OKI if800でコンピュータの基礎を学びました

| コメント(0) | トラックバック(0)

OKI if800

僕が高校で「電気班」という怪しい部活をしていたのは、前回のブログで書かせてもらいました。

その部活の部室にあった、最も古いコンピュータが

OKI if800

です。
多分、存在すらも知らない人が多いでしょう。

多分1980年ごろに発売されたコンピュータだと思います。今から数えれば26年前ですね。
其のPCのスペックを簡単に
 CPU Z80A
 クロックスピード 5MHz
 RAM 64KB
 解像度 640x400 / 640x200

筐体はこんな形でした。
#当時の部室に有ったのは、モノクロ機&8インチFDDでした。

当時の部室では、MZ80がゲーム専用機(って、部活でゲームやっているのも問題ですが・・)として大活躍。

このため、部屋の隅っこに追いやられたif800は、いつも空席&電源すら入れられず置き去りになっていました。

このため、BASICのプログラムのコードを書いてみたいときに、MZ80が空いていなければ、if800の電源をあげて仕方なく使うという使い方でした。if800はマイナー機種だったので、当時一世を風靡していたパソコン雑誌「マイコンベーシックマガジン(略してベーマガ)」にもif800用のベーシックソースは載っていなく、他のパソコン用のソースを自分で書き換えて色々なソースを作った記憶があります。

このif800というコンピュータ。

当時としては、画期的な
 CRT+フロッピードライブ(2ドライブ)+プリンタ
の一体型なのです。(写真見れば分かりますね)

CRTとフロッピーが同一筐体のPCは、過去にもありましたが、プリンターも一体型になっているPCは、if800が初めてではないでしょうか。プリンターも、今からは想像が付かないとおもいますが、16dot程度のドットインパクトプリンター。この程度の解像度のプリンターなので、文字がギザギザなのは、仕方のないこと。

学校にあったPCなので、いくらぐらいしたのかは想像も付きませんが、当時は相当高かったことが考えられます。プリンターも付いているということは、個人ユースでなく、明らかにビジネスユースをターゲットにしたPCとおもいます(当時ビジネスユースのニーズがどれだけあったのか、かなり疑問ですが・・)

当時は、

「なんでこんな古いコンピュータしかないの!![:悲しい:]」

とかなり不満ではありましたが、こういった個人では買えないコンピュータを使って基礎を学べたことが、自分がコンピュータに興味を持ち始め、コンピュータにのめり込んでいったのとつながっているのでしょう。

そういった意味では、「自分を鍛えてくれたコンピュータ」であるのは間違いありません。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://moatbasket.com/mt5/mt-tb.cgi/104

コメントする

2010年2月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            

アーカイブ

グリムス

なかのひと

ジオターゲティング


ジオターゲティング
OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 5.01

このブログ記事について

このページは、ごめごめが2006年4月18日 23:41に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「犬発見!」です。

次のブログ記事は「カレー」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Google Adsense実験