですが、われわれの集団と比べて、表情が圧倒的に疲れています。

やはり、自己申告タイムが遅い人たちだったので、この辺りからきつくなってきているのでしょうか。

なんてことを考えながら北上していたら、自分の足もだんだんきつくなってきました。

何より痛くなったのは、踵の腱と、足の裏。踵はだましだまし足の向きを変えると痛くなくなるのですが、足の裏ばかりはどうしようもありません。
一歩踏み出すたびに激痛が走るような状態までいってしまったので、18キロ地点ぐらいから、徐々に歩いて痛みを紛らわす作戦に変更。

でもなんとか、予定よりは早いペースで20キロ地点に到着できました。

この20キロ地点から30キロ地点の間が、銀座の目抜き通りを抜ける最も応援が活発なエリア。
でも、足が痛くて、歩かずにはいられないような状況であったため、沿道からの

「がんばれ~!」「行け~!」

という声援をもらいながらも、歩きとランニングを織り交ぜながら前進。

この辺りでは、途中でバナナ、パンなどが配られ栄養補給。
それだけではなく、沿道の人たちが自分たちで持ってきた飴やお菓子を配ってくれているので、ありがたくそれを戴き、カロリー補給。
特に、飴はすごく効きましたよ。
#パンは、口の中の水分を一気にもってかれて、死ぬかと思った。

浅草雷門を過ぎ、最後の折り返し地点。

銀座の目抜き通りを再び目指してGo!です。

p.s.
20キロ地点近くで、折り返し前(=10キロ地点)の集団がまだ走ってました。
たぶん、このままのペースで完走は難しいかもしれませんが、いけるところまでがんばってください!と、他人に要らない心配をしたりしながら前に進めました。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://moatbasket.com/mt5/mt-tb.cgi/858

コメントする

2010年2月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            

アーカイブ

グリムス

なかのひと

ジオターゲティング


ジオターゲティング
OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 5.01

このブログ記事について

このページは、ごめごめが2008年2月17日 11:21に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「東京マラソン・14キロそばで小休止」です。

次のブログ記事は「東京マラソン・30キロ通過」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Google Adsense実験