福島の温泉めぐりの旅:五色沼

| コメント(0) | トラックバック(0)

温泉めぐりに行く前に、まずは気持ちのリフレッシュ。

五色沼めぐりに行ってきました。

この五色沼。名前のとおり、エメラルドグリーン、コバルトブルー、赤茶などの様々な色を持った沼を見ることができます。
沼がそれぞれに違う色を持っているのは 鉱物質の溶け方や 屈折率の違い、 水中植物の影響などによると言われています。
又、見る角度や、時間、季節、天候によっても水の色が微妙に違って見えるようです。

ビジターセンターから全長3.6キロの遊歩道があります。
今回は、遊歩道最後の柳沼はあきらめ、毘沙門沼、赤沼、みどろ沼、竜沼、弁天沼、瑠璃沼、青沼の7つの沼を見てきました。

これが、

勝手に決めたゴールの『青沼』。本当に水が青いです。なんかとても不思議な気分。
普段、水を絵に描くと青にかきますが実際は透明ですよね。でもここの沼の水は、本当に「青」いんです。

それらを見物しつつビジターセンターから青沼折り返しで戻ってきて、最後(というか入り口)の毘沙門沼でボートに乗って青い沼をさらに確認。
沼を横から見ると真っ青ですが、ボートに乗って真上から見ると湖底(沼底?)まで透けて見えるんです。かなり透明度が高い。でも青い。

何年かぶりにボートに乗って、手がつりそうになりながら何とか岸まで戻ってきてゼェゼェ。
足は自信ありますが、腕の力は本当に衰えているようです・・・。

と、違う話になってしまいましたが、そんな疲れを忘れさせてくれるぐらい、五色沼の景色は最高です。

訪れたことがない方。ぜひ一度足を運んでみてください。本当にお勧めです。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://moatbasket.com/mt5/mt-tb.cgi/629

コメントする

2010年2月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            

アーカイブ

グリムス

なかのひと

ジオターゲティング


ジオターゲティング
OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 5.01

このブログ記事について

このページは、ごめごめが2007年9月15日 12:29に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「福島の温泉めぐりの旅:猪苗代湖」です。

次のブログ記事は「福島の温泉めぐりの旅:磐梯吾妻スカイライン」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Google Adsense実験