福島の温泉めぐりの旅:高湯温泉・あったか湯

| コメント(0) | トラックバック(0)

高湯温泉って知っている人います?。

関東では知っている人が少ないかもしれませんが、福島の中では指折りの温泉。
お湯は、関東で言えば草津のようなお風呂。白濁しているお湯で、これぞ温泉!、という感じのお湯です。
とはいえ、草津のように観光地化がされているわけでもなく、数件の宿と、今回初めて訪れた日帰り温泉施設がある程度。

で、今回訪れた日帰り温泉施設「あったか湯」。

結論を先に書かせていただくと、この日帰り温泉は、自分のベスト5に入りました!。

まず源泉まで60mという至近距離にあり亜硫酸ガスを完全に逃がすことができないために、内風呂が無く露天風呂しかありません。
このためお湯が新鮮というか、すさまじい硫黄臭の中で、白濁のいかにも温泉!という感じのお風呂に入ることができます。

高湯の値段また、値段が安い。大人250円子供120円。関東では考えられない値段です。

さらに、施設も新しいので、きちんとバリアフリーになってますし、無料の休憩所もしっかりとしたものがあります。

で、早速お風呂。

若干狭めの脱衣所で着替え、お風呂に突入!。20人ぐらい入れそうな浴槽に、源泉から直送されているお湯が流れ込んでいます。
お湯は真っ白。昔の草津や白骨温泉のお湯のイメージ。乳頭温泉のお湯よりももっと白いです。白さだけだと、日本でも群を抜いているかも。

あったか湯お湯は、体にまとわり付いてくるようなシットリ感のあるお湯。
お湯に浸かっているだけで、癒されるような感じ。体も心もポカポカです。

惜しいのは、そのため、屋外しか設備が無いので、シャワーがありません・・・。
一応カランが付いているので、桶を使って頭を洗ったりすることは可能です。

福島にお越しの際には、ぜひ!。スカイラインを越えて福島市入りしたらすぐにありますが、福島市から来ても30分かかりません。

超お勧めです!。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://moatbasket.com/mt5/mt-tb.cgi/623

コメントする

2010年2月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            

アーカイブ

グリムス

なかのひと

ジオターゲティング


ジオターゲティング
OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 5.01

このブログ記事について

このページは、ごめごめが2007年9月15日 18:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「福島の温泉めぐりの旅:高湯不動滝でマイナスイオンを浴びる」です。

次のブログ記事は「福島の温泉めぐりの旅:飯坂温泉・鯖湖湯」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Google Adsense実験