福島の温泉めぐりの旅:土湯温泉・山水荘

| コメント(0) | トラックバック(0)
福島の名湯「土湯温泉」。

土湯温泉入り口にはこけしで作られた山車が観光協会の前に展示されています。
こけしが有名な温泉地です。

中でも有名なホテル

山水荘

の日帰り温泉に入ってきました。

今回旅行の締めくくりです。ここの日帰り温泉を利用させてもらうのは二回目。
#実は、来たがあることを忘れてたのですが、建物を見て思い出しました・・。

一人600円(小学生も一緒)です。大きなホテルの設備にしてはリーズナブル。
細かいお風呂の情報はオフィシャルホームページをみてもらうとして、やっぱり滝を見ながらお風呂に入れるのはとても気分が良いです。今回は男湯が瀧の湯、女湯が淵の湯だったのですが、前回淵の湯に入ったので比べるならば、淵の湯のほうがよいです。

残念ながら、12時前に入ったので、ちょうど掃除時間(日帰り客とはいえ、サービスを提供している時間に掃除をしているのはいかがなものかとおもいますが・・・。掃除するぐらいだったら閉館にしてほしいものです)だったので、樽風呂には入れなかったのですが、大浴場の大きなお風呂を堪能することはできました。お湯は若干熱め(福島の温泉はどこも熱いのかな)、ちょっとヌルヌルしている良いお湯です。美人の湯かな?。

日本一こけしこの旅館の名物は、自称日本一でかいこけし。
#実はこの旅館に来る前に、ほかにも「日本一大きいこけし」があります、と書いている飲食店などがあったりするので、本当に日本一かは微妙・・。

確かにでかいです。

この旅館。フロントのサービスマンの対応は、はっきり言うと最悪。
宿泊客と、日帰り客の対応を分けているのか、チェックアウト客の対応と、われわれ日帰りの人の対応(顔の表情まで!)違うのです。そんなにいやだったら、日帰りお風呂やめればよいのに、とちょっと気分が悪くなっていたのですが、お土産やのおばさんの対応は抜群。

うちの子供が、お土産のお餅を食べたくなったらしく、「これほしい!」と土産品をもってきちゃったのですが、どうみても美味しそうな代物ではありませんでした。
「だめ」と言い聞かせていたのですが、普段だったら引き下がる我が息子も今日ばかりはなぜか引き下がりません。で、困っていたら、お土産やのおばさんが

「これ、あまってから持ってって」

って奥から別の御餅のお菓子を出してくれて只でくれたのです。

それでうちの子供も納得して、あまり美味しそうでないお土産を買わずにすみました。

なんかこういう機転の利いた対応をしてもらうと、またこの旅館に訪れようかとおもいますね。
なんか、とっても良い気持ち(温かい気持ち)で帰ることができました。

って、なんだか、温泉レポートになっていませんが、温泉は良い温泉、従業員の方の対応も良い(フロント除く!)、とっても良いホテルでした。
お勧めですよ。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://moatbasket.com/mt5/mt-tb.cgi/626

コメントする

2010年2月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            

アーカイブ

グリムス

なかのひと

ジオターゲティング


ジオターゲティング
OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 5.01

このブログ記事について

このページは、ごめごめが2007年9月16日 11:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「福島の温泉めぐりの旅:飯坂温泉・鯖湖湯」です。

次のブログ記事は「最終一本前で移動」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Google Adsense実験