MacSEに感動させられました。

| コメント(0) | トラックバック(0)

Mac SE

最初の出会いは、自分が高校生の頃愛読していた
「Log in」(現、週刊アスキー)
での、海外事情紹介ページの小さいコマ記事。

5cm*3cmぐらいの小さな記事でしたが、USですごいPCが発売された!と記事になっていました。
値段は、80万円ぐらいで紹介されていた記憶があります。

自分が高校生の頃、日本のPCは、NECの寡占状態。PC9801,8801,6601と、ビジネスユースから、家庭用まで幅広くシリーズ展開していたNECにかなうメーカーはありませんでした。
とはいっても、NECのPCは、あくまでもDOSベース。

まだWindowsが登場する前ですから、もちろん画面はすべて「CUI」

DOSのコマンドを覚えなければいけないし、config.sysやautoexec.batの書き方を知らないとPCが使えないという時代。まだ普通の人には、とてもハードルの高いPCでした。

日本に住んで日本に生まれ生粋の日本人としては、この「CUI」文化が当たり前だっただけに、「GUI」で画面の処理ができるということに、最初は理解ができませんでした。

また、今でこそ当たり前の”マウス”という道具も、当時はあくまでも”オプション”、もしくは不要。
画面はあくまでもカーソルキーで操作するものでしたから、マウスオペレーションが普通、という、そのUS製のPCは、たった5cm*3cmぐらいの小さな記事でも、自分が与えられた衝撃は非常に大きかった記憶があります。

普通の記事であれば、流し見している程度でしょうから記憶になど残りませんが、この記事のことは、今でもページの構成すら覚えているぐらいですから、相当衝撃的だったのでしょう。

そんなMacSEの本物に出会ったのは、28歳の頃。

会社の整理をしていると、部屋の片隅に、

”チョコン”

と置かれて埃がかぶっている白い筐体を発見。

「なんだこれ?」

と思って、引き出してみると、それは、自分が高校生の頃恋焦がれた、MacSEだったのです。
まさか、会社のこんな片隅で彼に出会うとは想像すらしていなかったので、

”昔片思いだった人に、10年ぶりに会った”

という感じだったのも今も鮮明に覚えています。

さて、このMacSE。

会社の片隅にあったぐらいですから、既に使われていないもの。減価償却も終わっているとのことだったので、上司に許可をもらって、自宅にもらってきました。当時80万を超える金額のものが、”只”で手に入るということも、高校生の頃は考えもしなかったですね。

家に来たMacSE。

CPUは、モトローラの68000。
メモリはー、拡張済みで4メガバイト。日本語OSが載る最低限のスペック。
ハードディスクは記憶が無いのですが、20メガ程度だったと思います。
拡張用にSCSIカードが付いていたので(さすが会社で買っただけあって贅沢仕様)、CD-ROMを使うことができ、色々なソフトを入れることができました。

自宅の机の上。最も目立つ場所においてあげました。
OSが古かったので、漢字Talk7を入れてあげ、日本語環境を整備してあげると、そこそこ使い物になる感じ。

自宅の隅っこに眠っていた古い2400bpsのモデムを引き出して、Mac SEにつけてあげ、Niftyserveの専用PCとしてしばらくの間活躍してもらいました。
さすがにスピードが遅かったので、メインでは使えなかったですけどね。

そんなMacSEは、自分が仕事も忙しくなり、MacSEにかまっていられなくなりしばらく放置していたら、起動しなくなってしまったのです。色も、発売当時のクリーム色から、明らかに真黄色にし、そろそろ自分の末期をしめしているようでした。

引越しを期に、MacSEとはお別れをしましたが、これほどの”感動”を与えてくれたPCは、最初にも最後にもこれ一台です。

MacSEは、自分をコンピュータ業界に引きずりこんだ張本人かもしれません。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://moatbasket.com/mt5/mt-tb.cgi/140

コメントする

2010年2月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            

アーカイブ

グリムス

なかのひと

ジオターゲティング


ジオターゲティング
OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 5.01

このブログ記事について

このページは、ごめごめが2006年5月 1日 07:10に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「快晴」です。

次のブログ記事は「今日はダウン」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Google Adsense実験