2008年2月アーカイブ

東浦和駅前ロータリーにあるラーメン店、「茶”紅葉蘭(ざっくばらん)」に行ってきました。
夜遅くまで営業しているみたいで、明るい光に釣られてはいってみました。店の存在は知っていたのですが入ったのは初めて。

「光圀」の系列と聞いていたので塩ラーメンがメインの店かと思ってはいたのですが、なんと醤油ラーメンが無い…。
仕方なく、味玉らー麺800円をオーダー。

 

うーん。味玉うまいけど、きくらげ要らない。
スープもちょっとしょっぱい。麺はちょとゆですぎ?。量が増えていて、食べても食べても減らない。
これだったら、ちょっと離れているけど、光圀の塩ラーメン食べたほうがいいなぁ。

駅前で深夜まで営業しているので、仕方なくラーメン食べるときには良いかもしれないですけど、ちょっと進んで食べに通うという店ではなかったかな。
でも、これは自分が豚骨LOVEの人ではないので、豚骨好きな人には合うかも。店も混んでいたしね。豚骨好きな人は一度行ってみては?

住所 埼玉県さいたま市緑区東浦和1-14-7
電話番号 048-873-7777
営業時間 11:00~翌1:00 無休
駐車場 なし

まりもっこり in 京都

| コメント(1) | トラックバック(0)

まりもっこり、といえば、今や北海道土産の定番?!

そんなまりもっこりが、いつの間にか京都にも進出してました。

大量のシリーズ物になって、連なってます。
それにしても、良く考えたなぁ、というコジツケ系のものばかり…

写真は、「大文字焼きもっこり」と「暴れん坊もっこり」です。
もはや、「まりも」はどこにも出てきません…。

「まりも」の”も”が、”もっこり”とつながって意味がある言葉なのに、大文字焼きも暴れん坊も、”も”がありません…。

北海道土産だから、北海道でしか買えなくて、もらうからうれしい、というような気がするのですが、これだけ観光地に進出しちゃうと、ありがたみがないですね。というか、「キティシリーズ」や「キューピーちゃんシリーズ」の次をねらったんでしょうけど、「マリモ」という地域限定の商材を使った横展開は厳しい感じがします。

ちなみに、このストラップ。買っている人を見たことないんだけど、売れているのかな。

大吉タクシー!!

| コメント(0) | トラックバック(0)

東京への戻りの途中に乗ったタクシー。

なんと、待望の大吉タクシー。
先日、「吉タクシー」にのって悔しい思いをしていたので、こんなに早くめぐり合えるとは!。

ありがたく縁起物の5円玉ももらいました。

なんか、すごくいいことがありそな予感。

test

| コメント(0) | トラックバック(0)

test

やっと直った。ちょっとしたミスで復旧に一時間も使ってしまった…。
Movable Typeでテンプレートと記事を書くときの、TIPSひとつ追加!

恥ずかしくてハマッタ理由は書けません。

久しぶりの、なつかしのコンピュータ。

高校生のころ、電気班(部活)に、なぜか5台もあったマイコンが

MZ80

です。
もうすでに20年以上前の記憶なので、うろ覚えなのですが、学校には、MZ80Cと、MZ80Kの2種類があったように覚えてます。

MZシリーズは、シャープが開発したマイコン。
シャープは、当時X系とMZ系の2系統のマイコン・パソコンを開発していました。
X系は、どちらかというと軟派系、MZ系は硬派系という印象でした。

そのMZ系の最初のマシンが、MZ80(だったと思います。間違っていたら指摘ください)

MZ-80K

MZがなぜ硬派か、というと、当時マイコンといえば電源を入れるとBASICが立ち上がるのが普通(NECのパソコン系)だったのですが、MZ80は、クリーンコンピュータという概念で、電源を入れても何も動きません。
BASICをやりたかったら、BASICの”カセットテープ”をロード。
CP/Mをやりたかったら、CP/Mの”カセットテープ”をロード。

というように、何かをしたかったら、必ずそれ用のカセットをロードしなければいけません。
このため、本体には最初からカセットテープローダーが付いています。

カセットテープからの起動だから、遅いこと遅いこと。
BASICを立ち上げるだけで、10分ぐらいかかったことを覚えてます。
#今のWindowsの立ち上がりが遅いぐらいでイライラしちゃいけませんね…。

でも、この待ち時間が「わくわく」する時間だったんですよね~。

プログラムをロードしている間、当時マイコンオタクのバイブルだった、”マイコンBASICマガジン”に載っているゲームや計算のプログラムを選んで、起動が完了したら、そのソースコードを打ち込んで動いたときの感動がすごかったんですよね。
そうやって、コンピュータって何か、とか、どうやったらコンピュータが動くのか、ということの基礎を学んだ気がします。

ちなみに、スペックは、

CPU:Z80 2MHz
RAM:32KByte
ディスプレイ内蔵:10inch白黒CRT
I/Oデバイス:カセットテープ

という代物で、なんせRAMが32Kbyteしか有りませんから、たいしたことはできませんでしたが、その制約の中で工夫するのも、そのころ覚えたなぁ。

そんな懐かしのMZ80の開発物語のblogを見つけたので、興味がある人はGo!。

MZ-80 パソコン開発物語

いままで、「ごめごめ日記」をIE6で見ると、カレンダー以降がページの下のほうに重なって表示されてしまう、という不具合がありましたが、昨晩テンプレートのhtmlを見ていたら、余分な<DIV>が入っていることを発見。

これをとってみて、IE6で確認をしてみたところ、無事解決できました。

今までIE6で見て、見にくかった人ごめんなさい ヾ(^-^;) ゴメンゴメン 。

p.s.
でも、IE7,firefoxで見る限りは、普通に読めたんですけどね。
自分がfirefox使いなので、発見が遅れました…。

某先輩(元麺類倶楽部員)につれられて、京都一乗寺方面のラーメン激戦区に、深夜の(太る)ラーメン食事会に参加。

行ったお店は新・京都らーめん 創作麺屋 ラーメン 新座(しんくら)

電話をかけて営業時間を確認したところ、夜12時まで営業している、とのことだったので、少ない選択肢の中から一番うまそうだったこのお店へGo!。

スープは京都では珍しい、鶏がらと魚をミックスにした味。
結構こってりに見えるスープも、味はかなりスッキリ。

スープを飲んでいくと、ところどころに散らしてある柚子で口の中がスッキリして、次々とスープを飲める感じ。
自分は、スープも含めて完食!。
さらに、チャーシューが良くできていて、お箸でつかめないほど、トロトロです。
卵も、半熟具合が絶妙で、口に入れた瞬間、トロトロです。
と、スープだけでなく、上に載っているトッピングも手を抜いていない、結構しっかりとしたラーメン。

自分の京都ラーメンランキングベスト5に入りました!。場所が一乗寺でなければ通ったのですが…。ちょっと烏丸からは遠いなぁ。
ということで、お勧めです!。

営業時間 平日 AM 11:00~深夜 12:00
日・祝  AM11:30~PM11:00
休日 毎月変更します。御確認下さい。
TEL 075-702-0710
住所 京都市左京区一乗寺大新開町21-5(東大路通り北大路300M上ル東側)
WEBアドレス http://www.a-dos.ne.jp/gourmet/shinkura

ムシューダ

| コメント(1) | トラックバック(0)

スーパーで見かけたムシューダ。

雛人形、さらに親王飾り専用、と凄く狭いマーケットの超ニッチ商品。
こんなピンポイントの商品が案外売れちゃったりするんでしょうね。

虫にかじられたお雛様は誰も見たくないですしね。

大雪と凍結と突風

| コメント(0) | トラックバック(0)

昨晩から突風・寒風は吹き止まず、雪もどんどん積もっていきます。
朝、窓を開けたら予想通りの一面の雪景色。

旅館の若旦那いわく、ノーマルでもなんとかいけるんじゃないかなぁ、とのことだったのですが、道路を歩いてみたらとてもそんな状態ではなかったため、寒風の突風が吹く中、チェーン装着。

今の車に乗り換えたときに保険用に買っておいたチェーンが初めて役に立ちました。
でも、初めてつけたので、つけ方が良くわかりません…。
悪戦苦闘してつけていたのですが、説明書を見てもわからず、JAFにヘルプ要請。でも、こんな日ですから、JAFもつながらず…。

ギブアップしてしばらく休んでいようかとおもっていたところ、旅館の若旦那が様子を見に来てくれて、つけ方を二人であぁだこうだ言いながら調べてたら、やっとつけ方がわかりました。(もうちょっと説明書わかりやすく書いておいてよ!。)

ということで、スタッドレスを履き替えてしまったのが悔やまれる中、我が愛車は始めてのチェーン走行。

那須湯元温泉から、那須インターに向けての12キロを、ゆっくりゆっくり下山です。

途中のコンビニにて、トイレ休憩中に、再び悲劇が!。
横に止まったアルファード(また、アルファードだよ…)。この車の運転手がドアを開けた瞬間、超すごい突風が!。
その瞬間、相手の車のドアが一気に開き、自分の車の左ドアにクリーンヒット!
こんな最悪の天候のなか、事故処理です…。(最近なんだか事故付いているなぁ)。
たまたま立ち寄ったコンビニの横に交番があったので、その場で事故処理。一時間ほどのタイムロス。

さらに、事故処理が終わった後にインターに向かうと、矢板から仙台方向が風のため、通行止め!(T_T)。
仕方なく4号を東京方面に向かうとも、東北自動車道を通れなかった車がすべてきているわけで、4号大渋滞。
矢板までの下道を抜け道探しながらあっちこっちウロウロしてやっと矢板に到着。

ここからは順調に帰路に着くことができました。

それにしても、こんな悪天候に巻き込まれるとは思いませんでした。

大雪凍結突風が一度に押し寄せると、こんなに惨めな状況になるのだな、ということを体感・体験。
正直、タイヤチェーンをつけているときに「ちょっと死ぬかも」って思うぐらい辛かったので、自分は絶対冬山に登ったりしないでしょう。

那須湯本温泉に宿泊

| コメント(0) | トラックバック(0)

鹿の湯に入ったら帰ろうかとおもっていたのですが、雪がだんだん厳しくなってきました。
道路にも薄っすら積もっています。

このまま帰る=チェーンをつけてかえる、ということなので、あらかじめ目をつけていた旅館に確認すると部屋が空いている、とのこと。
風呂上がりに、チェーン付けたくないので、急遽予定を変更して、宿泊しちゃうことに。

ということで那須温泉旅館山快さんに泊まりました。
ここも鹿の湯の源泉を使った白濁湯のお風呂です。

とても家族的な良い旅館。若旦那、若女将の対応も抜群ですし、なによりもお風呂が最高!。
浴槽そのものは綺麗ではないのですが、お湯は、鹿の湯から直接引いているため、白濁した良いお湯。

旅館に到着して一回。ご飯前に一回。ご飯食べて一回。寝る前に一回。寝てから一回。朝ご飯前に一回。ご飯食べたら一回。
ということで、一泊中、計7回も入っちゃいました!。

肌がツルツルです。

鹿の湯リベンジ

| コメント(0) | トラックバック(0)

宇都宮から、そのまま帰るのは勿体無いから、ちょっと北に足を延ばして、那須湯本温泉再び。
先日、那須湯元温泉に行ったときに、

41℃、42℃、43℃、44℃、46℃48℃

と、湯温が違う浴槽を順番に入っていったのですが、前回は46℃でギブアップ。
そのときにリベンジを誓ったので、今日は48℃にチャレンジすべく、再び来てみました。

前回同様、順番に入っていきます。でも、46℃に入ったときには、前回ほどキツク感じません。
じゃ、入れるかな、ということで48℃の風呂リベンジ。

そして勝利!

でも、軽い火傷で足がずっとヒリヒリ痛い…>_<

今話題の、輸入餃子事件。

餃子食べたい!
けど作るの面倒くさい…
冷凍餃子はちょっと…

ということで宇都宮みんみんまで餃子を食べに遠征です。
#わざわざ餃子を食べに遠征ってのもなんですが、我が家では年に一度ぐらいの恒例行事。浦和から一時間ぐらいですしね。

いつ行っても行列しているお店ですが、今日も寒い中相変わらずの大行列です。
行列の調整をしている警備員さんに確認したら、40分待ち、とのこと。
そのとおり40分待ったらちょうど店内に。寒かったので店内に入るだけで楽園のよう。

みんみんは、餃子激安。一皿6個で220円です。焼き、揚げ、水の3種類。ご飯は普通と、小から選べます(メニューには小は書いてない)。

今回は、焼き4、水1をオーダー。ペロリと完食。おいしゅうございました!。

【京都】 天下ご麺

| コメント(0) | トラックバック(0)

「支那そばや」の佐野実氏が主演していた、「ガチンコラーメン道」で、勝ち残った人が滋賀で開業したお店が京都に出店しました。

その名も「天下ご麺」。

「支那そばや」系列では、埼玉県高崎線の北本駅そばの「心麺」が大好きなので、大大大期待していってきました。

佐野さんのお店といえば、しょうゆラーメン。(最近は塩も有名のようですが)。
早速しょうゆラーメンをチョイス。自動販売機でチケットを買うのがちょっと味気ないなぁ、とおもいつつも席に着きました。

今日は3人でいったのですが、座席が写真のようにすべて厨房に向いています。
厨房を見ながら食べなさい!ということなのかもしれないですが、友人と味わいながら食べるにはこの座り方はどうかとおもいます。
この辺りが「佐野実」流の、ラーメンに敬意を払うということなのかな。う~ん。

で、ラーメン。心麺は、素のしょうゆラーメンで勝負!という感じなのですが、こっちのしょうゆラーメンはいろんな具が乗ってます。

具が多すぎて、逆にスープが少ない感じ。さらに具が多いので、最初にスープを飲むとヌルク感じます。
スープの味もちょっと濃くてしょっぱい。チャーシューも薄切りでなくブロックなので、ラーメンと一緒に食べると口の中がモゴモゴしちゃう。

確かに、スープのベースの味はよいかも。でも、しょっぱかったり具が多すぎたりして、佐野流じゃない印象。

ちょっと期待が大きかっただけに、残念…。
でも、東京の佐野流ラーメンを食べてみたいという人には良いかも。京都には少ない味ですね。

がんばらない

| コメント(0) | トラックバック(0)

鎌田 實さん著作の本。

なんかの啓蒙本かとおもっていたのですが、今週発売のDIMEに特集があって、彼の半生を読んですごく共鳴できたのです。
で、すごく興味をもったので、今度読んでみようとおもって、鎌田さん著作の本のシリーズを記録。


本のタイトルが
・がんばらない
・なげださない
・あきらめない

なんです。
自分は最近まで「がんばれ!」という言葉が嫌いではなかったのですが、でも同時にこの言葉を使ったときに、なんかモヤモヤした気分になる言葉だったのです。
で、このモヤモヤは何なんだろう、と考えていたのですが、DIMEの記事をみてピンときたのです。
「がんばる」じゃなくて「あきらめない」ことや「なげださない」ことのほうが大事で、がんばらないときも有っていいんだよな、って良い意味で開き直れたのです。

今日以降、私のNGワードに、「がんばれ!」というのが加わりました。今後この言葉を使わないようにします。
代わりに、さまざまな苦境にあっても、「あきらめない」「なげださない」ということを一義にがんばりたいとおもいます!。

あっ。がんばらない、って言ったばかりだった…。人はすぐには変わりませんね…。

何のために働くのか

| コメント(0) | トラックバック(0)

ちょっと見かけた某blogでの記事。

 工事中の建物の前を通りかかった通行人が  「あなたは何をしているのですか」と尋ねると、

 一番目の職人は汚れて汗まみれで、仏頂面をして
 「レンガを積んでいるでさあ」
 と答えました。

 二番目の職人も汗まみれで、同じように仏頂面をして
 「時給2ドルで働いているんでさあ」
 と答えました。

 三番目の職人も、やはり汚れて汗まみれでしたが、
 希望に燃えたいきいきした表情をしていました。
 一生懸命働いている点は他の二人と同じなのに、
 この人は仕事を楽々と片づけているように見えました。
 
 すると彼は、
 「大聖堂を立てているんでさあ」 
 と答えたそうです。

あなたは何のために働いていますか?
あなたの大聖堂はなんですか?。

と、自分に問いかけてみる深夜1:30。

東芝の社長のHD DVD撤退の言葉です。
今日、公式に東芝はHD-DVDからの撤退を表明しました。

東芝、HD DVD事業の終息を発表(PC watch)
「次世代DVD戦争」に早期決着を迫った市場のスピード 東芝がHD DVD撤退(IT media)

HD_DVD

敗軍の将が
「HD DVDの優位性は現時点でも変わっていない」
なんていってますが、無責任きわまりない東芝の姿勢に、企業倫理ってなんなんだろう、って思いました。

Bluerayとの戦いは二年前に一度、統合のチャンスがあったはず。
そのときに、今の判断をしていたら、市場の混乱もなかったし、もっと早く次世代DVDのマーケットが立ち上がっていたはず。

その混乱を生んだ将が、
「消費者への混乱をまねく」
なんて、ちゃんちゃらおかしいです。

結局、東芝は消費者のことなど考えずに、自社がどうやったら儲かるか、ということの仕組みづくりを最優先に考えたからこんなことになったのですよね。
競争が成り立つ分野で健全な戦いをしてもらうのは、消費者にとって性能向上や価格低下で大きなメリットがありますが、フォーマットなどの「権利」商売で儲けようという姿勢が前に出すぎるとこんなことになる、という悪い例の典型例のような印象です。

さらに、今回の決定で、東芝や東芝の関係会社、下請け会社は大きな打撃があるはずです。
当面Bluerayの製品は出さないようなので、VARDIAの後継機の開発にも大きな影響があるでしょうし、VARDIAや東芝製のノートPCを買ったユーザーにとっても本当迷惑な話ですよね。

「苦渋の決断」なんて言葉だけですむと思っているかわかりませんが、HD DVDを買ってしまったユーザーに対しての誠意ある姿勢が、今日のニュースでは垣間見えなかったので、今後どんな対応をするつもりなのかを楽しみに見ていたいとおもいます。

ただ、ハイビジョンテレビも一般になってきたので、いよいよ次世代DVDが求められる時期。
何はともあれ、統一してよかったのは間違いありません。

今後は、インターネットを使った配信や、半導体メディアにマーケットはシフトしてくるでしょうから、円盤メディアはBluerayが最後になるのではないかとおもいますが、今回の一本化でより良い商品がどんどん出てくれるようになることを期待しています。

東京マラソン。走っている途中で、松野明美さん、勝俣州和さん、川田広樹さんの3人に会いました。
五キロ地点ぐらいでしょうか。
勝俣さん、川田さんは5キロ地点ですでにつらそうな表情だったので、ゴールできたのかな?と思っていましたが、無事ゴールされたようですね。
芸能人ガッツありますね。

それにしても、鈴木宗男さんスゲー。

完走!
和田正人 02:57:59
猫ひろし 03:48:57 
リサ・ステッグマイヤー 03:54:18
鈴木宗男 03:57:11 
鈴木崇司 04:27:33 
玉袋筋太郎 04:37:44
東国原英夫 04:42:27
にしおかすみこ 04:45:35 
松尾英里子 04:54:02 
森圭介 04:55:05 
右松健太 05:12:05
<自分> 05:30:51
森麻季 05:38:51 
古市幸子 05:40:47 
馬場典子 05:42:57 
木下博勝 05:45:54
羽鳥慎一 06:14:22 
川田広樹 06:27:48 
鈴江奈々 06:34:04 
夏目三久 06:34:04
勝俣州和 06:34:04 
竹山隆範 06:49:09 
宮崎宣子 06:51:06 
松野明美 06:49:09(竹山さんのお付き)

リタイヤ
松村邦洋(35km関門)
古閑陽子(20km関門)

東京マラソンが終わった後に、blogの記事を書いていて感じたこと。

マラソンってプロジェクトと一緒だなぁと。

  • スタート当初は大まかな計画しかないけど、だんだんと計画が精緻化させる(1キロ6分などのその日の状況で目標を作る)。計画を常に変更する。
  • スタートは良いけど、だんだん辛くなる。最初は元気にスタートするけど、後半エネルギー切れ。エネルギー切れになっても補充の方法を考えて対策。
  • 道にはアップダウンがある。道の状況で一喜一憂しない。上りがあれば下りがある。下りがあれば上りがある。
  • 沿道には常に応援をしてくれている人がいる。独りの戦いではない。
  • そして、あきらめなければ、いつか必ずゴールが来る。

自分が、なぜマラソンにはまったのか。登山にも通じるものがありますが、自分はこういうことを感じたかったのだと思います。
登山よりもマラソンのほうがプロジェクトという活動に近い感じがしました。

また、やりきった後に、これらの力が必ず自分の血肉になります。
これは、「マラソン」ができる力を身につける(体力をつける)、のではなく「あきらめない力」を身につけられます。

マラソン。最後は気力だけです。現に自分もゴール直後で足が動かなくなりました。気力だけで動いていた証拠です。
あきらめない、という強い気持ちだけでゴールに到着しました。あきらめたら自分に負け。自分に負けたくない。そんな思いです。

何事においても、あきらめない・ひかない
これが、プロジェクトを進める上で最も重要なこと。

そんな力をつけたいなぁ、と思っている人がいたら、ぜひマラソンをやってみてください。そして、自分の「あきらめない」という強さを試してみてください。

p.s.
ということで、T君!。ホノルルだからね!!

今回東京マラソンに出て、得たノウハウ?を、来年の自分に向けて記録しておきます。
マラソンに出てみたい!という人がいたら、参考にしてください。
今年ホノルルにでるプロジェクトメンバーは必見です!。

1・出発前にエネルギーをためておく
マラソンは思った以上にエネルギーを使います。
朝走り始める前の食事はすごく大事。今回自分は、ご飯2杯、バナナ2本。
これに、500mlのペットボトルを、朝起きたらすぐ1本、走り始める前30分に1本をとって戦いに望みました。

2・テーピングが足を救う
マラソン前日に、何気なくインターネットを見ていたときに、テーピングの勧めが書いてあったので、物は試しとテーピングをしてみました。
踵と膝。特に踵は念入りに。膝は、膝のお皿のした1cmぐらいからクロスでお皿を囲む形で。
このテーピングのおかげか、膝を痛めずに、踵はもともと痛かったのですが、なんとかゴールまで持ってくれました。
さらに、今まで10キロ以上走ったことがなかったのですが、15キロを無停止で走れたのは、このテーピングのおかげ、だとおもいます。

3・飴がエネルギー補助
口に飴をいれておくだけで、エネルギー補給になります。
必ず飴を持っていきましょう。ちょっとエネルギー切れになったなぁ、とおもったらすぐになめる。
前半は少ないですが、銀座を過ぎた辺りから沿道の人たちも、このことを知ってか知らずか飴のプレゼントをくれます。
いただくときは「ありがとう!」ときちんとお礼をしてもらいましょう。
この一粒の飴が、体力を補ってくれます。

4・5キロおきのスポーツドリンクは必ず二杯飲む
今回は5キロおきにスポーツドリンク、2.5キロ置きに給水所がありました。
水は、先ほどなめた飴の甘さが口から逃げてしまうので、できればスポーツドリンクを飲みましょう。
水分が切れると、体が止まってしまうので、腹痛を恐れずに2杯は必ず(カップに入っている量が少ないので、二杯飲んでも200ccはありません)。
水は、熱くなったときに自分にかけると良いです。スポーツドリンクかけるとベチャベチャになっちゃいますしね。

5・靴は、なるべく底の厚いものを
ランニングに慣れている人(=足裏がきっちりできている人)は良いですが、素人は底の厚い靴が良いです。
自分もなるべく厚いのを選んだのですが、それでも足裏が痛くなりました。薄いのを選んでいたら、と今考えると怖くなります。
厚いランニングシューズはちょっと重めですが、足裏が痛いと歩くのすら辛くなりますからね。

6・温度調整
ウェアは、温度調整ができるものを。暑くなったらすぐに脱げるようにジッパーつきのウエアがお勧め。
帽子もあったほうがよいです。今回は前半雲ひとつない晴天だったため、防止をかぶっていない人はつらそうでした。
下に履くズボン類は、風通しの良いものが良いです。
テーピングをしているので、ズボンとテーピングがずれてテーピングが剥げないように、ズボン下を履くのがお勧め。
足は暖めるのは良いですが、冷えると足が動かなくなるのでね。

7・お祭り気分で!
最後は、これ。
やっぱり、東京マラソンは「お祭り」です。
このお祭り気分だったからこそ、ゴールできたのかな、と。
沿道の人々のあたたかい応援。ハンドタッチをして、一人ひとりからもらうエネルギー。
場所場所で実施されていた、太鼓や楽団の応援からもらうエネルギー。
マラソンは一人のスポーツのようにみえて、一人のスポーツではない。そんな深いことを考えさせられました。
お祭り気分で、走っているときは辛いですが、それを紛らわしてくれれう沿道の人々とのコミュニケーションは忘れずに。

晴天の中、前半気持ちよく、後半過酷なマラソンでしたが、無事完走をすることができました!。

初マラソンでしたし、今までの最高が高校生のころの34キロ、直近だと、先日の群馬の10キロしか経験がなかったですし、冬で寒くて夜練習もほとんどできず、の状態で参加したので、走る前にみんなに言っていた「20キロ目標で!」って本気で思っていたのですが、完走できちゃって自分もびっくりしてます。

完走した人だけがもらえる、メダル

しばらく、我が家の家宝になりそうです。自分の息子に

「パパおめでとう!」

ってメダルをかけてもらったときに、ちょっと(T^T)ウルウルしちゃったのは内緒。

さて、そんな私の走行タイムです。自慢できるタイムではないですが、なんていったって初マラソンですから「完走」したことが大事。

種目:マラソン男子

5km
タイム(スプリット) 00:36:29
タイム(ラップ)
経過時刻 09:46:29

10km
タイム(スプリット) 01:05:19
タイム(ラップ) 0:28:50
経過時刻 10:15:19

15km
タイム(スプリット) 01:38:02
タイム(ラップ) 0:32:43
経過時刻 10:48:02

20km
タイム(スプリット) 02:10:45
タイム(ラップ) 0:32:43
経過時刻 11:20:45

25km
タイム(スプリット) 02:51:15
タイム(ラップ) 0:40:30
経過時刻 12:01:15

30km
タイム(スプリット) 03:35:02
タイム(ラップ) 0:43:47
経過時刻 12:45:02

35km
タイム(スプリット) 04:20:42
タイム(ラップ) 0:45:40
経過時刻 13:30:42

40km
タイム(スプリット) 05:10:00
タイム(ラップ) 0:49:18
経過時刻 14:20:00

Finish
タイム(スプリット) 05:30:51
タイム(ラップ) 0:20:51
経過時刻 14:40:51

今日はじめてマラソンというものにきちんと向き合って戦って、はまりました。
ので、もうすでに次でどこを走るのかを思案中。

先週、我がプロジェクトメンバー7名ほどに声をかけ、今年年末のホノルルマラソンに出ることを決めました。
今日のペースであれば、十分走りきれる感じ。
春と秋の時期をまたぐので練習もしっかりできそうですしね。

さて、再来週は、念願の「東京湾一周サイクリング」です。
それまでに、足の痛さを完治しないといけないですね。

\(^_^)/ \(^_^)/ \(^_^)/

ヤッター!ゴールしたぜ!目標達成!

東京マラソン開始前には、まさかゴールできるとおもっていなかったのですが、何とか痛い足を引きずりつつゴールできました。
ゴール直前は、たくさんのTVカメラが。

全部のカメラに向かってVサイン。

ボランティアの人にゴール前で写真とってもらったりして、一人ゴールを祝っちゃいました。
一分二分のロスなんて気になりませんね。

なによりゴールゾーンの応援がうれしい。
応援用のひな壇ができていて、そこにいる全員が応援をしてくれている、という感じ。
先日、富士スピードウェイのママチャリレースのゴールで感じた感動と同じような感動をおぼえました。

なので、ゴール前数百メートルは歩かずに走ってみたりして、形だけでも有終の美を飾ろうと。

いやぁ、本当にうれしいな。それだけ。本当に本当にうれしい。そんな瞬間でした。

有森さんじゃないですが、

「自分で自分をほめたい」

そんな風に思えましたよ。
途中何回も「やめようかな」と思いながらも飲み込んだ「辛い」という気持ちが、このゴールの一瞬ですべてなかったことになりました。

p.s.
ゴールして、ちょっと休もうと座った瞬間足に激痛が。その瞬間から、歩くこともまともにできなくなりました。
良くこんな足で最後までたどりつけたなぁ、と。
やっぱり「気力」が、本来持っている以上のエネルギーを出してくれるんだな、と感じました。

「(自分に)負けない」

そんな気持ちに勝るものはない、とマラソンを通じてマラソンに教えてもらいました。

やっと、最終関門40キロ地点を通過!!。

もう、ここまでくればゴールしたも同然。
途中でドリンクサービスもありましたが、ボランティアの人たちとのハンドタッチも元気良く

「いぇぇぇぇ~い!!」

という感じで、お祭り気分。
あれほど小さく見えたビックサイトも、いまや大きくすぐそばに見えます。

ビックサイト。

初めてできたときに展示会で行ったのですが、そのときはタダタダ建造物に対して感動をしたのですが、今回は、聖地のようなありがたい建造物に感じるほど、その姿を見たときに感動をしました。

40キロ地点を過ぎ、まっすぐな道路を一気に歩き…、左折をするとユリカモメの下を通っていよいよゴール地点です!。

20キロから30キロまで、長かったぁ。

本当に気力だけの勝負。

銀座近辺を抜けて浅草を折り返しての銀座に戻ってきた辺りです。
30キロ=約3/4終わり、ということじゃないですか。

思わず恥ずかしげもなくガッツポーズしちゃいました。

半分終わっただけだと、「まだ半分かぁ」という気分ですが、3/4終わると「後25%!!」と残りが少ないことで自分を鼓舞できますよね。

いよいよゴールに向けてのラスト約10キロ。

でも、この10キロが、東京マラソン名物の最もきつい10キロだったのです。
東京マラソンは、後半埋立地方面に行くのですが、埋立地には大きな橋があります。
この橋を超えないといけないのですが、橋が大きい=のぼりがきつい、ということで足が釣りそうになります。

のぼりはきつい。くだりは気をつけていないと足を釣ってしまう。
足を釣ると一歩前に歩みを進めるだけでも激痛モードになってしまうので、足が釣らないようにだけ気をつけ一歩一歩足を進めました。

豊洲近辺にたどり着き、大きなビル群が見えてきました。
昔、豊洲で働いていたころの思い出を振り返りながら、やっと豊洲まで来た!、と懐かしおもいながら、痛い足を引きずりつつ、40キロ地点を目指しました。

品川折り返しを過ぎ、銀座方面に向けて一直線に北上します。
ここで初めて、後続のランナーに会ったのですが、われわれの集団と比べて、表情が圧倒的に疲れています。

やはり、自己申告タイムが遅い人たちだったので、この辺りからきつくなってきているのでしょうか。

なんてことを考えながら北上していたら、自分の足もだんだんきつくなってきました。

何より痛くなったのは、踵の腱と、足の裏。踵はだましだまし足の向きを変えると痛くなくなるのですが、足の裏ばかりはどうしようもありません。
一歩踏み出すたびに激痛が走るような状態までいってしまったので、18キロ地点ぐらいから、徐々に歩いて痛みを紛らわす作戦に変更。

でもなんとか、予定よりは早いペースで20キロ地点に到着できました。

この20キロ地点から30キロ地点の間が、銀座の目抜き通りを抜ける最も応援が活発なエリア。
でも、足が痛くて、歩かずにはいられないような状況であったため、沿道からの

「がんばれ~!」「行け~!」

という声援をもらいながらも、歩きとランニングを織り交ぜながら前進。

この辺りでは、途中でバナナ、パンなどが配られ栄養補給。
それだけではなく、沿道の人たちが自分たちで持ってきた飴やお菓子を配ってくれているので、ありがたくそれを戴き、カロリー補給。
特に、飴はすごく効きましたよ。
#パンは、口の中の水分を一気にもってかれて、死ぬかと思った。

浅草雷門を過ぎ、最後の折り返し地点。

銀座の目抜き通りを再び目指してGo!です。

p.s.
20キロ地点近くで、折り返し前(=10キロ地点)の集団がまだ走ってました。
たぶん、このままのペースで完走は難しいかもしれませんが、いけるところまでがんばってください!と、他人に要らない心配をしたりしながら前に進めました。

おしっこ漏れちゃう〜、ということで緊急トイレ休憩。

出発前に大量に飲んだスポーツドリンクが今頃効いてきました。
当日は、かなりの数の仮設トイレが設置されていたので、ちょっとだけの休憩時間(待ち時間)で用を足すことができました。
今回は5分間だけ、待ち時間で無駄な消費。

昨年は、トイレの数が少なく、また特に品川辺りは全くなかったため、男性は草葉に隠れてしたようです…。

10キロポストを通過しました!。

初めての関門。制限時間が書いてありましたが、余裕余裕。

普段、10キロの練習をやって、10キロを歩きなしで走りきったことがなかったのですが(そんな状態でフルマラソンにでるな、という感じですが)、今日はすごく調子が良いです。足にはまったく負担がなく、どんどん足が前にでるような感じ。
このまま、全部走りきれちゃえばいいなぁ、って思いましたが、そんなに世の中甘くないのでしょうね。

まだ、全体的に集団が崩れていないので、ちょっと走りにくい感じ。

あと、10キロ地点で、10キロコースの人たちとお別れ。

「終われていいなぁ」

といううらやましい気持ちと、

「でも、せっかくでるならフルじゃないの?」

っていう、自尊心がぐるぐるしてます。

次に目指すは20キロ地点。その前の品川折り返しの約15キロまでは歩かない!と決めたので、それまでは走りきる予定。

東京マラソン2008 記録

| コメント(0) | トラックバック(0)

東京マラソン2008のタイム。記録まで。

05km 00:36:29 09:46:29
10km 01:05:19 0:28:50 10:15:19
15km 01:38:02 0:32:43 10:48:02
20km 02:10:45 0:32:43 11:20:45
25km 02:51:15 0:40:30 12:01:15
30km 03:35:02 0:43:47 12:45:02
35km 04:20:42 0:45:40 13:30:42
40km 05:10:00 0:49:18 14:20:00
Finish 05:30:51 0:20:51 14:40:51

いよいよ、念願(一年越し)の、東京マラソン日です。

昨年の第一回目は、申し込みはしたものの、抽選から外れ参加できませんでしたが、今年は、高倍率をものともせず無事当選!。

事前にあまり練習ができなかったので、不安を抱えての参加になりましたが、念願の大会だったので、ちょっと浮き足だってます。
昨晩は興奮してかあまり寝られず一時間置きぐらいに目が覚めるしまつ。やっと寝られたとおもったら目覚まし時計に起こされて、眠い目をこすりながらご飯とバナナをしっかり食べていざ”戦場”へ。

朝ゆっくりしてしまったために、新宿駅に到着するのが、ちょっと遅めになってしまいました。

新宿駅でトイレに行っておいたほうがよい、という事前情報を頼りに、新宿駅のトイレに並んだのですが、これがまた長蛇の列。みな、東京マラソンの袋を持っています。

トイレが終わって、都庁方面へ。
事前情報のとおり、都庁近辺の仮設トイレはすごい行列になってます。やっぱり新宿駅で行っておいてよかったです。

昨年に引き続き日通さんに荷物を預けたら、いよいよ自分のスタートブロックに向かいます。

スタートブロックに向かうだけでも、長蛇の列。これだけの人が道路に納まるのかなぁ、とちょっと心配になるほど。


無事スタートブロックに付き、後はスタートの合図を待つのみです。
国歌斉唱があり、東京都知事の石原さんの熱い開会の挨拶。
だんだんと気分が盛り上がってきます。

予定通り、9時10分に、紙ふぶきを合図にスタートです。

自分は、Eブロックにいたのですが、結局スタートラインを切れたのは、6分後。
#J列とかの人は30分近くかかったらしいです。

何事も最初が肝心。足の様子を見ながら、大久保方面へ歩み始めました。ペースはゆっくり。人の波にあわせて。

後12時間後には、東京都内を走っている予定です。

いやぁ。本当にちょっと緊張してきました。後12時間後には東京都内を失踪じゃないや疾走(歩きかも)していると思うと、ちょっと不思議。

ランナー受付に行ってきて、アシックスで公式グッズを大量に仕入れてきました。
どれもこの日しか買うことができない商品。自分が「マラソン」に初挑戦した、という勇気を記念に残すためにもちょうど良いかなと。

ちなみに、明日は全員プレゼントの公式Tシャツをインナーに、黒のランニングズボンとベスト、黒の長袖シャツ、ナイキの黒帽子、グレーのアディダスの靴で走ります。日本テレビでは、朝から最後の締め切り時間までずっと生中継をしているようなので、どこかで映るかもしれないですね。
仮装を考えたのですが、ドンキホーテに行く時間がなくて断念。今回は、真面目モードの服装で挑戦です。

当日、インターネットや携帯サイトで、ランナーの所在地(5キロごと)を検索することができるようです(すごい時代ですね!)

ランナーズアップデートサービス(位置情報サービス)について

 大会公式サイトでは、ランナーの位置情報サービスを提供します。
ナンバーカードまたは、氏名を入力し検索することで、ランナーの5キロごとの通過タイムを調べることができます。※検索できる記録は速報のため参考タイムとなります。

当日の検索のアドレスは、下記となります。
インターネット:http://tokyo42195.org/
携帯サイト:http://r.tokyo42195.org/

氏名でも検索できるようなので、私の本名を知っている人は検索してみてくださいね!。

5キロごとのスプリットタイムが進まなくなったら、ギブアップしたんだなぁ、ということで(汗)。

では、明日は東京マラソンをライブでblog更新予定(そんな余裕があったら、ね)。

不夜城

| コメント(0) | トラックバック(0)


からの帰還。

まだまだ不夜城の明かりは消えそうにありません。

いよいよ

| コメント(0) | トラックバック(0)

東京マラソンまで、後

1日

tokyo_marathon

ちょっと緊張してきた。
結局足の痛みが一週間ひかなかったので、完走は厳しいとおもうけど(ちょっと弱気)、参加することに意義があるという気持ちで、がんばれるところまでがんばってみる。

目標は、品川駅折り返し地点、ぐらいかな…

ということで、今晩もW54SA。

昨日のblogで発売開始されるようですよ、という記事をアップしてみましたが、なんと今日

販売再開予定の「W54SA」、発売日未定に(ケータイwatch)

というニュースが。通りでauショップから連絡が無いわけです。
今回は、テレビ電話の着信で不具合ということで、他の携帯電話から、「W54SA」にテレビ電話をかけた場合、発信側の画面に「相手側のお客様の環境によりテレビ電話の接続ができません。音声電話で再発信しますか?」というアラートが表示され、テレビ電話が繋がらないことがある、ということです。

某巨大掲示板によれば、「つながらない場合がある」なんて生易しい状況ではなく、「ほとんどつながらない」という状況のようです。
au側・メーカー側ともに原因がわかっていないようなので、今回は原因特定、および再販売開始までに時間がかかりそうな予感。

もう、買うつもりがなくなってきていたところなので、ちょうど良い、かな。

そんななか、W61SがJATEを通過したようです。当初の予定が、4月以降発売でしたが、3月に前倒ししてくれるといいな。
そうすれば、W54SAと迷う必要が無くなるのですが…。
ひとまず、2月中はどちらも買わずに、3月のパンフレットにW61Sが掲載されるかどうか(=3月発売がありそうか)がわかってから、どちらを買うか決めようとおもいます。

いずれにしても、W54SAが2月中に発売されないんじゃないかなぁ~。
まさか、このまま発売”中止”しちゃったりしませんよね?>サンヨーさん。auさん

「悩み」って何?

| コメント(0) | トラックバック(0)

ふと「悩み」って何だろう、と考えてみた。

とあるblogでは、

悩みとは?
 今日はある雑誌の取材で「悩み」の解決法について……▼
問われた。悩みとは何だろうかと考えた。問題・課題が解決しないで長期化したときに、「悩み」という名称に変化するということなんだろうなあ、と思った。だから、課題はたくさんあっていいが、悩みはないほうがいい。…つまり課題をどんどん解決していくスキルを身につけることが大切、ということなのですよ、ね。
とありました。
確かに、「答えが出ない課題」が「悩み」なんですかね。

また、とあるQ&Aサイトでは、

一言で言えば悩みとは「不如意」だと思います。
つまり、思う通りにならない、ということですね。
思い通りにならないという現実と、思い通りにしたいという欲求が衝突して、悩みとなるわけです。
場合によっては、自分が何を望んでいるのかすらわからなくなって、もっとモヤモヤと悩むこともありますが。
真に無欲な人を想定したら、そこには悩みなどないはずです。
とあります。
確かに、「自分の思い通りにならないから」悩むんですよね。

また、ほかのサイトでは、

「悩み」とは、「行動」のための言葉が間違っているか、言葉が消えてしまった時の心配や不安のことです。または、「言葉が間違っているのではないか?」と心配したり、不安に思うことです。
「悩み」とは「行動が止まること」への自己不信のことです。
とあります。
これは、ちょっと難しいなぁ。「行動がとまることの自己不信」。う~ん。言われてみれば、という感じでしょうか。

「悩み」という言葉でも、これだけ定義がありましたが(もっともっとあると思います)、まとめると
・答えが出ないもの
・答えがでそうでも、その答えは自分の思い通りにならないもの
・答えがでそうでも、その答えに向けて自分が歩み出せないもの

というようになるでしょうか。

でも、行き着くところ、世の中では自分の思い通りになることの方が圧倒的に少なくて、不条理なことも含めて、考えのとおりにならないこと・答えがでないものほとんどじゃないかと。
だから、そんなことにで立ち止まる(=悩む)ぐらいだったら、数少ない自分の思い通りになることに、正面からぶつかって成果を出す・経験していくほうが良いのではないかと考えた次第。

最近ちょっと「悩み」の多さに、圧倒されつつありましたが、原点に立ち返って「悩みとは何ぞや」ということを考えてみたら、ちょっと吹っ切れた感じがします。答えの出ないことは吹っ切って、そんなことを考えている時間が無いぐらい「答えの出ること」に正面から向き合ってみようかと思います。

と、なんか突然「悩み」という言葉に正面からぶつかって考えてみました。
原点に立ち返るって大事かもしれません。

こんなことblogにupするのも躊躇しましたが、偶にはこんなテイストの記事もいいかなと思い、思い切って掲載してみました。
真面目なことを記事にするのって、ちょっと恥ずかしいですね。

吉タクシー

| コメント(0) | トラックバック(0)

京都の市内を走っている、”都タクシー

このタクシー。助手席の後ろに「運勢」背負ってます。
今日乗ったタクシーは、””。残念。

エリアを走ってる約560台のタクシーのうち、60台は大吉だそうです。確率約10%ぐらい?。
”大吉”のタクシーに乗れると、北野天満宮で祈祷済みの5円玉をもらえるようです。
京都タウン情報によると

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃SP┃【お奨め情報 合格タクシー 】
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

都タクシーグループは、受験生を応援するステッカーを掲げる「合格タクシー」の運行を
京都市内のグループ全560台で始めました。
乗ると記念品がもらえる大吉車両60台も走ります。
「得した気分で試験に臨み、合格してほしい」と思います。
全車両の後部座席後ろには「ガンバレ受験生!」のステッカーを張ってあります。
助手席後ろには「努力は報われます」などの励ましメッセージ、「吉」「大吉」のいずれかの文字を書いたカードを設置。
「大吉」カードを設置した車両では乗客に記念品をプレゼント致します。

http://www.117385.com/


だそうです。学生のための合格祈願だったのですね。

う~ん。でも、ちょっとほしい。学生じゃないけど。
学生とっては、これで記念品(5円玉)をもらえたら、それだけでちょっと合格に向けてのはずみたついたような明るい気持ちになるでしょうね。
すごい良い企画だとおもいました。

今度から、タクシーつかうときは、”都タクシー”しばりでいこうかな。
えっ?企業戦略に乗りすぎだって?。そうかも…。

京都には、これ以外に四葉のクローバーのランプをつんだタクシーに乗ると幸せ、とか、いろいろネタ付きのタクシーが走ってます。
東京以上に競争が激しい京都の地ならではかもしれませんね。

またまたW54SA。今日のニュースでやっと、再販がきまったようです。(関東は20日)

auの「W54SA」、15日より販売再開(ケータイWatch)

うーん。思った以上に早く再販になったなぁ。もうちょっと時間がかかるかとおもっていたのだけど…。
でも、この間に、約900人にいきわたった人たちからのレポートを見る限り、致命的な機能不足が何箇所かあって、使えない。
特に、

  • 一度撮影した写真のリサイズができない。bloggerとしては、これは致命的。綺麗に撮った写真を小さくしてblog up できない。
  • データフォルダ、画像のサムネイル作成が遅い。これも、blog用の画像を管理する上では致命的。
  • プライバシーモードが無いので、仕事中とかに個人名やメールアドレスが表示されてしまうのを防げない。スライドなので液晶を表にしていたら100%見える。
  • ボタンロックをかけていても、電源ボタン押下で電源がきれてしまう。折りたたみならこの仕様でよいがスライドは電源ボタンが常に見えているため、これではポケットにいれていたらいつの間にか電源が切れている、ということになりかねない。(これって、東芝が作ったファームをそのままつかっているからだ、とおもうのですが実態はどうなのでしょう。スライドに見えるけど、中身は、56Tとほぼいっしょ?
の4点は、かなり購買意欲を下げた要因です。

W61Sの出番が4月以降のようなので、それまで後6週間。
購買意欲がきっちり下がってくれれば良いのですが、auショップにいっちゃうと買っちゃうかな。
迷っているうちに、W61Sへ予約変更しちゃったほうが、あきらめ?もつくのでそうしようかな。

う~ん。やっぱり迷う。けど、写真のサイズ変更ができないのは、本当に致命的だしなぁ。これがだめだと、blogで写真が使えない…。

雪国

| コメント(0) | トラックバック(0)


バージョンアップ!
米原駅近辺。

それにしても、寒そ〜
{{ (>_<) }}

京都もこんなに大雪なのかな。雪嫌い。

またまた、W54SAの話。

早速、不具合改修のプレスリリースが発表され、即日提供開始されました。
au携帯電話 (一部機種) の「ケータイアップデート」開始のお知らせ

でも、これって、もっている人に対してのリリース、というだけで、販売再開のリリースは出ずじまい。
やっぱり、本当にダメダメ。このまま春モデルの販売が始まったら、売れなくなっちゃうのにね。

価格.comでNo1人気なので、本当にどれだけ売れるのかは興味のあるところですが、これだけトラぶった携帯も珍しいですよね。

自分の今日の運勢(っていうか昨日ですね) by 四柱推命。

思わぬラッキーが期待できそうで、幸運に恵まれた一日になりそうです。ただし、調子に乗って大騒ぎをしたり、衝動にかられて行動を起こすと、あとで必ず後悔することになります。計画的な行動を心がけてください。また、人間関係が複雑になる傾向があり、周囲の対立関係に巻き込まれるなど、ブルーになる思いをしそうです。対立する両方にいい顔をしたり、片方についたりするより、少し距離を置いて冷静に観察したほうがよさそうです。

さて、今日(というか昨日)はラッキーな一日だったのかな。そうでもなかったような…。
まっ、気の持ちようですね!。


今晩は、東横イン品川高輪口店に宿泊。

これでまた新た一つ東横インを制覇。

全部制覇に向けて一歩前進。制覇するの!?

ここ最近、blogによくアップしている、auの携帯電話のお話。

最近、auは、元気がなく、 auユーザーの悲哀(IT media)まで言われるようになってしまった状況。

それは、auは、今までつかっていたKCPというプラットフォームを拡張し、新たに、MSM7500というチップに心臓部を買えることによって、KCP+というプラットフォームに乗り換えようとしているから。

KCP+

KCP+にする目的は、公になっている情報からは、「コストダウン」

今後携帯電話の端末価格競争が激化してきたときに、ユーザーに安価により良い端末を提供することを目指したい。
メーカーにとっては、多機能になった反面、開発期間はより短期間を要求されるようになってきたため、効率的に開発やテストを行える環境が必要。

ユーザー、メーカーのニーズが合致したということで、メーカー共通のプラットフォームとして展開を急いでいるようです。

でも、ここに大きな落とし穴がありました。

今回発表の、W56T,54S,54SAを見てみてください。
ほとんど実装されている機能は横並び。さらに、メニュー画面ですら、WVGAで高解像度のW54SAもソフトキーが1段しかなく、DoCoMoの905系のような2段表示ではありません。
サンヨーなどは、独自の機能で消費者からの高い満足度を得ていたのに、このプラットフォームの展開で、ボロボロです。

ユーザーが求めているのって、本当に「コスト」が最優先ですか?。
コストが最優先だったら、905iがあんなに売れることってないですよね。
(DoCoMOは分割払いがあるので単体の値段がわかりにくいですが、5万円ぐらいしている計算になるはず)

今の携帯ユーザーが求めているのって、便利さとか高級感(差別化)とか、ではないでしょうか。

この「便利さ」とか「高級感」が、標準化をすることによって阻害されることなく提供できるのならばまったく問題ないのですが、KCP+を展開してしまったがために、どちらも二世代三世代前のスペックと同じようなものしか提供できなくなってしまった、というのは本末転倒だとおもうのです。

もちろん展開初年度だから、仕方が無い、という意見もあるかもしれません。
でも、MSM7500が出始めてKCP+プラットフォームの検討が始まったのって、2,3年前から。
試作のCPUや環境はそのころに合ったでしょうから、メーカー独自の機能を持たせるための仕組みや、それに向けての研究開発をする時間は有ったはずです。

日本で軽自動車が爆発的に売れているのも、単純に「安いから」ではく、普通車に引けをとらないぐらいの高級感を持ってきたから。
さらに、軽自動車とは思えないような広さや、ファシリティの便利が追求されているから。

同じように、携帯業界でも勝つためには、ベースとなる「便利さ」や「高級感」はスポイルしちゃいけないとおもう。
圧倒的な「便利さ」や「高級感」がスタンダードになっていて、それをもって「標準化」するのであれば、競争力をもった展開ができるとおもいますが、それらをスポイルして、最大公約数的なものにしてしまった瞬間に、ユーザーからの満足感もどこかに行ってしまうような気がしてなりません。

まだまだ成長段階のプラットフォームなので、これから、ということなのでしょうが、標準化をしてメーカーの負担を減らすのは大事ですが、メーカー間の競争までをなくしてしまうと、そこには「ユーザーの満足度を追求する・考える」という、もっとも企画の段階で重要な作業が抜け落ちてしまうので、今の端末展開の姿を見ていると、それが今後のauの端末・サービス展開にとって命取りになりそうな感じがしています。

「顧客満足no1」を標榜しているauさんですから、この辺りは当たり前のようにわかってらっしゃるとおもうので、メーカー間の競争をうまく引き出し、それによってユーザーにとって何が便利なのか、ユーザーが真に何を求めているのか、をしっかり追求したサービス展開・端末展開をしてほしい。

IDOのころからの、反DoCoMo党なので、auには是非がんばってください!!。

横浜到着

| コメント(0) | トラックバック(0)


横浜は京都と打って変わって雲一つない晴天。

けど、むっちゃ寒い…
{{ (>_<) }}

新幹線

| コメント(0) | トラックバック(0)


景色はまるで雪国。

米原まで徐行運転です。

京都の朝マック

| コメント(0) | トラックバック(0)


京都駅八条口マックの朝の風景。
毎日こんな感じの大混雑。朝からマックって手頃でいいんですよね。

自分も行列に仲間入り。

今朝はマックラップベーコンレタスエッグセット。

新幹線の時間までに買えるかな。

今日ね。
日曜日の無謀な練習がたたって、膝と踵の関節が痛いので、薬局でサポーターとかシップを大量に買い込んだのね。

そしたら、薬局のおじさんが一言。

おじさん:「(シップ)張ったりしてもねぇ。内服で体の芯から直さなきゃだめだよ」

こんな小冊子を手渡しされました。

えぇ。おじさんの言うとおりです。関節痛なんてシップしても一時的に痛みが緩和されるかもしれないですが、根本が直るわけではないので、あまり意味が無いのはわかってるんです。

でも、今週末の東京マラソンまでに、なんとか体をごまかさなきゃいけないんです!。

な~んて、気の弱い自分はおじさんにそんな話ができるわけもなく

自分:「そうですよねぇ!。ちょっと考えます!」

と社交辞令をいって、その場を去りました。
本当に当日までに、痛みが治まってくれるのかなぁ。ちょっと心配。痛みが引いてくれるの祈って、今晩も足を暖めつつ寝ます!。

結局

| コメント(0) | トラックバック(0)

今日も、auから、

W54SA発売日決定!

というニュースは出なかったですね…。
本当にこの機種は発売されるのでしょうか。サンヨーの社員の方は、3連休も大変だった、という記事をどこぞの掲示板で見ましたが、それだけやってもまだリカバリーできないのかな。
報道のとおり、「出荷時の設定ミス」ということが本当ならば、発売中止を決定した時点で内部に持っている在庫の設定情報を書き換える、という作業にそれほど時間がかかるとは思えず、報道内容が本当なのか、すら疑わしくなってしまいます。

KCP+の問題で開発の遅れ、開発の遅れからか当初計画していたサンヨーらしい機能(プライバシー,OCR,音声録音等)が搭載見送り、そして、KCP+搭載機種の中でもっとも遅いリリース予定だったのに、市場に出した瞬間に出荷停止。

遅れるのは、これだけ複雑な機械なんだから、ある程度消費者は承知しているとおもうのね。

でもね。

遅れていることや、仕様が減ることを隠しちゃいけないよね。それって、消費者を舐めているとおもう。
(表現はうまい方法を考えたほうが良いとおもうけど)なるべく早く正確で事実の情報を公開する。いい情報だけでなく悪い情報も。
そうやって、お互いの信頼関係ができていく、とおもうのだけど、今回のサンヨーとauの対応は、本当にイケテナイとしか言いようがありません。

こんなことで、4月に発売予定している、W61Sも遅れたら、本当にauを見限るかも。

でも、ここが踏ん張りどころだよ。
がんばってよい製品をだしてくださいね。
そして、商品を買えた人々の幸せにちょっとでも貢献してもらえたらうれしいな。

雪景色

| コメント(0) | トラックバック(0)


ホテルに帰りぎわの途中。

雪国からきたような車。
でもこれが今晩の京都の天気。夕方から大雪。

明日朝移動できるかなぁと心配でしたが、なんとか持ち直して雨になってくれました。

明日は再び寒いみたいなので、股引はいて頑張ろうかな。

ということでヤッターマン

我が友人の間でも大流行中。
中には毎週ビデオにとって、笑い転げている奴もいます。
なんといっても、

「全国の女子高生の諸君!」「今週のハイライト・・・ポチットな!」「 豚もおだてりゃ木に登る~」

などの名(迷)文句が、相変わらず踏襲されているので、子供のころに笑い転げながら見ていた思いがふつふつと湧き上がってきて最高に面白いようです。という、自分は今の新しいヤッターマンを全部通しでみたことが無いのですけどね…。今度ビデオにとって見てみよ。

と、そんな話題ではなく、京都の町の中をブラブラしていて発見したら発見した、ヤッターマンメカたち。

ヤッターマン

左から、「ヤッターペリカン」「ヤッターアンコウ」、そしてもっとも有名な「ヤッターワン」

これらが飾ってあるのは床屋さんのディスプレーなのですが、よくぞ30年近くこれらの超合金メカを持っていましたよね。
30年前から飾りっぱなし、という予感がしなくもないようなお店ではありますが…。

ちなみに、このお店。ヤッターマン以外もたくさんの懐かキャラ満載です。
古都京都にあわせた古さで味を出しているお店でした。

オフィス傍のランチがおいしいお店の中庭。

中庭

お寿司(関西らしく、大きな巻き寿司も)と、湯豆腐をハフハフいただきながら、綺麗な景色でリフレッシュ。
ちょっとした昼食時間でも、瞬間的に仕事の場とまったく環境が異なるところでリフレッシュする場がある京都。

京都のよさって、こういうところにあるなぁ、っておもいます。

これみて「いいなぁ」とおもった貴方。ぜひ京都にお越しください。その際には、このお店にもご案内しますよ~。

p.s.
ということで、場所は内緒~。

京都御所そばにある、護王神社

御祭神和気清麻呂公は、道鏡事件で大隅国へ流される時、足萎えで立つこともできなかったが、イノシシの御守護により、不思議と立って歩けるようになったという故事に因み、足腰の守護神と仰がれているようです。

護王神社

京都10キロランニングコース(自分用)を走っているときに、烏丸通を御所から南下していると、右手に「護王神社」が見えます。
いつもマラソンの練習をしながら見ていたので、「足腰の神様」という文字をみて、何回か参拝しようとおもっていたのですが、いつもマラソン練習が夜中のため、山門が開いておらず中に入ることができないでいました。

今週は、ちょっと時間を作って、東京マラソンに向けてお祈りしてこようかな、とおもいます。
練習不足でさらに膝が痛いという散々な状況なので、後は神頼みあるのみ!m(_ _)m

明日は真冬並みの気温

| コメント(0) | トラックバック(0)

明日は、昨日・今日の気温とはかわって、真冬並みの気温のようです。

080212天気

お天気お姉さんの予報によれば

「乾燥し寒いので、風邪やインフルエンザに注意!」

とのことでしたので、明日からは一日中マスクでもして自己防衛しようかな。
実は、自分もちょっと風邪っぽいし。周りにうつさないようにしないとね。

なにはともあれ、今週末の東京マラソンに向けては風邪で出場できない!なんてのが一番残念なので、それだけは無いように体調管理を最優先に今週は過ごしたいとおもいます。

auの秋冬商戦向けの端末がズタズタなのは、皆さんご存知のとおり。

一番期待していた、というか、買うことを決めて予約までしていたW54SAの発売も遅れ(北海道と沖縄だけ発売。約900人だけユーザーが居るようですが、ネット情報によるとブラックアウトしたり電源が落ちたり悲惨な状況のようです)。
さらに自分の携帯(W43H)は電池が一日もたなくなってきているという状況のため、携帯は変えなければいけない状況(電池を換えたものの、外装もかなり悲惨な状況(よく言えば使い込んだ状態。悪く言えばボロボロ)なので、デッドロック状態。

週末いろいろネットで見ていると、やっぱり、ソニエリのW61Sがもっとも自分のニーズに合っている感じ。

W61S_BLACK

・500万画素超&光学3倍ズーム&スマイルシャッターlite搭載により、デジカメ並みの写真機能。
・EZ Felica/ワンセグ/PCサイトビューアーなど、普通に必要なものは普通についている。
・シンプルなデザイン。特にボタン類がクリア素材できているボタンのため、ボタンの塗装が剥げる心配が無い。
・スライド端末により、スライド操作で着信などのシンプルな操作ができる(逆にプライバシー機能はちょっと心配)。
・テレビ出力機能により、家族や友人と写真や動画を大画面で楽しめる。
W54SAの予約はしたままなので、もしかしたら、今までの計画通りW54SAを買っちゃうかもしれないですが、今週のauのプレスリリース次第では、W61Sに気持ちが大きく傾くことだとおもいます。 #W54SAは、FMラジオ、デジタルラジオ、PCドキュメントビューアーの3つ付いているのが、W61Sからのアドバンテージ。but、某巨大掲示板の情報によると、かなり「もっさり(特にデータフォルダ操作周り)」らしいので、もっさりであれば無かったことにする公算大。

正直なところ、もうどっちでもいいから早く、どちらかを発売開始してほしいです!。

サンヨー、ソニーのどちらの携帯電話部門のエンジニアは昼夜問わずがんばってくれているところだとおもいますが、ユーザーが「普通に満足」できる良い機種を提供してもらえたらな、とおもいます。がんばってください!。

そうだ京都、行こう。

| コメント(0) | トラックバック(0)

JR東海も、いよいよ

そうだ京都、行こう。

の桜(春)バージョンがスタートです。

昨年、白川通りの桜将軍塚の桜丸山公園の桜の写真を取りまくってblogにアップしてから、早一年。
本当に時間の立つのが早いですね。

春が来ること=時間が経過してしまうこと、という怖さがある今日この頃ではありますが、でもやっぱり日本人に生まれてよかったなぁ、と思えるこの景色に再び会えるのも楽しみでもあります。

昨年の秋の紅葉はイマイチだったので、今年の春の桜は、今まで以上に綺麗に咲いてくれたらいいな、とおもいます。
楽しみにまってますね>京都の桜さん達

本日は晴天なり

| コメント(0) | トラックバック(0)

今日は、日本全国的には3連休ですが、1連休(って連休じゃないじゃん!)明けの、勤務日です。

昨日、今日と最高に天気がよいので、どこかに出かけたいなぁ、なんておもいながらも、ちょっと風邪っぽいので結果オーライ(死語)かな。

それはそうと、今日はバスと電車の乗り継ぎが最高!でした。

自宅から東浦和駅は、普段は遅れてくるバスも、今日はなぜか予定通り!。
駅についてホームに入るとすぐに電車が!
武蔵浦和の乗り換えは、なぜかみんなが走っているので釣られて走ったら、新宿行きがちょうど待っててぎりぎりセーフ。
新宿についたら普段は階段上って向かいのホームにいって乗り換えですが、今日は2番線に到着で1番線の乗り換えも階段なしに。
予定していた着時間よりも20分ぐらい早く到着できました!。

こんなに、乗り換えがピッタリ来ることめったに無いので、ちょっといいことありそな気分。小さな幸せ。

雑誌の記事とかでみたことだけはあった、「セルフレジ」。

浦和美園のAEONに行ったら、あるじゃないですか!。
なぜか人が並んでいない列があるなぁ、っておもってたら、この”セルフレジ君”が佇んでました

先に精算をしている人がいたので、「先人に習え」とばかりに、すべての流れを見させてもらい自分の頭にインプット。
いよいよ自分の順番です。

まず、

1・手提げ篭を本体の右側にセット。
2・左側にあるビニール袋をひとつ広げて(束になっているので)、商品を入れやすくする。
3・セットした篭から商品をひとつ取りパーコードを読み込み。
4・商品が終わるまで3を繰り返す。(このときに、商品の重さを機械がチェックしているので、ビニール袋を手で持ち上げちゃだめ)。
  ※ちなみに、我が家では持ち上げて係員が飛んでくる事態に…。
5・商品を全部ビニール袋に入れ終わったら精算ボタンを押す。
6・現金、カード、電子マネーなどさまざまな決済手段が表示されるので、自分の決済方法を選んでお金を払う。今回は、Suicaでお支払い。

という手順です。

基本的に、袋に自分で入れるという工程が、通常のレジ後に自分で袋に入れる工程と同じなので、これは特段苦になりませんし、何より初めての体験だったので、面白おかしく精算処理ができたので、ちょっと満足。

大量に商品を買った場合には、プロのレジ担当にお願いしたほうがよいとおもいますが、商品が少ない場合には圧倒的にこちらのほうが便利。

まだ2台しか設置されていなかったので、実験的な要素が強いのだとおもいますが、スーパーの価格競争、夜間勤務するパート社員の確保、など、レジ担当の「人」を中心にした課題は山積している流通業界でしょうから、セルフレジというのもひとつの解決方法なんでしょうね。

ちょっと体験してみたい!という方。浦和美園のAEONへGo!!です。

2/17は東京マラソン。

直前の土曜日には練習しないほうがよいとおもうので、最後の本気トレーニングを日曜日にしました。
#2/10に「トレーニング」している、っていう状態がまずいですけどね。

家を出たのが13:15ごろ。
天気はよく、前日の大雪はどこに?というぐらい、道も乾いており、ランニングにはもってこい。
ちょっと集めのジャンパーで防寒して出発をしたのですが、暑くて途中からジッパー全開。

走り始めてから
「さて、どこまでいこうか」
とまじめに考え始めました。

とりあえず芝川のサイクリングロードを下って荒川サイクリングロードに行って、行けるところまで行こうかとおもったのですが、荒川沿いは交通の便がよくないので、万が一途中でへばっちゃったときに戻ってこれないなぁ、ということでこの案却下。
戻ってくること前提に考えるなら、芝川下がって途中で国道122号に合流。そこから赤羽方面に抜けて、京浜東北線を上野方面へ。後はいけるところまで入ってみればいいかな(だめなら京浜東北線でもどればいいからね)と決め、そんなこんなで芝川サイクリングロードに入りました。

マラソンって、最初の数キロがつらいんですよね。グリーンシティのジャスコが見えるまでがものすごく遠く感じたのですが、何とか到着。

そこからは、ちょっと体が楽になり、122号に合流してからは、荒川の橋もノンストップで渡りきり無事赤羽駅へ。
#赤羽駅近辺で道に迷いウロウロしちゃったのは内緒。

さて、ここからは京浜東北線沿いに南下。

でも、ちょっと膝が痛い。やっぱり普段以上の練習をすると、痛みが顔を出します。さらに、くるぶしあたりの関節も痛くなってきて、こりゃあまり無理はしないほうがよいかな、とちょっと気持ちがめげてきました。

でも、なんとかごまかしごまかし走っていると、東十条駅まで到着。

東十条駅といえば、「草月の黒松(どら焼き)」。ここにきたらこれを買わずには帰れません!。
ということで、膝&くるぶし関節ツウ&黒松の誘惑に負けて、東十条駅でお土産ゲットしちゃったため、ここから電車でイソイソと帰宅。
東十条駅到着が、家を出たのが14:45分。

ちなみに、自宅から約15キロ。約1.5時間のマラソン練習でした。
東京マラソン当日に、このぐらいのペースで走れたらよいのですが。
後は関節痛が再発するかしないか、ですね。今週は安静と膝痛の完治を目指します!。

もう、W54SA待てません!

but,今使っているW43Hの電池が一日持たなくなってきているので、毎日充電と予備電池を持たないと仕事にも影響がでるような状況。

春モデルを買おうとおもっているので、正規品を買うのはもったいないかな、と。
ちょっとケチって、互換電池を買うことに。

c41hiuaa

楽天のWILMARTという店舗さんへ発注。
送料込みで1000円ぐらい。正規品が3000円ぐらいだから、ちょっとお得。
まだ物が到着してないので、互換品で大丈夫かちょっと心配ですが、まぁ後数ヶ月持てばよいだけなので大丈夫でしょう。

日々不便をしているので、来週半ばには届いてくれるとよいのですが…。

芸能人の田中義剛さんが北海道で経営している会社花畑牧場生キャラメルが大ブームです。

キャラメルといえば、

「歯にくっ付いちゃって、歯のかぶせ物が取れちゃう!」(今まで、何個取れてしまったことか…)

っていうぐらいの印象しかなかったのですが、先日の行列のできる法律相談所で、田中義剛さんがゲストで出てこのキャラメルが紹介され、とてもおいしそうだったので、早速楽天で注文!

生キャラメル

先週日曜日(2/3夜)に発注をしたので、週中には来るかな、と楽しみにしていたのですがなかなかきません。

で、通販の店舗からのメールを再確認(なぜか、Gmailの迷惑メール分類されていて、メール見落としてました…)

この度は、ご来店いただき誠にありがとうございます。

この度の田中義剛さんのTV出演で想像を越えるご注文を
頂いております。

当店でも取り扱っております、生キャラメル。
TVでも大絶賛をいただいておりました。
是非この機会にお試しくださいね。

お届けまでお時間が掛かってしまいますが
ご了承の程、何卒よろしくお願い致します。

商品や配送に関してのお問い合わせなどございましたら
何なりとお申し付けください。何卒宜しくお願い致します。

とのことで、どうも発送は、2/21,到着予定は2/22と、だいぶ先の入荷になるようです。

それにしてもTVの力ってすごいですね。そんなTVに踊らされたミーハーの一人ではありますが、早く食べたいな。

東京マラソンまで、いよいよ後一週間。

tokyo marathon

今日の関東地方は昨晩の雪も降り止み、天気もよくなるようなので、本番に向けての最後の練習でもしようかな。
でも、雪が解けるまでは待たなきゃだめだね。
な~んて言ってて夕方になって、結局練習できなかった…ってことが無いように、昼には出発!予定。

何はともあれ本番に風邪っぴきで参加できないので、体調”維持”を念頭に、ちょっとだけでも筋力強化。

楽しみに待っていた、W54SAの発売の連絡が来たのは、今週頭。
au携帯電話の新ラインナップ「W54SA」「W61K」の販売開始について(2/6)

W54SA

昨年10月から待っていたので、「長かったなぁ。でもやっと手に入るか~」と思っていたのですが、今日auショップからTELあり。

「auから連絡があり、W54SAは9日発売でおしらせしていましたが、発売延期になりました。再度販売開始する日程もわかっていません。申し訳ありません…」

だって。
そんな馬鹿な!、とおもっていたら、auの公式HPにも、

三洋電機製au携帯電話「W54SA」をご利用中のお客様へのお詫び

って、公式に「販売延期」が発表されちゃいました…。
本当にどうなってんの?>auさん、サンヨーさん

当初から待っていたよ。サンヨーの機種は、使いやすいとか機能が多いとか。そんなことを聞いたから。
でもね、10月以降毎月徐々に見えてくる姿は、サンヨー色がどんどんなくなっていく。
それどころか、当初ユーザー向けのサンプルパンフレットではあった機能が続々と無くなっていく。
今週、販売にむけてパンフレットがHPで公開されたけど、それをざっと見た感じだと、普通の何の特色も無い電話機。
さらに、データフォルダへのアクセスや、メニューの処理スピードがとても遅い(YouTubeの動画で確認)

でもね。10月から4ヶ月もまったから、多少遅くても、多少機能がなくなってても、WVGA液晶で使えるPCサイトビューアーとか、手振れ補正のカメラとか、いいところもあるから、マイナス部分は目をつぶって買おう!と思っていたのね。

でもね。もうちょっと無理みたい。
ここまで待っていたのに、急にNGになって、モチベーションも落ちちゃった。
後一週間もすれば、きっと発売されるのだろうけど、なんかもうどうでもよくなった。多少機能が無い、のが我慢できなくなってきた。

9日に発売されるのなら、今使っているW43Hのフル充電しても一日と持たない電池も我慢できたけど、もう無理。
今日早速インターネットでW43Hの電池を買ったよ。
電池がなくなっちゃうので、新機種にすぐに変えたい!ってモチベーションがあったけど、このモチベーションも無くなった。

だから、あとはゆっくりもう一度ゆっくり考える。なにせ、機種交換は二年縛りに変わっちゃったからね(プランによるけど)。

やっぱり、W61Sかな。

p.s.
W61Sは、4月以降発売らしいけど、これも遅れちゃうのかな。

真夜中の

| コメント(0) | トラックバック(0)

ジャガビー。

止められません。
あぁ、旨味!

約10年前。
まだまだ自分も技術者として未熟だったころに、以前の会社での仕事で一緒に開発をしてくれたパートナーさん。

今日偶然、今の会社で再会してびっくり。
自分ははっきり記憶がなかったのですが、相手が覚えていてくれて、「お久しぶりです」ってわざわざ自分の席まで来てくれた。
「昔の仕事がはじめてのJava開発経験でよい経験をさせてもらった」とお礼を言われてちょっとうれしかった。
また一緒に仕事したいねと、お互い意見も一致!。

なんか、昔の自分を知っている人と再会するのって、ちょっと照れくさかったり恥ずかしかったりしますね。

ねっ、○○さん。自分は10年前と比べて、成長してますか?。

本番仕様!

| コメント(0) | トラックバック(0)

いよいよ、来週末2/17は東京マラソン本番です。

普段ランニング練習ではいていた靴が若干小さめで、足の親指が血豆になってしまったので、これではいけない、とおもい本番に使えるシューズを調達してきました。

かなり軽めのマラソン専用シューズを買おうかとおもっていたのですが、膝をいためてしまっているので、膝への負担を軽減してくれるシューズという条件で選択。
adidasのショップをのぞいていたら、"テンポ(TEMPO)”というシリーズが、
・衝撃吸収剤が入っていて、膝への負担が小さくなる。
・直進安定性を高める芯が入っている。
・何よりカラーリングがかっこいい!(ちょっとミーハー)

ということで、これを選択。

adidasショップで買ってしまったので、定価でしたが、店員さんの細かやな対応とフィッティングをしてくれたので、十分満足。
後は、これをはいて何回か練習して、本番に臨むのみです。

p.s.
今週末ちょっと練習しようかな、とおもっていたのですが、埼玉は土日大雪のようです。
ちょっとだけでよいので走らせてくれないですか?>お天道様

Microsoftは2月1日、米Yahoo!に対して買収を提案したと発表した。買収総額は446億ドル(約4兆7500億円)。

なんだか凄い金額過ぎて、想像がつきませんが…。
こういう金額って、どうやってはじきだすんでしょうね。そのロジックを聞いてみたいなぁ。

それにしても、IT業界がまだまだ激変の余地が残されている、というのをこのニュースをみて感じましたね。
Yahoo!なんて、一人勝ちの状態かとおもっていたら、Googleってい新興会社にあっという間に抜かれて、強者と組んで改めて戦いなおす準備をしてる。
今まで、ソフトウェアとコンテンツって別々の次元で語られてきていましたが、Microsoft+Yahoo!によって、インターネットとコンテンツとソフトウェアが本当の意味で融合するのでしょう。

そして、この戦いにGoogleはどのように挑んでいくのでしょうか。

凄く楽しみでエキサイティングしたニュースでした。

いよいよ東京マラソンまであと二週間。
amazonで偶然見かけたので、ゲット!。イメージトレーニングです。

20キロ地点が、品川駅を折り返した内幸町あたりなので、せめてコレぐらいは行きたいな、と。
後は、膝がどこまで持ってくれるか、にかかってます(まだ、膝が完治しないのですよ(T_T) )

東京マラソンが始まる前に市民マラソンとして有名だった(いまだに有名ですが)青梅マラソンは、今日の予定でしたが大雪のため中止。
2008/02/03-17:01 青梅マラソンなど中止相次ぐ=関東地方の雪で

東京マラソンの日は天気に恵まれると良いけど…。

先日、京浜東北線で帰路についたら、新しい車両になってることに気付きました。

E233系導入に伴い置き換えられる京浜東北線209系(PR・PDF)

 京浜東北線・根岸線に新型電車を導入-E233系直流電車- [PDF/258KB]|JR東日本プレスリリース

 JR東日本では2007年秋ごろから京浜東北・根岸線の「209系」に代わり、新型車両「E233系」を導入することを発表しました。

 今年の12月より導入される中央快速線用の新型車両「E233系」と同型で、電気機器や保安装置など主要機器を二重系化し、ひとつの機器が故障した場合でも運転継続を可能とし、輸送障害の低減を目指すほか、優先席を含む車両端の荷棚、吊手高さの変更、優先席エリアの明確化等のユニバーサルデザインの採用、バリアフリー化のために床面高さを低くしてホームとの段差を縮小、情報案内装置を各ドア上に設置して運行情報やニュース等を表示するなどの特徴を備えます。

京浜東北線

車両前面です。写真には写っていませんが、たくさんの鉄ちゃんが写真を取ってます。
プレスリリースでは、秋ごろから、ということになっていますが、まだ本数が少ない(=珍しい車両)なんでしょうか。

車両の中身はたくさんの工夫が見られました。

京浜東北線社内

まずは、つり革が丸じゃ有りません。つかまるほうからいったら、丸よりもこの方がシンプルですよね。
昔は強度の問題で丸だったとおもわれますが、時代が経過して、持ちやすい形へと改善されてます。
あと、社内につかまるところが増えました。鉄の棒です。朝夕のラッシュ時でも、つかまるところさえあれば、人の波で倒される率が軽減されるでしょう。
あと、車両とホームの段差も小さくなってます。写真のお年寄りもちょっと楽な印象でした。

最も大きく変わっているのは、ドア上部のモニターです。

液晶モニター

今まではひとつしかなかったモニターがダブルに。
このため片方が広告。片方が運行情報と役割分担で情報を伝えてくれます。
さらに、このモニターが高精細&ワイドになっているため、特に運行情報の情報量が増え、路線全体の中で今どこを走っているか、車両のどちらのドアが開くのか、などの情報を分かりやすく表示してくれます。

広告(やニュース)が表示されるほうのモニターが表示だけなので、社内でFM電波を飛ばして音声も聞けたらもっと良いのにな、とおもいましたが、JRさん考えてくれているのかな。

先日東京駅でちょっと時間があったので、新しい大丸を覗いてみました。
すると、1Fの入ってすぐの「ねんりん屋」という、バームクーヘンのお店に大行列が。
行列を見ると並ばないと仕方ない性分なので、列に並ぶことに。

ねんりん屋 ねんりん

主背の入り口に、「ねんりん製造マシーン」が鎮座してます。くるくる回るバーブクーヘンを見ているだけで、ちょっとほしくなりますよね。

このくるくる回っているバームクーヘンを買いたかったので、ちょっと値は張りましたが、年輪毎買うことに!。
バームクーヘンの輪に軸を通したもので持ち帰れます。
まさに、年輪そのもの!。こんなバームクーヘン見たことないですよね。

バームクーヘン

たっぷりサイズですが、我が家では一泊二日で完食でした!。
表面ぱりぱり。砂糖の程よい甘み。中はしっとり。今まで食べたバームクーヘンの中でダントツでした。

超お勧めですよ!。

明日は立春

| コメント(0) | トラックバック(0)

早くも明日は立春です。

立春

ここ数日の天気を見ていると、とても春が間近に来ているとは思えませんが、少しずつ春の足音が近づいてきてるのですよね。

寒いからだを温めに

| コメント(0) | トラックバック(0)

氷川神社での豆まきで冷えてしまった体を温めるために、喫茶店へ。
ふと思い出し、久しぶりにOBへ行くことにしました。

O.B.

はい。このブログの記念すべき第一回目の記事を書いた喫茶店です。
超ビッグな飲み物を出す店と、セルフサービスの店と2タイプありますが、今日はたくさん温まりたかったので、「ビッグ」な店へGo!。

コーヒーとオレンジジュース

はい。予定通りビッグな、コーヒーとオレンジジュース。
コーヒーは、ビールの中ジョッキぐらい。オレンジジュースは、花瓶サイズです。

温まろうとおもっていったのに、冷たい花瓶ジュース、じゃないやオレンジジュースを飲んでしまったため、ちょっと体が冷え冷え…。
コーヒーはこんなにジャンボサイズですが、とってもおいしいコーヒーです。
コーヒー&オレンジジュースで、おなかタプタプ。

たっぷり飲み物飲みたいときはお勧めです!。
#って、東浦和近辺の人には超有名店なので、みんな知ってますよね。

今日は節分

| コメント(0) | トラックバック(0)

午後ちょっと時間ができたのと、日曜日が節分に中ったのは珍しいので、神社の節分祭に行こう!ということになって、雪の中節分に行ってきました。
車でちょっといけるところでの節分祭をやっている神社が何個かあったのですが、やっぱりさいたま市民としては、「氷川神社」をはずせません。
#といいつつも、参道は何回も通ったことがあるのですが、神社に行ったのは浦和に住み始めて早7年で初めて。

雨が降ってなければ、駅から本殿までの2キロ程度の参道を散歩したかったところですが、ちょっとその元気はなく、近くのサッカー場の駐車場に車を入れて、ちょっと横着した参拝。

氷川神社

写真で見ると良く分かりませんが、雪&冷たい雨のため、地面はびちゃびちゃ。

いよいよ、豆まきが始まりました。
(氷川神社では、13:00から1時間おきに16:00まで計4回の豆まきをしたようです。自分たちは14:00にギリギリ間に合いました。)

傘をさしたかったところですが、場内で「傘が目に入ると危険なので、傘は閉じてください!」というアナウンスで、皆しぶしぶ雪&雨にぬれながらの豆まきライブ。
寒いからか、赤鬼さん青鬼さんのテンションがちょっと低い?感じでしたが、その鬼を宮司と年男や市長!たちが押さえ込んで、豆まきを始めました。

鬼 豆まき

はい。これからが、「壮絶…」。みんな我を忘れて豆やお菓子を狙ってます。
お菓子は、ジャンプ!しながらキャッチ!。
豆は蒔かれるものの、もって行った袋も小さくてあまり取れませんでした。(後で、直接力士の人からもらいましたけど)

ということで、短時間でしたが、豆まきライブを楽しみ、戦利品と福豆をゲットして帰路に着きました。

戦利品 福豆

人生初めての節分祭でしたが、雪、および人々の執着心といい、これほど壮絶なものとは知りませんでした!。
また休日に実施されるときには是非参加して、戦利品を増やしたいとおもいます!
(って、何が目的だか良く分からなくなってきている気も微妙にしたりしなかったり)

P.S.
最後に、本来は仲良くしちゃいけないはずの鬼さんと、ツーショット!。
我が息子。なまはげで慣れちゃったのか、まったく怖くないみたい。

ツーショット

一面の銀世界

| コメント(0) | トラックバック(0)


今年の冬最大の降雪量。
一面の銀世界です。
止む気配もないので、これは一日中降るのかな。

ヤレヤレ。

予定が総崩れで残念ですが、これが平日でなくて本当に良かったな、と。
電車が軒並み遅れだしてます。

スヤスヤ・・・

| コメント(0) | トラックバック(0)

某所で、寝てる犬を発見。
ただの縫いぐるみかとおもったら、おなかが動いてます!!

Perfect Petzzzという癒しグッズでした。
なんかおなかを触ってるだけで、

「癒される~」

って感じ。
ちょっと買おうかな、とおもった自分は癒されたいのかな…。

懐かしいもの発見!

| コメント(0) | トラックバック(0)

昨日某所で発見。

昔のルービックキューブって一面9個のブロックでしたが、今は16個のブロックのタイプがあるのですね。
一回も全部クリアしたことがないのでわかりませんが、16個のブロックのやつなんて、とてつもなく難しいのでしょうね。

それにしても、このルービックキューブ。
子供の頃一世風靡しましたよね(って、たぶん「うんうん」とおもったあなたは30代後半以上!)

たくさんの粗悪品の偽物が流通し(ご他聞にもれず、我が家では偽者)、すぐにバラバラになっちゃって、それをよいことに完成形に組み立てて、

「できた~!!」

な~んてやってました。

って、ここまで書いて気付いたのですが、今これが売っているということは、ちょっと再流行の兆しがあるのでしょうか。
また、1分ぐらいでクリアしちゃう子供とかがTVに出たりするのかな。ちょっと見てみたい。

2010年2月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            

アーカイブ

グリムス

なかのひと

ジオターゲティング


ジオターゲティング
OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 5.01

このアーカイブについて

このページには、2008年2月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2008年1月です。

次のアーカイブは2008年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Google Adsense実験