2007年9月アーカイブ

今日は、運動会の予定でしたが、残念ながら延期になってしまいました。
まさに秋の長雨。今日は一日雨模様のようです。

070930_weather.jpg

延期後開催は火曜日予定のため、自分は運動会を見られません。

まっ、運動会の主役は親ではなく、子供本人なので日曜日でも火曜日でも本人が楽しめ、よい記憶が残ればよいですね。

そういえば、子供のころの運動会の記憶でも、自分が走っている記憶なんかははっきり残っているのですが、親と一緒にご飯食べた記憶って残ってないなぁ・・・。

改善対策届出番号 360 改善対策開始日 2007年9月13日

不具合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因 前面衝突時にブレーキペダルの後方移動量を低減する装置において、走行不能に至らない程度の前面衝突時に、当該装置が作動する場合があります。そのため、前面衝突後に走行すると、最悪の場合、制動不能となるおそれがあります。
改善の内容 全車両、ブレーキペダルユニット一式を対策品と交換します。

我が家の車は日産プレサージュ。

どうも、ブレーキ関係のトラブルでリコールがかかったようです。
またどこかで時間を見つけてリコール対策に行かなければ・・。

今まで何回かリコール対策でディーラーに行ったことはあるのですが、毎回めんどくさいなぁって思っちゃうんですよね。

まぁ、安全のためにはやらなければいけない対応なので、面倒でも自分の安全のためにはやってもらったほうがよいですね。

次回の12ヶ月点検まで対応を持ち越すか、については若干迷い中。

いよいよ食欲の秋到来

| コメント(0) | トラックバック(0)

いよいよ食欲の秋、特に果物の秋到来!

我が家の大好物は、秋は梨、ぶどう、柿

まずは秋前半戦で収穫される梨とぶどうが、送られてきました~。
梨8個(巨大)、巨峰10房(巨峰だけに巨大)、と食べきれないぐらいのものが同時に届いてしまってちょっと困っていますが、朝ぶどう、昼もぶどうで、夜は梨、というペースで週末は果物漬けになりそうです。

それにしても、この梨。
種類は新高梨で、毎年送ってもらっているのですが、子供の頭の大きさぐらいある大きさ。
去年一人で一個食べたらそれだけでおなかいっぱいになってちょっと苦しくなったぐらい。

ちょっと苦しくなった、ぐらいの苦しみはすぐに忘れているので、きっと今年も、一人で一個・・・。


某所で見つけたマグカップ。

ちょっと欲しい…。強く生きよう。

orz


09月12日にファーストアルバムが発売されていたようです。

う〜ん。こんな大事な情報を見落としてました。
これは買わねば!
って慌てずにレンタル開始まで待つか。

う〜ん、悩む。

今日も最終移動

| コメント(0) | トラックバック(0)


またまたまたまたまた最終移動。
大好きなN700。

混んでたので、通路側しか取れず、電源無いから睡眠時間にしようかとおもっていたら、切符をよく見ると最前列。

N700は最前列は各座席分コンセントが付いてるんです。
明日に向けて資料準備時間かな…。

芸能人とのすれ違い

| コメント(0) | トラックバック(0)
京都駅にて、神田うのさんを発見。

細っ!顔小さっ!って感じでした。

今まで京都出張を繰り返しているのに、芸能人を見かけたのは、たった二回目。

一回目は新横浜駅で、北斗晶さん。

会社の同僚は、もっと芸能人を見かけている人がいるので、実はすれ違っているのだけど気づいていないだけなのかな。
ミーハーじゃないつもりですが、テレビに出ている人を間近で見ると、ちょっと得した気分になりますね。
根っからの小市民。

自宅から中秋の名月

| コメント(0) | トラックバック(0)

曇り空で見えず…。天気予報では夜は「星空が見えるでしょう」だったのですが...。

残念。

お団子でも食べて寝よ。って書いて、お団子買ってくるの忘れた...。

残念。

なんだか、残念続きの中秋の名月でした。

ちなみに中秋の名月とは、「旧暦の8月15日を「中秋」と呼ぶため中秋の名月という」ということです。
あくまでも旧暦なので、グレゴリオ暦との対応表と比べる必要があります。
来年は、9月14日が中秋の名月。
来年も、このブログが続いていたら、思い出すかな。

今晩は中秋の名月

| コメント(0) | トラックバック(0)
moon.jpg今日は中秋の名月。

お月様がきれいです。

中秋の名月を望遠鏡で見る、というイベントをやったことが無いので、来年こそは、写真のような月を見にどこかに行って、名月を楽しむ会開催予定!。一年前から自分を予約!。

と盛り上がってますが、暦も秋。

たぶん、来年の今頃になったら、「又今年も早かったなぁ」って思うのでしょうね。

一年先の自分の予約も、だいぶ先のようですが、実際はすぐに来てしまうことでしょう。

時の経つのが年々早くなって来ている感じがします…。


p.s.
写真の月と今夜の月は関係有りません。携帯カメラではこんなに綺麗に撮影出来ません:p)

今朝の食卓のパン

| コメント(0) | トラックバック(0)


超ロングのソーセージパン。

息子が一人で独占。

ソーセージだけ抜いて食べて、皮は親の担当(T_T)。

浣○してみて~

| コメント(0) | トラックバック(0)
ブログパーツをいろいろ探していたら、超ウケたブログパーツを発見。
このおじさんのお尻にめがけて、カーソルを”クリック” さ~て。何がおきるかな。 それにしても、どんな技術使ってるんだろ。さり気にすごいことをやっているような気がする。
やってもぉたぁ
我が家の小林よしお

ゲームの約束時間を守れなくて、親に突っ込まれたときに、つい小林よしお調に

「やっても~た~」


のポーズ取ってました。
#さすがに腰を上げたりはしませんでしたが・・。

そろそろ、「そんなのかんけーねー。はいっ、おっぱっぴー」を仕込まねば。
誕生日!
今月は、三十うん回目の誕生月。

ちょっと遅ればせながら、我が家でバースディパーティー。
といっても、近所の美味しいケーキ屋さんのケーキを食べたいから、かこつけて記念日にケーキを食べてるだけ、という話もあったりなかったり。

このケーキ。
普通のイチゴショートケーキなんですけど、スポンジフワフワ。
生クリームも甘すぎず適度な甘さ。
主役のイチゴも、今の季節にしては、甘~いイチゴ。

ちなみに美味しいケーキを、記念日毎に我が家に提供(といっても買ってるだけですが)してくれているケーキ屋さんは、

サンヴェール 東浦和店

です。

今晩だけで家族で半分を平らげてしまいました。
残りは明日の朝食かな?!。

P.S.
クイズ。ろうそくが何本立っているでしょうか?

ブログカレンダー

| コメント(0) | トラックバック(0)
20061010_ajax_calendar.jpg右にブログパーツ欄に新しく組み込んだのブログパーツのカレンダー

今まで、Mobable Typeに標準で付いているカレンダーを使っていたのですが、
 ・月送りができない
 ・日付をクリックしても、該当日の一件しか表示されない(これは、スクリプトの問題ではないですが)
というところが気になっていたので、別なカレンダーを探していたのですが、ありました。

小粋空間: Ajax 月送りカレンダー(MT4版)

です。
Ajaxで作られていて非同期処理なので、若干のタイムラグはありますが、上記2つの課題が解決され、今まで使っていたロリポップやチカッパで用いていた標準テンプレート並みのカレンダーを自分のブログにつけることができました。

これをつけてみて、昔の日付をクリックして見ると、「あぉ、こんなときこんなことしてたんだなぁ」って、ちょっと懐かしく思いました。
簡単に過去にさかのぼって自分の記録が見られるのって良いですね。

Krispy Kreme Doughnuts

| コメント(0) | トラックバック(0)

Krispy Kreme Doughnuts

今日も再び新宿に出張。
相変わらずサザンテラスにある、Krispy Kreme Doughnutsの行列はすごいです。

打ち合わせが終わって再び通りかかると、先ほどの半分ぐらいの行列(そうはいっても、まだ30人はいましたが・・・)。
このぐらいなら、すぐに買えるだろう、という見込みで、行列好きな自分としては並ばずにはいられず列に入りました。
(昔ミスタードーナッツでバイトしていたことがあって、ドーナッツには一過言あるんです!)

列に入ると、「チョイスできないけど、セットは早く買えるよぉ!!」という店員さんの掛け声。
一つ一つ選択をしている人に割り込ませてもらい、下の12個セットを買ってきました。

うーん。やっぱり旨い。電子レンジで10秒弱温めると、尚美味しくなります。

TVをみて、何であんなに並んでんだろ、とちょっと馬鹿にしていた自分が居ましたが、自分も馬鹿になって並んで買ってみて、あれだけ行列ができている理由がわかりました。これから並ぶのも楽になる季節。美味しいものを食べるために、あなたも一度並んでみては?

先頭車両だよ

| コメント(0) | トラックバック(0)


昼間東京戻りののぞみに掛け乗ったら、またまたN700

指定席が先頭車両だったので、長い顔をパチリ。

銀座千疋屋のフルーツヨーグルト。

銀座千疋屋といえば、いわずと知れたフルーツショップの王様。

このヨーグルト。

一口食べた瞬間に、

旨い!

ってうなってしましました。久しぶりにヒットしたヨーグルト。
200円オーバーでちょっとお値段は高めですが、銀座千疋屋ブランドのモモ(二切れ)と、みかん(三切れ)が入っています。

最近からファミリーマートで売っているようなので、見つけたかた、ぜひ食べてみてください。本当に美味しいよ。

ドーナツ行列

| コメント(0) | トラックバック(0)


Krispy Kreme Doughnuts

いまだに凄い行列

そんなに美味しいのかな〜。
これだけ並んでると、並ばなければ損な気すらしますね。

仕事になんない(-_-#)

| コメント(0) | トラックバック(0)


Outlookが立ち上がらない(-"-;)

まるで仕事になんない。

もう帰る(`へ´)

これだからMS製品は…

始発でゴー

| コメント(0) | トラックバック(0)


京都の始発は、6時14分発東京行き。

快適なN700車両。

全席禁煙なので、ヘビースモーカーの早朝移動組は、ちょっと可哀想。

大崎でランチ♪

| コメント(0) | トラックバック(0)

今日は大崎でランチ。ちょっと中華な気分だったので、オフィスビル2Fの中華屋さんをチョイス!。

お昼ちょっとすぎだったのですが、やっぱり混んでます。
待ち時間、お店の看板を見ていると、ちょっと???。

大崎セット!と書いてあるのに、白板には「五目あんかけ焼きそば」しか書いてありません。

大崎セット1

うーむ。本当に、単品で「セット!」をうたっているのか、実はセット品を書き忘れているのか・・・。
前者だったら、ネタとして最高に面白いし、後者だったら何が付いてくるのか楽しみ~。

ということで頼んでみました。








大崎セット2

無事「セット」だったことがわかりました。ということで、白板が間違い。

ちなみにセットは、サラダ+スープ+ザーサイ+ドリンク、でした。これで1000円ジャストだったので、ちょっとお得?。

丸山人形で和み~。

| コメント(0) | トラックバック(0)
丸山人形ってご存知ですか?。
先日TVで京都の特集をやっているときに偶然見つけて、和むなぁ、と思って見てました。

お店は清水寺のそばの三年坂。八坂通りを三年坂に向かって歩いていったところの右側にあります。

丸山人形で、サイクリングで清水寺に行ったので、ついでといっては何ですが、丸山人形をゲットすべくお店を探しました。

お店はすぐにわかりましたが、八坂通りのほかのお店の混雑具合とは違い、誰もお客さんが居ません・・。

誰も店に居ないと一歩踏み込むのが勇気がいるのですが、勇気を出してお店に入りました。

で、写真の「お福さん」の実物を見てみると、やっぱり

「和むわぁ~」

ということでお買い上げ。

お福さんの人形(写真のよりちょっと小さめ)と、ストラップ(ストラップといわずに、根付と書いてあるところが、昔風)、あと会社用にミニお福さんをゲット。

これで幸せくるといいなぁ。

P.S.
このお店で買い物をしたのですが、サイクリングをそのまましたかったので、リュックサックみたいな物がほしいなぁ、と思いお店の方に尋ねたら、すごく親切に教えてくださって一緒に安いお店を考えてくれ、二年坂を降りたところに1000円均一のお店を教えてもらい、無事リュックを手配できました。商売と関係ないところで、すごく親切にしてもらって、人形以上に人情に和ませてもらいました。(人形と人情をちょっと掛けてみたりして!。座布団何枚?)

レンタルチャリ祝日の月曜日。
ちょっと午後時間ができたので、京都市内をサイクリング。

有名どころのお寺を総なめしようかと、まずは清水寺からスタート。
八坂神社・知恩院・平安神宮・南禅寺を経て、哲学の道を通って、銀閣寺へ。

銀閣寺を見学して、銀閣寺に惚れ惚れした後で、下賀茂神社を訪れようと北上。

"北白川別当"の交差点で、ふと見た看板

比叡山6km

比叡山といえば、延暦寺。歴史上超有名どころのお寺。これは行かねば!ということで、たった6キロであれば山道でも大丈夫だろう!という軽い気持ちで、自転車を山道に向けました。最初は順調、だんだん厳しくなる上り坂。がんばれどがんばれど延暦寺は見えてきません。途中、滋賀県の県境を通り抜け、さらに行く事数キロ。比叡平まで到着しました。私、この比叡平に延暦寺があると、思い込んでたんです。比叡山=延暦寺=比叡平、だと・・。

えぇ、間違いでした。

比叡平比叡平から、さらに比叡山ドライブウェイという道路を8キロぐらいいかないと、延暦寺には到着できなかったのです。

えぇぇぇ・・・。まだこの段階では「こんなに距離あるの?」って驚いただけでした。

しかしよく見ると

"ドライブウェイ"

って書いてあります。いやな予感・・・。ためしに、料金所のおじさんに聞いていました。

自転車って通れるんですか?

無理です

とツレナイ返事。

この段階で、比叡山延暦寺まで自転車で行く、という勝手に行けると思い込んでいたプランが崩壊。すさまじい上り坂を登った後だったので、ショックもひとしお。

しばらくショックでその場から動けず、座って休憩をしたのち、京都まで超ロング下り坂。
たくさん登ってきただけに、たくさんの下り坂が待ってます。
ちなみに、ここから京都まで8キロって書いてあります・・。8キロの下り坂。

えぇ。下り坂は楽しかったですよ。登りで苦労しただけあって(ちょっとスピードが出すぎて怖かったぐらい)。

でもね、ゴールにいけないと意味が無いのですよ。別にダウンヒルを楽しみたかったわけではないのですから。

あぁ。延暦寺行きたかったなぁ。

下賀茂神社ちなみに、再び北白川別当交差点を過ぎた後は、有名どころのお寺を総なめ作戦に戻り、高野川を経て宝が池(「妙」の字のそば)を通って、上賀茂神社。京都ボウリングのメッカMKボウルまで賀茂川を北上したのち、もう一度賀茂川を下って下賀茂神社。後に京都御所の真ん中を自転車でとおりぬけ、二条城を回り、最後におなかがすいたので、"坦坦"の坦々麺を食べて自転車を返却し一日のサイクリングが終了。

最初に決めた「有名どころのお寺を総なめ」も未達。
途中で決めた「比叡山延暦寺まで行く」も未達。

今回は、達成感が残らないサイクリングでしたが、翌日にしっかり太もも痛が出て達成感が得られました。


ちなみに今日一日の走った履歴です。約50キロ。半日&山道走った割には、結構走ったほうかな。

サイクリングコース




最終一本前で移動

| コメント(0) | トラックバック(0)

最終N700の予約を取っていたのですが、一本前に乗れたので予定変更。

21時00分発は23時19分着で21時20分発のN700は23時32着。
出発は20分違いなのに着は13分違い。N700のほうが、7分早く京都まで到着するようです。

やっぱりN700は早いのですね。

とはいえ、多少の違いは今日は睡眠時間に充てることにします('-^*)/

福島の名湯「土湯温泉」。

土湯温泉入り口にはこけしで作られた山車が観光協会の前に展示されています。
こけしが有名な温泉地です。

中でも有名なホテル

山水荘

の日帰り温泉に入ってきました。

今回旅行の締めくくりです。ここの日帰り温泉を利用させてもらうのは二回目。
#実は、来たがあることを忘れてたのですが、建物を見て思い出しました・・。

一人600円(小学生も一緒)です。大きなホテルの設備にしてはリーズナブル。
細かいお風呂の情報はオフィシャルホームページをみてもらうとして、やっぱり滝を見ながらお風呂に入れるのはとても気分が良いです。今回は男湯が瀧の湯、女湯が淵の湯だったのですが、前回淵の湯に入ったので比べるならば、淵の湯のほうがよいです。

残念ながら、12時前に入ったので、ちょうど掃除時間(日帰り客とはいえ、サービスを提供している時間に掃除をしているのはいかがなものかとおもいますが・・・。掃除するぐらいだったら閉館にしてほしいものです)だったので、樽風呂には入れなかったのですが、大浴場の大きなお風呂を堪能することはできました。お湯は若干熱め(福島の温泉はどこも熱いのかな)、ちょっとヌルヌルしている良いお湯です。美人の湯かな?。

日本一こけしこの旅館の名物は、自称日本一でかいこけし。
#実はこの旅館に来る前に、ほかにも「日本一大きいこけし」があります、と書いている飲食店などがあったりするので、本当に日本一かは微妙・・。

確かにでかいです。

この旅館。フロントのサービスマンの対応は、はっきり言うと最悪。
宿泊客と、日帰り客の対応を分けているのか、チェックアウト客の対応と、われわれ日帰りの人の対応(顔の表情まで!)違うのです。そんなにいやだったら、日帰りお風呂やめればよいのに、とちょっと気分が悪くなっていたのですが、お土産やのおばさんの対応は抜群。

うちの子供が、お土産のお餅を食べたくなったらしく、「これほしい!」と土産品をもってきちゃったのですが、どうみても美味しそうな代物ではありませんでした。
「だめ」と言い聞かせていたのですが、普段だったら引き下がる我が息子も今日ばかりはなぜか引き下がりません。で、困っていたら、お土産やのおばさんが

「これ、あまってから持ってって」

って奥から別の御餅のお菓子を出してくれて只でくれたのです。

それでうちの子供も納得して、あまり美味しそうでないお土産を買わずにすみました。

なんかこういう機転の利いた対応をしてもらうと、またこの旅館に訪れようかとおもいますね。
なんか、とっても良い気持ち(温かい気持ち)で帰ることができました。

って、なんだか、温泉レポートになっていませんが、温泉は良い温泉、従業員の方の対応も良い(フロント除く!)、とっても良いホテルでした。
お勧めですよ。

高湯温泉から宿泊予定の福島市に下りていく間に、「飯坂温泉左折」の看板を見たので、ハンドルを左に切りって来てみました。
気軽な車旅行って、こういう風に「ふっと」思いついて、目的地を変更できるのが良いですね。

で、その飯坂温泉。名前は聞いたことがある方が多いと思いますが、福島県の温泉地。
福島市の北に位置しています。
関東で言えば、熱海のような雰囲気でしょうか。昔は一世を風靡した温泉地だけど、今は・・・という感が否めない温泉街でした。

その中にある日帰りの温泉施設「鯖湖湯」。
元禄2年(1689年)奥の細道の途中、飯坂に立ち寄った松尾芭蕉が湯につかったと伝えられる名湯だそうです。

入場料は、なんと大人200円子供100円!!。福島の日帰り温泉施設はどこも安いのでしょうか。
関東では考えられない値段です。

早速入湯料を払って、パッパッと着替えお風呂に。ここは脱衣所とお風呂が一体型の施設なので、脱衣所からお風呂が丸見えです。
なぜか、お風呂に誰も入っておらず、皆お風呂の周りで体を洗ったりくつろいでいるのが若干気になりながら・・・

まずかかり湯をかかりに風呂桶で体にかけてみると、

あちー

という絶叫!。これ、熱湯じゃん!?ぐらいの温度。うちの息子に、「熱いじゃん!」って怒られちゃいました・・。

で、さらに浴槽。何の気なしに片足を突っ込んでみたら、

あちー*2

と再び絶叫。これ何度あるのって感じ。
浴槽であたふたしてたら、現地のおじさんが入り方を教えてくれました(入り方を知らないと絶対には入れないらしい・・・)


  1. まずは浴槽のふちに座って構える

  2. おもむろに風呂桶でお湯を体にかける

  3. 体が痛くても、我慢してかけ続ける

  4. かけ続けるとぴりぴりがなくなってくるので、でもまだかけ続ける

  5. 普通に感じるようになったら、お風呂にジャポン

  6. 耐える

だそうです。

このとおりにやってみたところ、無事入湯に成功!。息子は、最初の段階でアウトだったので、ギブアップ(小学生には無理じゃ・・・)
ということで、入浴なのか拷問なのか良くわからないぐらいの感じでしたが、鯖湖湯入湯成功しました!。

P.S.

帰り際。お風呂の泉質表を見ると、「源泉51度」。
入り方を教えてくれたおじさんに「これって何度ぐらいなんですかね?」って聞いたら「50度は無いと思うけどなぁ。もしかしたら50度ぐらいあるかもよ」って言ってました。源泉そのままかけ流しのおふろなので、この51度が流れて入っているお風呂で、水で覚ましてない(水道があるけど、現地の人が多くて薄められる雰囲気は皆無)ので、51度じゃないとしてもたぶん47,8度はあると思う。
お風呂で絶叫したい人にはお勧め?!です。

高湯温泉って知っている人います?。

関東では知っている人が少ないかもしれませんが、福島の中では指折りの温泉。
お湯は、関東で言えば草津のようなお風呂。白濁しているお湯で、これぞ温泉!、という感じのお湯です。
とはいえ、草津のように観光地化がされているわけでもなく、数件の宿と、今回初めて訪れた日帰り温泉施設がある程度。

で、今回訪れた日帰り温泉施設「あったか湯」。

結論を先に書かせていただくと、この日帰り温泉は、自分のベスト5に入りました!。

まず源泉まで60mという至近距離にあり亜硫酸ガスを完全に逃がすことができないために、内風呂が無く露天風呂しかありません。
このためお湯が新鮮というか、すさまじい硫黄臭の中で、白濁のいかにも温泉!という感じのお風呂に入ることができます。

高湯の値段また、値段が安い。大人250円子供120円。関東では考えられない値段です。

さらに、施設も新しいので、きちんとバリアフリーになってますし、無料の休憩所もしっかりとしたものがあります。

で、早速お風呂。

若干狭めの脱衣所で着替え、お風呂に突入!。20人ぐらい入れそうな浴槽に、源泉から直送されているお湯が流れ込んでいます。
お湯は真っ白。昔の草津や白骨温泉のお湯のイメージ。乳頭温泉のお湯よりももっと白いです。白さだけだと、日本でも群を抜いているかも。

あったか湯お湯は、体にまとわり付いてくるようなシットリ感のあるお湯。
お湯に浸かっているだけで、癒されるような感じ。体も心もポカポカです。

惜しいのは、そのため、屋外しか設備が無いので、シャワーがありません・・・。
一応カランが付いているので、桶を使って頭を洗ったりすることは可能です。

福島にお越しの際には、ぜひ!。スカイラインを越えて福島市入りしたらすぐにありますが、福島市から来ても30分かかりません。

超お勧めです!。

不動滝高湯不動滝

南東北の中でも指折りの名瀑。この滝は、自分の中でも指折りの滝で、今回も含めて訪れるのが3回目。

磐梯吾妻スカイラインの福島市口を出たところのすぐの花月ハイランドホテル脇から入っていきます。
ホテルに車を置かせてもらってあがっていくこともできますが、遊歩道入り口まで車でいけるので、道は細いですが車で行ったほうが楽。

その遊歩道。先日の台風で崩れてしまったようで、通行禁止。
昔硫黄を掘っていたときに使っていた道(舗装路+砂利道+遊歩道)のパターンでしかいけません。

車を降りて急な坂道を上がっていきましたが台風の爪あとはここにも来ていて、砂利道の砂利が舗装路に流れ込んでいるは、砂利道は大きくえぐれて歩くのもカナリ危険な状態。気をつけながら道を進み、急な遊歩道を気をつけて降りると、やっと不動滝に到着しました。

この滝は、滝つぼ直前まで行くことができるので、写真のようなアングルで撮るときには、飛び散る水滴の中で撮影になります。
でもこの水滴を浴びるというのが、マイナスイオンを浴びているような感じをうけることができ、心身共にリフレッシュできます。

しばし滝に見とれつつ、マイナスイオンをたっぷり浴びてから、帰途に着きました。

先ほど降りてきた急な坂を今度は登らなければいけない、というのが骨が折れました。
富士山ぐらい覚悟していけばよいですが、中途半端な山って結構疲れるんですよね~。

磐梯吾妻スカイライン

土湯温泉から福島市に向けて、山の上を走っているドライブウェイです。
浄土平や吾妻富士という観光地を抱えています。
#6,7年前に浄土平から、一切経山を登ったことがあるのですが、その話は後日。この山から見る五色沼は最高です。いまだに目に焼きついています。

浄土平という名から来るとおり、途中火山地帯があり、亜硫酸ガスが出ている場所があります。

ちょっとドキドキながら走るのも乙なもの?!。
(途中のガス地帯は、「駐停車禁止!」看板がたくさん出ています。)

で、本命の景色ですが、当日快晴だったこともあって、空を走っているような気分でドライブを楽しむことができました。
ドライブというかレースというか・・・、というスピードだったことは内緒ですが。

温泉めぐりに行く前に、まずは気持ちのリフレッシュ。

五色沼めぐりに行ってきました。

この五色沼。名前のとおり、エメラルドグリーン、コバルトブルー、赤茶などの様々な色を持った沼を見ることができます。
沼がそれぞれに違う色を持っているのは 鉱物質の溶け方や 屈折率の違い、 水中植物の影響などによると言われています。
又、見る角度や、時間、季節、天候によっても水の色が微妙に違って見えるようです。

ビジターセンターから全長3.6キロの遊歩道があります。
今回は、遊歩道最後の柳沼はあきらめ、毘沙門沼、赤沼、みどろ沼、竜沼、弁天沼、瑠璃沼、青沼の7つの沼を見てきました。

これが、

勝手に決めたゴールの『青沼』。本当に水が青いです。なんかとても不思議な気分。
普段、水を絵に描くと青にかきますが実際は透明ですよね。でもここの沼の水は、本当に「青」いんです。

それらを見物しつつビジターセンターから青沼折り返しで戻ってきて、最後(というか入り口)の毘沙門沼でボートに乗って青い沼をさらに確認。
沼を横から見ると真っ青ですが、ボートに乗って真上から見ると湖底(沼底?)まで透けて見えるんです。かなり透明度が高い。でも青い。

何年かぶりにボートに乗って、手がつりそうになりながら何とか岸まで戻ってきてゼェゼェ。
足は自信ありますが、腕の力は本当に衰えているようです・・・。

と、違う話になってしまいましたが、そんな疲れを忘れさせてくれるぐらい、五色沼の景色は最高です。

訪れたことがない方。ぜひ一度足を運んでみてください。本当にお勧めです。

前回の盛岡→秋田→山形→新潟→福島のツアーのゴールだった福島。

今回は、この福島を基点に、温泉めぐりの旅をしてみようと急に思い立ち、浦和を立ちました。
思い立ったのは前日の深夜。
明け方眠い目を家族3人ともこすりながら、東北道でレッツゴー。

三連休の初日だったので、東北道が渋滞しないか心配だったのですが、どこも渋滞することなく、福島県まで一機にたどり着くことができました。

途中磐越道に入り、猪苗代インターで降り、そこから磐梯山ゴールドラインへ。

雄大な猪苗代湖が見られる展望台からの風景です。

この磐梯山ゴールドラインに入る有料料金所での出来事。
次のカーブを曲がれば料金所ということで、結構(かなり?)良いスピードでカーブを流していたのですが(制限速度40キロ)、カーブを曲がったとたん、目の前に「止まれ」の旗を持ったおじさんが・・。どこからどうみても、警察のおじさんです。
そのおじさん、じっくりこっちをにらんだまま、旗をビシッっともってます。

あぁ~やっっちゃった・・。ネズミ捕りにつかまったか・・・。

と観念しかかったところで、急に旗を振り先に行けと。よく見ると横に事故車両らしき車が置いてあり、どうも事故の後処理をしていたようです。
ほっ。助かりました。ちょっと寿命が縮んだ瞬間。

買っちゃった!

| コメント(0) | トラックバック(0)


物欲に勝てず、買っちゃいました。

やっぱりカッコイい。

明日からいじり倒す予定(^〜^)。

最近、健康診断が良かったのに気をよくして、コーラ好き。

コカコーラ

なんだか、濃い甘さがとても美味しい。

一年に何回かムショウに
「コーラ飲みてーー!!」
ってなることがあるのですが、どうも今がそのフェーズのようです。

毎日浴びるようにコーラを飲んでいるのですが、今コーラを飲んで携帯で抽選すると、iTunesの音楽があたるんです。で、今まで浴びるように飲んで毎回抽選していても、いつも「残念・・」だったのですが、やっと今日

「当選!」

の画面が出てきました!!。



 iTunes ミュージックダウンロードをプレゼントいたします。

◆コード
XXXXXXXXXXXX

◆コード有効期限
2007年11月30日

上記コードをiTunes Storeでお使いいただくと、お好きな楽曲1曲をダウンロードできます。

iTunesのダウンロードやコードの使用方法など詳細はキャンペーンサイトhttp://kocp.cocacola.jp/index.php?page=c_info_itsを参照ください。

---
Coke + iTunes キャンペーン事務局
TEL:0120-084-509
平日10:00~18:00
(土・日・祝日を除く)

TM and (C) 2007 iTunes K.K. All rights reserved.

よりいっそう、「飲もう」モチベーションが高まってしまって、糖分取りすぎが心配・・・。

気をつけねば・・・。

 

羽野 晶紀離婚?!

| コメント(0) | トラックバック(9)
実は、隠れ羽野晶紀ファン。

羽野晶紀あの、アンニュイな感じがたまりません。
和泉家に嫁いでからは芸能界を引退してしまったようで、TVなどで見かけることはなくなって、自分がファンだったということも忘れてましたが(汗)、久しぶりにニュースで名前を見て、ファンだったことを思い出しました。

和泉元彌 母子で離婚説否定

どうも、実家に帰ってきているので、離婚説がでているもよう。

離婚説が本当かどうかはわかりませんが、もし間違いだったとしたら芸能人って大変ね。
実家に帰ってきただけで

はや離婚か!?

とか言われたら、気軽に実家によることもできなくなっちゃいますよね。

まぁ、隠れ羽野晶紀ファンとしては、彼女に幸せになってもらったほうがうれしいので、和泉家に居ることが不幸になるのであれば、とっとと別れたほうが良いとおもう今日この頃。

それはそうと、宇治に来てるなら、京都にも遊びにこないかな。

まぁ、隠れ羽野晶紀ファンとしては、一度実物見てみたいな。

Macintosh全盛?のころからマック党。

もちろん音楽プレイヤーも、iPodをつかっています。
日常使っているのは、iPod nano(二代目)、ランニング用に使っている、iPod shuffle(初代)、車に常設している、iPod(二代目)。どれも眠っているのは無く、きちんと役目を果たしています。

そのiPod。

ついに新製品が発表されました。
iPod nano,iPod shuffle, iPod classic そしてiPod touch。

【新製品レビュー】
米Apple、「iPhone」から電話機能を省いた「iPod touch」
米Apple、完全金属筐体のHDD搭載「iPod classic」
アップル、「iPod Touch」など新iPodシリーズを日本でも発売

ITmedia +D LifeStyle:第3世代iPod nano、使ってみてわかったこと(前編) (1/2)
ITmedia +D LifeStyle:第3世代iPod nano、使ってみてわかったこと(後編) (1/2)

細かい製品の情報は、アップルやニュース関連の情報を見てもらうとして、皆さんどれに興味がありますか?。
個人的には、今回の目玉は、iPod nanoとiPod classicではないか、と思ってます。

たぶん多くの方が、iPod touchを目玉だと思っているとおもいますが、touchは、あくまでも初代。改善すべきポイントがたくさんあるはずです。
(自分にとって)致命的なのが、せっかく無線LANが使えてメールなどで使える環境にあるのに、写真撮影ができないこと。写真撮影ができれば、スーパーブログ管理マシンになりえるのに本当に惜しいです。
ただのブラウザーであれば、ホットスポット等が少ない状況で、ネットをできる場所も少なく、いまいち訴求にかけるのではないでしょうか。
(まぁ、このあたりは個人の嗜好や環境の問題なので、ほしい人はすぐにでもゲットしたほうが良いですね。移動中に、映像を見たい人にとってはベストマシンかもしれませんし、新幹線で無線LANが開放されたら最高のマシンかも)

と、touchまだまだ話が長くなってしまいましたが、本命のnanoとclassic。

classicは、基本性能を維持しながら、ハードディスクを増やし、価格据え置き。これぞ"iPod"という王道を貫いてくれている感じがします。まさに"漢"の音楽プレイヤーというイメージ。

かたやnano。小さいのと、二代目よりも角がとれて、より女性っぽくなりましたよね。
このnano。いよいよ映像が見られるようになりました。
アップルの広報のかたも言っていますが、あくまでもiPodは、音楽プレイヤーとしての機能がメイン。映像はサブ。
普段、ワイシャツのポケットにそっとnanoを入れて音楽を聴く。たまに見たい映画などがあったときには、nanoに入れて通勤中などに見る。映画に飽きたら音楽に戻す。そんなことが気軽にできるのがnanoの良いところだと思うのです。classicでは重いし、touchでは大きい。
2inchディスプレイというのが若干小さい気がしますが、本体も小さいのだから仕方ない。
これ以上大きいと、ポケットに入れたり、首から提げるのには不便になってしまいますよね。

ということで、nanoを買うこと決定です!。早速、家庭内稟議は承認を得ました。

京都のビックカメラでは売り切れのようなので、apple storeで赤いの買おうかな。

超楽しみ~。

先日うけた簡易人間ドッグ
診断を受けた後、医師面談にて、

「胃のX線写真だけは、専門医の所見をもって回答します」

と言われてからドキドキ。

う~む。ついに胃カメラデビューか?!、と思っていたのですが、諸事情により診断結果がくるのがおくれていて、今日やっと手元に届きました。

封筒を握る手が震えます(ちょっと大げさ?)。

どきどき。

びりっ。

最初のページは、大丈夫。身長、体重、血液検査の結果など。健康そのもの。

後ろのページに、胃X線写真の診察結果が載っているのは知ってます。

ドキドキしながら、紙をひっくり返してみました。

A

という文字が目に飛び込んできます。

今まで、Ca(ポリープ有り、経過観察)だったので、てっきりポリープが悪化(大きくなったり)しているのかと思い込んでいたら、どうも、良くなった(ポリープが無くなった)ということで、A(問題なし)に改善していたのです。

今までも、CaからAに改善した項目があったのですが、そのときは「専門医の所見」なんていわれなかったので、ドキドキしませんでしたが、今回ばかりは「専門医」というキーワードが耳に残り本当にドキドキしてました。

まぁ、結果は良かったので、ホッとしてます。これでまた一年健康ですごすモチベーションが高まりました。

それにしても、健康診断は体のチェックはできるかもしれませんが、自分にとっては心臓によくないです・・・。

無線LAN

| コメント(0) | トラックバック(0)


N700って将来無線LANが使えるようになるんです。

すでにアンテナは設置済み。バリ5で電波キャッチできます。

はやく利用可能にしてくれないかな。

でもこれで無線LANも使えて電源も使えるようになったら、本当に動くオフィスになりますね。

『移動中でメール見られなかった。ごめんごめん』

が通じなくなりますね…。

新し物好き?

| コメント(0) | トラックバック(0)


今日も最終のN700系。

新し物好きだから、これに乗っているのかは別問題。

でも、ちょっと快適・・。


侮れない旨さです

新幹線乗車時の定番

ぱちもん頭痛薬

| コメント(0) | トラックバック(0)

うわさの(っていうか勝手に一人でうわさにしているだけですが)、バッサリンに引き続き、またパチモン頭痛薬を発見。

その名も

バリファックス

えぇ。パチモンです。ジェネリック、なんだとおもいます。

それにしても、こういう類似商品の名前を考える会議って楽しそうですね!。

「あっ、君!それだよそれ!。その名前の響きがいいよ!」

なーんていいながら、適当な名前を決めてそうなきがしますよね。
バリファックスなんて、名前を入れ替えて、ちょっと語尾をいじっているだけですからね・・・

ところで、このバリファックス。

気のせいか本家のバファリンよりも効く気が。コストパフォーマンス最高です。(ちなみに、40錠で500円)

家に帰ってきて、かばんの中から飲み終わったペットボトルを出し見てたところ、こんな形になってました。

やっぱり、気圧が低いのだなぁ、ということを再認識。

ちなみに、高山病に当たる症状はほとんど無く、途中で気持ち悪くなることも頭痛がひどくなることも無かったので、どうも高所には強いようです。
(下山してからちょっと頭痛が出ましたが、2時間程度で治まりました)

どこも怪我をせず無事帰ってきました。

最初は登れるかどうかちょっと心配していましたが、無事登頂を終え満足満足。本当に良い経験ができました。

山登りって登っている途中は本当につらいのですが、上り終えた後のこの爽快感がたまりません。
たぶん皆、これを感じているので、また次に登ろうと思うのでしょうね。

今現在は、まだもう一度上りたい気分になってませんが(笑)、たぶん1,2日するともう一度行きたくなるんだとおもいます。

ということで、これにてライブ終了します!。

P.S.
それにしても、携帯電話でライブ中継できる時代ってすごいですね。富士山では、旧気象レーダー付近(火口含む)以外、河口湖口の五合目から山頂まで、圏外になることはほとんどありませんでした。

行きのときにわかりにくかった、登山道に向かう分岐点にやっと戻ってきました。

このあたりでは、夜は居なかったですが、昼間なので、登山するのかわからないような格好のかたがたくさん。
たぶん六号目あたりまで登っていく人なのでしょう。

登山客はマナーが比較的良い(道を譲ったり)のですが、この"山登りしない集団"のマナーのひどさに辟易。

町を歩くおばちゃんと同じく、狭い登山道を横に並んで通せんぼ。
後ろに待っている人が居ても、我知らず。譲ってと頼めばにらまれる始末・・・。

と怒ってても仕方ないので、早足で幅が広くなったところで抜いて、自分のペースを取り戻しました。

スタート地点の五合目駐車場まであとちょっと。

まだ五合目まで4.5キロもアルらしい。

たしか、八合目辺りで見た看板(例の分岐の看板)では、残り5キロって書いてあった気がするのだけど・・・)

同じ道、同じ景色に飽きたよ・・。
行きの山登りよりも、この同じ形の道を永遠と下り続けなければいけないというほうがつらいですね。

ここでTIPS。

八合目以降、途中に売店がありません。
つまり飲み物がほしくなっても買うことができません。
この日は曇りだったので、それほど暑くなかったのでよかったですが、真夏は確実に水分補給が必要です。
このため、8号目のお店で必ず飲み物を調達しておいたほうがよいです。

河口湖口からきたときに、下山のときにもっとも注意していなければいけない看板。

まちがって右に行くと大変なことに(須走口に連れて行かれます)。

富士山は、比較的登山客が多いのであまり心配要りませんが、普段の山ではこのような看板が命取り。

今回も、この看板だけは見落とさないように気をつけていたので、無事河口湖口方面に帰ることができました。
(ってちょっと大げさで、この看板はカナリ目立つので、見落とすことは無いですね)

帰りはちょっと違う道から下山。

下山も同じルートを通るのかと勘違いしていたのですが、どうも、山小屋などに食料などを運搬する車両が通るルートを使って六合目まで降りるよう。

写真だと見えにくいのですが、硬い岩の上に砂礫が乗っている状態で非常に歩きづらい道。
これをずっと降りるのかと思うと、ちょっとうんざり・・。

まぁ、登ってしまった以上は降りざるを得ないということで、下山を開始しました。

富士宮口から見下ろしてみました。

下は本当であれば駿河湾がきれいに見えるはずでしたが、雲海にさえぎられて見えません。

ちょっと残念・・・。

ということで、日本一の山を遂に制覇!

日本最高所に到着することができました。

「富士山登ろう!」

と思ったときにはもしかしたら登れないかも・・と、ちょっと弱気でしたが、結局無事登ることができました。

周りにいたおじさんに写真を撮ってもらったり、富士山談義に花を咲かせたり。
そのおじさんは、年に最低二回は富士山登っているようです。
御年を聞くのは失礼かとおもいましたが、お見掛けするにどうみても60歳以上。

自分が年をとっても、こうやって元気を保っていられる年のとり方をしたいなぁ、って思いました。

山頂でこんな良い時間の使い方をした後、しばし景色を目に焼き付けたのち、下山するために河口湖口を目指して火口を歩き始めました。

富士山に登ったからにはお鉢は見ないと。

ということで、お鉢一周を開始。

風が台風並みだったので、本当に火口に落ちそうになるほど。
しっかりロープにつかまりながら、写真撮影。

先日見た浅間山の火口と違って、「生きている感」が無かったですが、やっぱり何か吸い込まれそうな雰囲気は漂っていました。

火口には、万年雪がところどころに残ってます。やっぱり寒いのですね。

山頂到着。

山頂の山小屋近辺の岩場から撮影。

山頂は、お店らしきものがたくさんありますが、本八合目の山小屋の亭主の言うとおり、全部のお店が閉まっています。

それにしても寒い。皆、お店の影に隠れて寒さをしのいでいます。
まだ、朝早いので、半分ぐらいの人が、寝てます。たぶんここでご来光を拝んだ方々なんでしょうね。
午前5時の日の出のころは、もっと寒かったことでしょう・・・。

山頂に何があるかわからないので、ちょっとウロウロ。

あっ、そうだ。日本最高所の碑の写真とってない。
河口湖口のそばにあるのかとおもったら、パンフレットを見ると、もと富士山レーダーのところにある模様。
やっぱり富士山に登ったからには、3776メートルの場所に行かなきゃだめですよねぇ。

ということで、お鉢巡りしてから、下山することにしました。

第一目標にしていた、山頂入り口の鳥居に到着。
#皆山頂到着!というときは、これを"到着"ということにしてるのかな?。それとも3776メートルの標識なのかな。

やったね!

ここで、疲れ果てて倒れてしまっている人がたくさん。やっぱり到達したとたんに疲れが出ちゃうのでしょうね。
自分もその一人。10分程度、鳥居のそばの岩で休憩。

かたや男子学生4人組は、むっちゃ元気。一人ひとりポーズをつけて写真撮影大会。

やっぱり若さには勝てませんね・・・。

やっと九合目到着。

道が砂礫で歩きにくくペースダウン・・。
このあたりで、やっと富士山の登りにくさを体験。
足腰が弱っているときの砂礫はキツイ・・・。

でも、あと一合。頑張る!。

九合目付近からの河口湖。

ちょっと写真では見にくいかもしれませんが、雲海の下にちょっと見えます。

河口湖は何十回と来ているのですが、山の上から見るのは初めて。
こんな形をしてるんだなぁ、と改めて認識しました。

山の上から見ると、とても大きな湖も、とても小さく感じますね。

に到達。

あと300メートル強!。先は見えてきたぞ。

お汁粉食べたら余計に腹空いたからラーメン追加オーダー

途中の山小屋の看板を見てきたら、ラーメン=カップラーメン、だったので、どうせカップラーメンが出てくるんだろうなぁ、っと思っていたら、結構真面目なラーメンが出てきてびっくり。
特に、上にのってるチャーシューなんて、普通のラーメン屋で食べるやつよりもおいしかったです。
麺もまぁまぁ。スープは、量販店で作ってる業務用かな。でもおいしい。

3000メートル以上の高所で、こんなものが食べられるのって、ちょっと不思議でした。

自称ラーメン好きの方。
ぜひこのラーメンを食べに一度本八合目まで来てみてはいかがでしょう。

ここで、飲み物のバックアップが心許なかったので、最後に営業している売店で飲み物補充。
(後に、心配しすぎでペットボトル二本も余ることに・・・。まぁ、無くなって困るよりはよいですよね。)

お腹空いたから本八合目でお汁粉休憩

寒かったので、なんか温かいものを食べたかったのです。

店員さん曰く、これ以上上の山小屋は全部閉まっているので、温かいものを食べたい人や寄って行くように、とのことだったので素直に従いました。
(確かにこれ以上の山小屋は全部しまってました。観光地にありがちな嘘をいう店員ではなかったようです。この点はさすが危険を伴う登山道のお店だけのことはありますね。)

このお汁粉。

もうちょっと温かければよかったのですが、山の上は沸点が低いからかちょっとヌルめ。
お餅も、

「これ、本当に餅?」

という程度の御餅が2枚入っているだけ。

でもね、うまいんですよ。これが。
陸地だったらひっくり返している(笑)ようなものでも、疲れているときには何でも美味に感じるんですね。

海抜3250メートル

吉田口という看板が多いですが、富士山では、六合目以降は河口湖口と吉田口と合流して山頂までは"吉田口"というようです。
迷ったときなどにも、これを覚えておくと便利ですね。

まぁ、迷うことなど無いでしょうが・・

3200メートル到着。

風が更に強くなって飛ばされそう

やっと八合目に到着。

途中ちょっとへこたれ気味にはなったものの、ほぼ予定通りのペースは守れている感じ。

案内板によると山頂まで後2キロ180分とのこと。
平地で2キロなんてあっという間なのですが、登山の2キロはちょっとしんどいですね。

さぁ頑張ろう!〉自分

むっちゃ、風が強い・・。
台風一過の後なのですが、まだ風は残っているようで、台風並みの風です。

寒い中に風が強いので、ちょっとモチベーションダウン。

そんななか、足がちょっと厳しかったので、大きな岩に腰掛けたところこの看板に気づき、3000メートルを越えたことに勇気と元気をもらい、再び登り始めることができました。

こういう、ところどころでのわかりやすい目標って大事ですよね。

先ほども書きましたが、富士山ってもっと砂地が多いイメージがあったのですが、七合目から八合目にかけては、むっちゃきつい岩場の連続です。

といっても、鎖場があるほどの山ではないので、ちょっとした冒険心をくすぐられてうれしくなる程度の岩場。

ただ、落ちたら死んじゃうかもしれないぐらいの角度がある場所もあるので、慎重に一歩一歩登りました。

普段使わない筋肉を酷使したからか、足つっちゃっいました。(T_T)
このため、ちょっとペースダウン・・・。

だいぶ上ったなぁ。
登山って上っているときは、それほど上れている感じがしないのですが、こうやって下を見たときに初めて上った感を感じますよね。

ほぼ予定通りのペースで上れている感じ。

それにしても、富士山ってもっと砂地ばっかりの山かとおもっていたのですが、結構男っぽいゴツゴツした山だ、といことを再確認。
あと、さすが元火山だけあって、山頂付近には木がほとんどありません。

オフシーズンなどで山小屋が空いてないときに、もよおしてきたら皆どこに隠れれて野○○○するんだろう・・・

待ちに待ったご来光です。

5:20頃。

天気予報では、山梨・静岡共に晴天予報だったので、山々の向こうにご来光が見えることを期待してたのですが、急に雲がでてきて雲海の中のご来光になりました。

生まれて初めて雲海越えのご来光をみたのですが、やっぱり感動しますね。

皆がご来光目当てで富士登山する気持ちがわかりました。

ここでTIPS。
富士登山でご来光を見たい人は、河口湖口がよいようです。
間違っても富士宮口から登らないように。河口湖口は、山頂に着くまでもご来光を見られますが、富士宮口は八合目以上に行かないと見えないようです。ほかの上り口はわかりません。途中でであった、おじさんが教えてくれました。

まずは六合目の看板が見えるだろう、と黙々と進むものの6合目がなかなか訪れない・・・。

ちょっとつらくなってきたところで、山小屋が見えてきました。
夜で看板がよく見えなかったのでじっくり見ると

七合目

と書いてあるではないですか!

えぇ、そうです。六合目の看板を見落とし、いつの間にか七合目まで上りきっていたようです。
ちょっとラッキーと思いながらも、まだそれほど疲れていなかったので、休まずにそのまま上ることに。
と、気持ちは前向きのまま、富士山方面を見ると

先はまだ長そうです・・・。

ちょうどそのころ、空も明るくなりはじめてきました。

もう直ぐご来光です。

五合目到着。

駐車場は、3割ぐらいが埋まっている感じ。
昨晩から泊まっている人、今ついた人、の両方がいるのでしょう。

今ついたばかりの人は、すぐに登山の準備を始める人もいれば、寝る準備をして夜明けまで待っている人もいるようです。
自分は、途中でご来光を見たかったので(それが目的のひとつ)、そのままの足ですぐ準備をして出発!。

さすがに午前4時前は真っ暗で何も見えません。

でも、その代わり星がきれい。

実家が長野県の比較的高度が高いところにあるので、子供のころから星がきれいなのは見ていましたが、五合目から見る星は、それ以上でした。

 

まさにすぐそばで手が届く感じ。これだけを見に富士山に五合目にくる、というのも有りかもしれません。

それと、9月というのにむちゃくちゃ寒い。
五合目でこれだけ寒いとなると、頂上ではどれだけ寒いのだろう・・と、ちょっと不安。


準備してあった懐中電灯で照らしながらいくも、どこが登山道かがわかりません。

たぶんここだろう、と突き進んでいったところ、逆方向で戻ってくる人が

"こんなに早く下山するひとがいるんだなぁ"と、思っていたら、突然話しかけられ

「河口湖口ってこっちでよいのですか?」

と聞かれてしまい、自分も初めてなだけにちょっと不安に。
通り過ぎる人に聞くものも聞く人みな始めてのひと。

それらの人も聞かれるものだから、みんなで不安に。その数10人強。

その後に来た方がなれてた人で、この道であっていることと、分岐のところが夜だとわかりにくいから着いて来い、といってくれその方の案内で無事5合目登山道分岐まで連れて行ってもらいました。

いよいよ登山開始です!。

早朝1時。

やっぱり、今年富士山登るなら今日が最後(来週、再来週と予定があるので、後半になるとさすがに寒くてつらいだろうと予想)ということで、気合で上ることにきめました。
さすがに徹夜明けの山登り、大丈夫かちょっと不安でしたが、だめなら途中の山小屋に止まればよいか、という軽い気持ちで行くことに。

家族には、
「ちょっと富士山登ってくる~」
と軽く伝え、帰宅後すぐに車を駆り、河口湖方面に。

途中のパーキングで30分程度仮眠をして、富士スバルラインの料金所が開く3:00にあわせて移動開始。
8月は24時間オープンなんですが、10月は3:00~19:00までしか開いてないのです。

3:00ぴったりに料金所についたのですが、料金所手前でで大渋滞。

朝三時なのに...やっぱり同じように今年最後の登山にかけている人が多いのでしょうか。

「ちょっと先が思いやられるなぁ」

と感じながら20分程度渋滞に巻き込まれると突然流れ始め、料金所を過ぎてからは制限速度+αで5合目駐車場まで流れました。

台風9号北上中

| コメント(0) | トラックバック(0)
台風9号 台風9号関東に向けて北上中。
ゆっくりと進み、23時現在もうすぐ石廊崎に到達する見込みのようです。

それにしても、すごい大きな台風。
暴風雨圏内が名古屋から千葉県沖まで囲まれています。
今日は午前中東京にいたのですが、早いうちに切り上げて京都にもどってきてよかったです。東海道新幹線も止まってしまったようです。
#ちなみに京都は、普通の暑い夜です。

さて、23時台のニュースでは、こぞって海岸で雨合羽を着たレポーターを立たせて臨場感を演出しています。
 #毎度おもうのですがレポーターは危なくないのでしょうかね。保険とかかけているのかな。

 台風を注意してみていて気づいたのですが、 ウェザーニュースの台風情報 はカナリすごいです。
(上の画像も、ここから借用しました)

利用者からのコメントで臨場感のあるリアルタイムな台風情報がわかりますし、Flashを使った動きのある天気図で今後の動きも想像がつきやすい。 こういうところにも、ITが大活躍しているのですね。

いずれにしても、今回の台風は、雨も風も強いようなので、何よりも大きな被害にならないことを祈っています。
こればかりはITではどうにもなりませんものね。


黄色の新幹線に、品川駅で遭遇。

にわかカメラマンが沢山。
自分もその一人としてパシャ。

大ききでたなぁ

| コメント(0) | トラックバック(0)


品川駅で発見した看板。

この位の気合いはいいかも。ニフティの社員は頼もしいでしょうね。

初めてパソコン通信を教えてくれたNIFTY。

応援してます。

う・・ん。眠い…

| コメント(0) | トラックバック(0)


昨夜考え事してたら、夜更かししちゃったので、今朝は激眠。

今から二時間。

移動しながら爆睡しま・・す。

プレ誕生日祝い

| コメント(0) | トラックバック(0)
ケーキ
今週は、自分の誕生日ウィーク。

同僚と軽く飲み会があったのですが、その場でサプライズケーキ!。

こういう心遣いをしてもらうと、心のそこから本当にうれしいですね。ありがとう。

今週誕生日が自分ともう一人いるので、ペアプレートです。

SM診断

| コメント(0) | トラックバック(0)

あなたは、マゾ系ですか?サド系ですか?。

おそらく、IT業界にいる人はほとんどがマゾだとおもいますが、冷静に自分のキャラクターを知りたくなり調べるサイトを探してみたら

sm診断

というサイトがありました。

早速やってみたところ、なんと「アブノーマル」という診断結果。うーん。でも当たっているかも・・・

ちょっときわどい質問があるので、オフィスでは診断はしないように!。


診断結果

あなたはまちがいなく「アブノーマル」でございます

あなたの心には「サディスト」と「マゾヒスト」の両方がやどっております。相手により使い分けれるあなたはみんなの人気者である反面、優柔不断の性格であります。今一度、自分をじっくり見直してみてはどうでしょう。




もうひとつ、今度は仕事用の真面目なサイト(こっちは会社でやっても大丈夫?。休み時間にどうぞ)

人には言えない・・・SMタイプ別「仕事で快感」シーン60連発

こちらを早速やってみたところ、
診断結果

性格












と、こちらも「両属性」タイプとのこと。

うーん。やっぱり両面性をもった、「アブノーマル」なのかな・・・。

戸田マラソン2007 戸田マラソン2007

埼玉近辺で、11月に実施されるマラソンをさがしていたらぴったりのがありました。

ひとまず申し込み完了。

後はひたすら練習あるのみ。

それにしても、20キロ・10キロ・5キロ・2キロとコース設定があるのに、20キロコースを選んじゃうあたりが、負けず嫌いの性格がでていて嫌ですね。

ここ数年20キロは走っていないので、完走できるかちょっと自信が無いですが、湖の周りのコースなので平坦であること、制限時間が3時間ということの2つのポイントから何とかギリギリ走りきれるかな?と予想。

あと2ヶ月ちょっと。きっちり完走できる体作りのためにがんばります!。

久しぶりのジョギング

| コメント(0) | トラックバック(0)

久しぶりに長めのジョギングをしてきました。

五条通をいき賀茂川をのぼって、賀茂大橋を左折。
京都御所をぐるっとまわって、烏丸通を下がる約10キロのコース。

今日は、久しぶりだったので1時間10分。

11月に出るハーフマラソンまでには、50分で走れるようにならなければ。

がんばる。

これが噂のバッサリン

| コメント(0) | トラックバック(0)

週末、自分ちのそばの薬局で、うわさのバッサリンをゲット!。

バファリンの約半額です。

成分一緒の値段半分のものが、横に並んでいたらどっちを買うかは明白ですよね?。
ということで、値段に負けてバッサリンを買ったわけです。

成分が一緒なら、効きもいっしょなはず。

治らなければ、いくら安くても無駄な出費になってしまうので、自分の頭痛が治ってくれればよいのですが・・・。

ホテル三日月の経営している、木更津にあるホテル兼レジャーランド
竜宮城スパ ホテル三日月

今回は、プール&温泉を目的に行ってきました。

たぶん、20年ぶりぐらいに流れるプールに行ったのですが、ここの流れるプールの特徴は、「温水」なんです。
室内の流れるプールと屋外の流れるプールがあるのですが、特に屋外の流れるプールは、ありがちな「ちょっと温かい」温水ではなく、お風呂の温度に近い?温水です。
なので、日曜日は肌寒い感じの一日でしたが、プールに入っているとポカポカ。

ちなみに、
・屋内にウォータースライダーと、流れるプール(流れはゆるやか)
・屋外に流れるプール(流れはちょっと速い)と、25mプール(冷水!)と、ジャグジー(コーヒー色、青色、赤色等さまざまな色)
などがあります。

今回は、流れるプールで浮き輪に乗ってぐるぐる回って無心になってました。

ここでは、泳ぐのが目的でも楽しいですし、日焼けなどでデッキでゆっくり、というのにももってこいの場所だとおもいます。

また、プールの横には温泉があります。
関東特有の黒褐色の温泉です。
循環しているお湯のようで、泡立っているところがありいまいちですが、温泉っぽさは出ているので、これはまぁまぁ合格かな。

目新しいものとすれば、黄金風呂!。

先日盗難にあってニュースになった黄金風呂が復活してます!。
待ち行列に並んで、息子と二人狭いところにはいってみました。息子大喜びで、一人で何回も並んでは入って出て、を繰り返しておりました。

細かい紹介は、オフィシャルホームページや、竜宮城ホテル三日月/温泉取材記/旅と温泉の相談室などを参照ください。

アクアラインを通ってドライブがてら東京方面から一日遊ぶつもりで行く、というのはいかがでしょうか。

アクアライン

| コメント(0) | トラックバック(0)

天気がよくなる予感がしたので、ちょっと遠出。 

パンフレットで見かけた、
籠宮城ホテル三日月
にいくために、アクアラインを通過。


アクアライン

アクアラインは、出来立てのころに通過して以来なので、約10年ぶり。

相変わらずまっすぐな道路。

海ほたるに向かって地上に出るところは、なんだか幻想的ですね。














携帯からのアクセスは

| コメント(0) | トラックバック(0)
チカッパブログのサービス内容があまりにいけてないので、MovableTypeを導入しました。

このため、携帯(i-mode,EZWeb等)からは同じアドレスで確認できないので、
携帯用ごめごめ日記
http://moblog.moatbasket.com/

を御確認ください。

京都駅にて。

確かに、切符を買いました。自動改札も通過しました。でも、なぜかホームに立って自分の乗る列車の車両を調べようかと思ったら、

「切符がない!!」

ということに気づいたのです。

えぇ。それからが大慌てでした・・・

まずは通過した自動改札の前にいき、「とり忘れたかも・・・」駅員さんに相談するも、自動改札の中にもなく。
どうしたらよいか相談をしたら、とりあえず予定の新幹線に乗って車掌に相談するように、との指示。
それにしたがい、乗る予定だった新幹線の自由席に。
そこまでが大慌て。京都駅の中を走り回ってギリギリ予定の電車に滑り込みでした。

列車にのり車掌がきたら、カクカクシカジカ・・と、どこの改札を通ってどこまで記憶があるかなどを話したところ、

「では、駅に確認してみますので、ちょっとお待ちください」

と、予想外の展開。すぐに、

「切符がない場合には、改めてお買い求めいただくことになっています」

と言われるとおもっていたので、期待をして待っていました。

一時間後。

車掌が飛んできて

「京都駅に、それらしき切符があったので、再発行に相当する書類を作るので待っててほしい」

とのこと。しばし待つと、「業務連絡票」と書かれた書類をもってきてくれました。
ここでやっとホッとできました。

どうも、京都駅で親切な人が切符をひろって落し物として駅の方に渡してくれたとのこと。

今回の件は、一万数千円をなくさなくてすんだだけでもめっけものですが、それ以上に、JR東海の車掌さん、駅員さん、切符を拾って届けてくれた方、皆さんの対応に感激しています。なかなかやろうとしてもできない対応だとおもいます。
特に車掌さんにとってはとてもめんどくさい対応だったとおもいますが、真摯に対応してくれて本当に感謝しています。

こういう体験をすると、人の温かさをもらって、自分の気持ちも温かくなりますよね。

Movable Type 4.0 へようこそ!

| コメント(1)
ロリポップ&チカッパ。

値段は安く、サーバ容量も大きくてよいのですが、チカッパブログがあまりにもいけてません。
1・投稿記事の日付変更ができない。
2・携帯電話からアクセスができない(見難い)
3・携帯からの投稿で日本語ファイル名が使えない
と、特に1,2が致命的だったので、チカッパブログをやめ、MovableType4.0を導入しました。

途中、チカッパで使っているPerlのバージョンが5.8ということで、Perl不具合で結構ハマッタのですが、ロリポップのQAにある
Movable Typeの設置方法
に回避策が書いてあったので、ひとまず解決。

携帯からのアクセスも、mt4iを入れて解決したので、次は、携帯からの投稿ができるようにしないと!。

チップなお話

| コメント(0) | トラックバック(0)

チップな話、といってもチップとデールは関係ないよ。

さて、自分は相当なガジェットオタクを自称していますが、中でも携帯電話には相当興味があります。
”小さい中に「ぎゅっ」って機能が沢山埋め込まれている感”が、たまりません。

この、携帯電話。
いまや、メールやインターネットは当たり前。
ナビもできれば、テレビも見れて、一般家庭にある、「見る・知る・書く」という機能は、すべて”携帯”の中に集約されている感すらあります。

そんな携帯電話ですが、今まで自分が2年間待っていた新しい”チップセット”を積んだ携帯がいよいよ秋にauから登場します(というかするようです)。

MSM7500

MSM7500_thumb.gif

というチップがそれです。

突然チップ名を言われても分からないでしょうが、このチップセットを携帯に積むだけで、

高画質な写真や動画に加え,高音質のステレオ・オーディオの録音/再生,400万triangles/秒の3次元グラフィックの高速化が可能になる。また,位置情報サービス「gpsOne」にも対応する。

米QUALCOMM,600万画素カメラ対応の携帯電話機向けチップセット「MSM7200」,「同7500」,「同7600」を発表(IT pro)

 今回発表されたチップセットは,モデム・プロセサ,アプリケーション・プロセサ,関連DSPを単一のチップにまとめている。伝送速度は,最高で1Gビット/秒。同社のアプリケーション・スイート「Launchpad」に対応している。これにより,高品質なステレオ・オーディオ,高解像度のカメラ,ビデオ・レコーダ/プレイヤ,ゲームの3次元グラフィックを携帯電話機に組み込める。自動制御の省エネ・モードにより消費電力が最適化される。また, 802.11,Bluetooth,MDDI,TVインタフェース,USBに対応し,コンピュータ,プリンタ,ビデオ・プロジェクタ,その他の周辺機器との接続が可能になる。

 その他にも,mコマース・サービス向けのモデム・セキュリティとデジタル著作権管理,パソコンとの無線同期化をサポートする。同チップセット・ソリューションは,BREW(Binary Runtime Environment for Wireless)プラットフォームとの統合サポートに加え,主要サードパーティ製のオペレーティング・システムにも対応する。


だけのことができるようになるのです。

今まで携帯メーカーが各社で独自に実装していたこれらの機能が、ワンチップだけで実現できるようになるとのこと。

さらに、動作クロックは最高1GHzだそうで、つい最近のPC並みのクロックで動作もできるようになるとのことで、”もっさり”という言葉は、過去の言葉になるかもしれません。
#動作クロックは、電池の持ちとのトレードオフでしょうから、1GHz駆動の携帯ができるのは相当先になるのではないか、とおもいますが。

さらにさらに。MSM7500は2coreのチップのようで、これにBREW4.0のプラットフォームを載せて、マルチタスク環境も実現できるようになるようです。auの端末は、DoCoMoの端末と比べると、マルチタスク対応が遅れていたので、これで追いつくと共に、追い越しができるぐらい便利な端末が出てきそうな予感がしています。

これら、MSM7500の機能の恩恵にあずかった携帯が秋冬モデルでauから発売されそうなので、今から浮き足だってます。

auの偉い人も発言しているので、ほぼ間違いなく発売されるでしょう!。
第6回 KDDI 高橋誠氏──携帯の使い方を変えるGoogleとの連携 (2/2)(IT media)

そろそろ、プログラマをやってた頃の腕前を取り戻して、BREWアプリを書いて見ようかな。

2010年2月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            

アーカイブ

グリムス

なかのひと

ジオターゲティング


ジオターゲティング
OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 5.01

このアーカイブについて

このページには、2007年9月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2007年8月です。

次のアーカイブは2007年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Google Adsense実験