2006年4月アーカイブ

浦和・川口近辺の方の憩いの場。「県民健康福祉村」に行ってきました

”福祉村”という名前からは、想像できないですが、

・芝生広場(ボール可)
・プール、フィットネス
・サイクリングコース&遊歩道(一周二キロ!)
・テニスコート、野球場
・ローラースケート場
・フィールドアスレチック
などが整備されています。駐車場料金が”無料”なので、天気の良い日はよく使っていますので、今回紹介させてもらいます。

場所はここ。
県民健康福祉村

入り口と、メインのフィットネスやプールが入っている建物はこんな感じ。

今日は、子供用自転車を持参していたのでサイクリングをすることにしました。今まで始めての大行列。初めて30分も待ちました。いつもなら、すぐに乗れるんですけどね。
ちなみに、一人用自転車200円(大人用子供用一緒)。二人乗り自転車400円です。

息子お気に入りの”たんぽぽ”。何本も”フー”してました。

サイクリングコースはこんな感じ。道路をわたる部分が一箇所も無いので、子供でも安心して走らせられます。

大きな池と、大きな芝生広場もあります。

アスレチック広場と、ローラースケート場です。
アスレチックは珍しくないですが、ローラースケート場があるのは珍しいですよね。そんじょそこらの有料設備よりも、整備状況は良いと思います。

今日は、サイクリングだけ楽しんできました。
サイクリングコース3周ほど。久々の運動だったので、たった6キロのサイクリングでしたが、後半は息が切れました。年かな・・・

イオン浦和美園ショッピングセンターに再び行ってきました!
前回を見ていない方は、”こちら”にも来てください!

#5/13にも行ってきました。4/30の記事を見た後で、こちら見に来てくださいね。

なぜ行ったかって?。行くつもりはなく、公園でもいってゆっくりしようかなぁと思ってたのですが、我が息子の

「大きいマリオ良いのにぃ[:楽しい:]」「マリオ会いたいなぁ[:ときめき:]」

攻撃に負けました。[:悲しい:]

さて、グランドオープン(4月26日)を過ぎた初めての日曜日。
混んでいるかな?という予想は、どんぴしゃ。
前回とほぼ同じ時間に家を出たのですが、駐車場は、前回以上に遠い場所になっちゃいました・・・。

今回は、”遠いかな”と予想していたので、子供用自転車も持参していきました!。

入り口に入ると、ペットショップ。高い犬[:犬:]が居ると噂に聞いていたので、犬の値段をチェック!
写真では分かりにくいですが、なんと、”47万円のちわわ”が売ってました。中古車であれば十分買える値段ですね。

今日の目的、”マリオ”に会いに行ってきました。
12:00ジャストに、”くじ引き大会”をやっているようです。”オープニングフェア”の開催中だけのようです。
今日は、前回の反省を生かして、”くじ”をしっかりGET!。マリオには会えましたが、くじははずれ。残念[:悲しい:]

マリオファクトリーでひとしきり子供の世話をしたら、むちゃくちゃ疲れたので、いつものお気に入り”イオンラウンジ(PDF)”へ。
イオンラウンジは、イオンカード会員ロイヤルカスタマー、イオンオーナーズカード会員、及びイオンゴールドカード会員が入れる、”無料で飲み物・食べ物もらえて、雑誌を読んでゆったりできる”ラウンジです。
今日は、のどが渇いたので、りんごジュースを3杯もいただいちゃいました。

後は、お店の散策をして帰りました。

うちの奥さんをたくさん売ってるショップ”発見!!(左)
おしゃれな眼鏡屋さんが入ってました。今度買ってみようかな。(右)

歯医者さんと目医者さんも入っています。(左)
庶民の味方”ユニクロ”も入ってますよ!(右)

なんだかんだで4時間ほど、店の中をうろうろしてました。
疲れきって、帰ろうかと帰路に立つと、まだ道路は大渋滞。

皆さんお疲れ様です!。

4月30日の我が菜園

| コメント(0) | トラックバック(0)

二週間ぶりに我が菜園に行ってきました。
#先週は忙しくて、行けなかったんですよねぇ。。。

八頭と、里芋。

芽が出ているかな?と楽しみにしていたたのですが、出ていたのは”雑草の芽”だけでした[:悲しい:]。


惜しいぜPanasonicさん

| コメント(0) | トラックバック(0)

Let'sノートの夏モデルが一気にリリースされましたね。

水にも落下にも負けない「Let's note LIGHT」の新モデル
松下、Core Solo U1300搭載「Let'snote W5/T5/R5」・・T5は15時間駆動

正統派としての、成長をしました。
・一部の機種の筐体変更(ボンネット形状の変更)
・電池の持ち時間が延長(CPUの変更による電力コントロール性能向上)
・一部の機種は、キーボードに水をこぼしてもOK。

これだけ見ると、欲しい!と思えるほどの成長がしていないのですよね・・。
確かに、強度が増して、電池も持つようになるというのはモバイル機器としては、正しい方向性なんでしょうが、”味”が無いなぁと。

個人的に欲しいのは、
・R5の縦幅でT5の横幅で、重量は1キロ以内
というLet's noteが欲しいです。

というのも、今後、Windows VISTAが出てくると、サイドバーを使うのが当たり前になります。サイドバーを使うということは、今の3:4の画面比では横幅が足りなくなることは誰でもわかることと思います。

VISTAは来年出てくるといわれていますから、今慌てて買っても今年一年経った後に、9:16の画面比のPCが現れたらすぐに欲しくなることでしょう。

現に、SONYや富士通はノートも横幅にワイドのものを主流にしていますので、Let's noteは若干出遅れているのではないでしょうか。

「R5の縦幅でT5の横幅で、重量は1キロ以内」のLet's noteが発売されたら、すぐに買いますよ!>松下様

TK80

このコンピュータは、今で言う「パソコン」のレベルには到底到達していなく、”マイコン”(マイクロコンピューター)と呼ばれていました。
#パソコンという呼び名が出たのは、PC8001が出た頃からでしょうか。詳しい方教えてください!

CPUは、Z80互換、メモリーは1kbyte。

自分が過去に触ったことのあるコンピュータの中で最もロースペックの”コンピュータ”です。

”コンパイラ”という便利な物が登場するまでの間、コンピュータに処理を”してもらう”ためには、人間がコンピュータが分かる”言葉”を話さなければいけませんでした。

コンピュータが分かる言葉は、その名の通り”マシン語”。
マシン語を人間がわかるようにしたものが、”アセンブリ言語”。

アセンブリ言語は、アセンブラによって16進数のマシン語に変換されるますが、当時は、”人間アセンブラ”になって、マシン語でプログラミングできる人も多く存在しました。
自分も、そのままプログラミングはできませんでしたが、Z80のニーモニックは暗記していました。

もちろん、TK80は、”コンパイラ”などは実装していませんから、人間が”ハンドアセンブル”をして、ダイレクトに”マシン語”を入力していく必要がありました。TK80パンフレットの右下にある16進キーボードから、
メモリー中のアドレス指定をしながらダイレクトに機械語を入れてくのです。

このコンピュータ。
表示装置は、8セグメントLEDの8桁の表示装置しか出力装置のみ。

テレビなどもちろん接続はできず、この小さな出力装置に、色々な線を出したりして、簡単な数当てゲームや、LEDアート(蛇のようにLEDを表示させるとか)を作っていました。

TK80を使いこなして色々工夫をして色々なソフトウェアを作った経験が有ってよかったなぁと思うのは、コンピュータがどのような動きをしているかを”理解”できる力を持てたこと。

アセンブラを知っているということは、コンピュータが理解できる”言葉”を知っているということ。コンピュータのメモリー空間の使い方から、どのように処理を行い画面にはどのように表示を行っているかを、”肌”で分かることができたことです。

JavaやVisualBasicからコンピュータの世界に入った人は、実際どのようにコンピュータが動いているかが分かっていない人が多いと思いますが、この時代からコンピュータの世界に入った人たちは、ココが分かっていることが、”今の人”との大きな違いだとおもいます。

これが分かっているか分かっていないかは、今システム開発をするにも、ディテールまで意識した設計ができるか、適当な設計になったシステムになってしまうか、という部分で差が出てくるのではないかなぁと思っています。

当時のたった、”1kbye"のメモリー空間が、”無限”に感じられた時代を懐かしく思います。

ムーンライトながら

| コメント(0) | トラックバック(0)


学生の頃、お金がないので、東海道方面の往復に、この快速を良く使わせて頂きました。

ボックス席の二人掛けのシートに体を沈めて、無理やり寝ていたのを思い出しました。

僕の友人が東京駅からこれに乗り、泥酔のため熟睡してしまい、起きたら「浜松」だったという武勇伝を持ってたりします。
朝会社に
「今、浜松なだよぉ・・。どうしたらいい?」
って電話が掛かってきて大騒ぎ。
結局、奴は新幹線で浜松から”出勤”しましたとさ。

追記:
後でよく調べたら、自分が学生の頃に乗っていたのは、”ムーンライトながら”ではなく、只の普通電車でした。”ムーンライトながら”の設備のほうが、当時の普通電車よりも圧倒的に良いですね。


誰だぁ・・

| コメント(0) | トラックバック(0)


こんな所に、一円玉突っ込んだの!!



最近、「クーリッシュ」にはまってます。

多分、人生いままで生きてきて一番旨い!!と思うラクトアイスです。
ほぼ、毎晩食べてます。

こんなにはまってるの自分だけかな?と思っていたら、ほかにも多くの人がはまっているようです。
ヒット商品の舞台裏・「飲むアイス」というコンセプトが消費者の共感を呼んだアイス「クーリッシュ」(fresh eye)


先輩によくつれてきてもらう店、

イタリアンの「イ・ラティーニ

に、久しぶり(半年振り?)に行ってきました。

お店の場所はここ。
イ ラティーニ

このお店。入り口からしゃれています。

お店の入り口だけでなく、店に一歩は居ればそこは別世界。
こじゃれた雑誌に載っていそうな雰囲気バリバリです。中庭があり、今日は中庭横の席を用意してもらいました。

この店に来たら必ず注文しなければいけないのが、

「カルボナーラ」

この店に来るまで、おいしいカルボナーラに出会ったことがなかったのですが、ここで食べたら、

「カルボナーラって、こんなにおいしいんだ・・[:びっくり:]」

とびっくりし、それ以来毎回注文しています。
もちろん、今日のカルボナーラも最高でした。
カルボナーラを、ちょっとさっぱりさせるために、サラダはミモザサラダをオーダーしました。これも、ドレッシングが適度な味でおいしかったです。

京都に来たときには、和食もよいですが、イタリアンもお勧めですよぉ・・



と思っていたら、具合が悪かったみたい・・・[:悲しい:]

早く風邪治って、公園であそびたいなぁ、と思っている図


痛い・・・・・・

| コメント(0) | トラックバック(0)

幼稚園でころんじゃったのぉ・・・・。[:悲しい:]

右ほっぺと、ひざをすりむいちゃったのぉ・・・・。[:悲しい:]

痛いのぉぉ・・・・。[:悲しい:]

今晩は、ゆであげ生パスタの店:モルト・ヴォーノに行ってきました

このお店のウリは
・モチモチ感タップリの茹で上げ生パスタ
・1280円で75分食べ放題!(デザート付いても、1600円)
です。

場所は、京都五条警察のそばのここ。
茹で上げ生パスタのモルト・ヴォーノ

お店は地下なので、若干入り口が分かりにくいです。
お店のこの看板を目安に。

夜に行くなら間違いなく、”食べ放題”がお勧めです。
サラダ、スープ、ドリンク、バケットが付いて、数十種類のパスタ・ピザ・グラタンを食べ放題!。一人二品毎のオーダーです。季節によって、具が変わるので、飽きずに通えます。閉店23:30ラストオーダー23:00なので、京都でちょっと遅めの夕食を食べないといけないときも大丈夫!。
ただ、炭水化物を大量摂取するので、”でぶ街道”まっしぐらになる可能性がありますね。

味は、さすが”生めん”を売りにしているだけあって、パスタは麺がモチモチでとてもおいしい。ピザもクリスピータイプのカリカリピザですが、ちょうど良い焼き加減でとてもおいしいです。

メニューはこちら。

その中のメニューのひとつ「九条ネギのピザ」

左が「なすのグラタン」。右が「バジリコのグラタン」

今日は、
・パスタ2皿(九条ネギパスタ、菜の花パスタ)
・ピザ1皿(九条ネギピザ)
・グラタン(バジリコのグラタン)
の3つを食べました。どれもおいしかったで・・す。[:楽しい:]

あっ、それ”ポン”

| コメント(0) | トラックバック(0)

なぜか、今日はじゃんけんに負けて、”ポン”を作る羽目になりました。

次回は、四暗刻目指します!。


なか卯

| コメント(0) | トラックバック(0)


今日の夕食は、なか卯でうどん。

ふと壁を見ると、生産地の情報が掲載されていました。

一見顧客の安心感を得るためには良いことかなと思いましたが、何か中途半端感が。

そう。産地=安全の指標にはならないのです。国内だからとか、この県だからとかで安全かどうかなど判断できるわけがありませんよね。

本当に顧客視点に立った情報開示とはなにか、考えた方が良いんじゃないでしょうか>なか卯様

体調不良

| コメント(0) | トラックバック(0)


今日は体調不良。

風邪と思われる・・

ということで今日は更新出来ません・・

浦和東部地域、川口地域、中でも特に「浦和美園」地域にお住まいの方々が待望していた、

イオン浦和美園ショッピングセンター

・ 名称 : イオン浦和美園ショッピングセンター ・ 核店舗名 : ジャスコ浦和美園店 ・ 所在地 : 〒336-8760 埼玉県さいたま市緑区大門3710 ・ 電話 : SC代表 048-812-6511(4月10日(月)以降)   ジャスコ代表 048-812-6464(4月10日(月)以降) ・ 開店日 : 2006年4月26日(水)午前9時グランドオープン ・ 営業時間 : ジャスコ 午前 9時・・午後11時   モール専門店街 午前 9時・・午後11時   レストラン街 午前10時・・午後11時   ワーナー・マイカル・シネマズ 午前10時・・午後12時
が、プレオープンだったので、早速行ってきました。 (グランドオープンは、2006年4月26日(水)午前9時) 東川口駅方面から新しく延長されたできたケヤキ通りを、サッカー場方面にちょっと走ると、ジャスコの看板がすぐに見えてきます。

感想は一言、

でかい!!

です。

・商業施設面積87,223m2(AEON最大のモール型SC) ・170の専門店 ・全長280mのモールは、主通路幅8.5m、天井高5m ・シネコン・フィットネスクラブなども入っている。
と、今までいくつかのモール型の店舗に入ってみましたが規模がまったく違います。浦和近辺にも戸田や、ダイヤモンドシティ、グリーンセンター店などたくさんのイオンがありますが、大きさ・専門店数等群を抜いています。

プレオープンだったので、そんなに混んでいないかなぁ、と思って出かけましたが甘かった・・・。臨時駐車場がたくさん出来ていたのでが、やっと止められた臨時駐車場からは、遥か彼方・・・。

店舗のそばに来ると、余計に大きさに圧倒されます。
店舗の前は、巨大駐車場になっていますが、今日はプレオープンということもあって、大渋滞。駐車場の係員の方も案内が慣れていない感じだったので、車が右往左往していました。
#駐車場の端に、ガソリンスタンドが出来ていました。レギュラー120円・ハイオク130円・洗車200円と、コレもイオンプライスでした。
 

中に入ると、更に大きさに圧倒。中は3階建て。通路は吹き抜けになっていて、更に天井も高いのでゆったり気持ちよいです。また、床がすべてカーペット敷きになっていますので、歩いていても歩きやすいですヨ。

今日は、初めてなので、SCの1F・・3Fの端から端まで全部歩いてみましたが、歩いてみて大きさを実感できました。

端から端まで300m弱なので、うろうろしながら歩くだけで、

300m*3F*1.5(うろうろ分係数)=約1500m[:!:]

これだけ歩けば疲れるはずです。
#駐車場からの距離も入れれば、3000mぐらい歩いたのかもしれません。
 

色々な店舗が入っていますが、家電ショップはジョーシン、CDショップはHMVが入っています。
 

このSCのウリでもある、シネコン(ワーナー・マイカル・シネマズ )は、3Fにあります。
11個ほどのスクリーンがあるようです。今まで映画を見るためには、ちょっと足を伸ばして新都心のコクーンまで行かないといけませんでしたが、これからはかなり近いところで見ることが出来そうです。託児所が無かったと思うので、これがちょっと残念ですが・・・

今日は、普段子供と遊べないので、”子供と遊ぶ”をテーマで、一日イオン散策をしてきました。
イオン浦和美園には「マリオファクトリー」という、ショッピングモールにありがちな「ゲームセンター」があるのですが、ここのは、普通のとは規模が違いました。
※マリオファクトリーは、任天堂の経営のようです。
 ・任天堂がエンターテインメント施設の全国展開を計画中? (N-Styles)
 ・任天堂、新感覚テーマパーク「マリオファクトリー」を全国で展開 (Nintendo iNSIDE)

・家族連れで遊べる遊具がたくさん(エアーホッケーとか体使う系ゲーム) ・ショーが見られる(今日は、マリオが来ていましたよ。後、タップダンスとか、ダンスショーも見れました。 ・ショーは、食事をしながら見られます。(マリオファクトリー内に、中華麺(坦坦麺)屋とかクレープ屋があります) ・巨大なボールプール付きの、大型遊具があります。 ・レースゲームなどの、普通のゲーム機もたくさん。メダルゲーム機も多いです。
と、一日この中で遊んでも良い規模(お金がモタナイかもしれませんが・・・)

今日は、マリオのショーと、ダンスグループのショーを見ました。
写真は、アイドル?っぽい服装の写真ですが、本格的なタップダンスや、動きの激しいダンスも見られるので、子供だけでなく大人も十分楽しめます!。
#司会をしていた女の子の、激かわいい!。
 

我が家の息子殿は、ボールプールに熱中[:!:]
ボールプールと、その周辺の遊具の規模も、浦和近郊ナンバーワンだとおもいます。
「そろそろ帰ろうか?」と、我が息子に聞いたら逃亡されてしまい、巨大ジャングルジム?の中を、追いかける羽目になりました・・・。自分の子供の頃にはこんなに”楽しい!”ものは無かったので、今の子供がちょっとうらやましかったりしましたヨ。
 

ということで、3時間ほどうろうろしたのですが、マリオファクトリーぐらいしかゆっくり見られませんでした。ココしばらくは、イオン浦和美園店散策が自分の趣味になりそうです。

近所の人!。ココに行かないのは損ですよ!。是非行ってみてください。

P.S.
4月30日にも、混雑に懲りず行ってきました。
再!イオン浦和美園ショッピングセンターに行ってきました!”にも来てくださいね・・。

P.S.2
5月13日にも雨の中行ってきました。
再々!イオン浦和美園ショッピングセンターに行ってきました!”にも来てくださいね・・。

首都高

| コメント(0) | トラックバック(0)

首都高を失踪、じゃなくて疾走!気分最高!!

皆さん、初めて買ったハードディスクって、どのぐらいのサイズでした?

先日、同僚とそんな話になりました。

今のパソコンは、ハードディスクが内蔵されていますが、私がハードディスクを始めて買った頃(約15年前)は、ハードディスクは超高価なオプションでした。

ちなみに自分が買った始めてのハードディスクは、

40メガバイト[:びっくり:]

ギガじゃないですよ。メガです。
当時、その40メガバイトのハードディスクが

7万円[:びっくり:]

したのを今でもはっきり覚えています。当時、自分のメインPCは、PC9801ESという機種で、それに接続できる数少ないサードパーティのハードディスクの中から最も安い(といっても7万円)を、雑誌をくまなく探して八王子に有ったPCショップで買いました。

今はUSBとかSCSIという規格が主流ですが、当時のPC9801は特殊アーキテクチャでしたから、SASIという規格の接続が必要で、これが設定がメンドクサイ。何度も思考錯誤をしてやっと接続できたときの感動は今でもはっきり覚えています。

それまで、PCはフロッピーで使うものでしたから、ソフトの切り替えは、フロッピーの出し入れが必要でした。これが、ハードディスクを導入すると、出し入れが不要になり、DOSのコマンドから自由にアプリを立ち上げられるようになったのは、本当に感動でした。

そんな貴重な思い出がたくさん詰まっているハードディスクは、捨てることが出来ずに、まだ実家の自分の部屋のPCデスクに、旧愛機PC9801ESと一緒に鎮座しております。

そんなことを書いてあるコラムを見つけました。
自分の物欲師匠である、スタパ斉藤氏のコラム

初めてのハードディスク・ドライブ

コンピュータ歴が長い人は、誰も同じ経験をしているのですね。

NHKに期待します。

| コメント(0) | トラックバック(0)

NHK受信料義務化、罰則導入は見送りへ (産経)
NHK受信料不払いへの罰則、見送りで合意…放送懇(読売)
NHK受信料支払い義務化見送り(日刊スポーツ)

竹中平蔵総務相の私的研究会「通信・放送の在り方に関する懇談会」で、NHKの受信料義務化・罰則導入が見送られたようです。

先日、フジテレビめざましテレビの大塚アナウンサー(元NHK)がおっしゃっていたことを聞いて、「あぁ、日本って変わったんだなぁ」と思いました。

というのも、当時のNHKでは、「受信料は視聴者の良心に任せ、ある程度のとりっぱぐれは仕方ないこと」というコンセンサスがあったようです。

当時はおおらかな時代だったのですよね。

そんな時代は過ぎ、NHKの力を借りずにたくさんの”情報”に接することができる時代がきてしまったため、NHKに「恩恵を感じなくなってきているから」不払いが増えたのではないでしょうか。

情報が殆どない、正確な情報がなかなか伝わらない、という時代が過ぎ、インターネットだけでなく、様々なメディアによって”情報”を得られる時代では、NHKの必要性も変わってくるはず。この”変わっている”ということを認識しているのかしないのか知りませんが、

”組織維持””制度維持”

が先にありきで議論がなされているようで、なんだか本質的な議論が聞こえてこないなぁと思っています。

時代にあわせた国営放送が求められていることを、改めて考えてみる、その上で受信料のあり方も考えてみる、というのが今NHKに求められている施策ではないでしょうか。



今日のお昼は、横浜ランドマークタワーの マンジャマンジャ
で高級ハンバーガーを食べました。

このハンバーガー。

普通は、「ハンバーグ」が挟んであるのがハンバーガーですが、なんと”ローストビーフ”がタップリ挟んであります。

このローストビーフが絶品!。あまりローストビーフ好き派ではなかったのですが、コレを食べてローストビーフを見直しました。
また付け合せのジャガイモも、味付け・ホクホク感が最高でした。

値段が1,200円とちょっと高めなのがなんですが、月に一度の贅沢としては良いとおもいます。ランドマークにいらっしゃった際には、是非!


朝から

| コメント(0) | トラックバック(0)


朝から焼き鳥を食べている人が居ます。誰とは言いませんが、一日中もぐもぐしている某氏です。コレだけ食べて、あの体系をキープしているのは、ある意味奇跡[:!?:]ですね


【京都】抹茶フロート

| コメント(0) | トラックバック(0)


京都駅八条口新幹線改札東側すぐの、「宇治茶の祇園辻利」にて抹茶フロートを調達。

なんか無性に甘い物が食べたかったんです・・。氷が入っているので最後まで楽しみにくいのですが、ちょっと変わった甘味がほしいときにはお勧めです!。


富士山

| コメント(0) | トラックバック(0)


今日は天気最高!なので、富士山も最高!であります。

京都の五行に登場

深夜まで仕事をした締めは、やっぱりラーメンですよね。

京都四条柳の番場のスタバを上がったところに、「五行」というラーメン屋さんがあります。一風堂を経営している会社が、一風堂とは違ったコンセプトでラーメンを提供しているお店です。

このお店の売りは、

焦がしラーメン(味噌・醤油)

メニューの通り、味噌ラーメンだと、味噌を焦がしたラーメンが出てきます。この味が絶妙。焦げた味って、まずそうに見えますが、おこげの付いた御飯が旨いのといっしょで、適度なこげ具合(う・・む。旨く表現できない)。

食べた瞬間に「旨い!」と思えるラーメン。

ただ、食べた瞬間に「旨い」と思うラーメンって、最後まで食べられないラーメンが多い(味が濃くて)ですが、ココのラーメンは最後まで旨く食べられるので、味の濃さなどが絶妙なんでしょう。

また、ラーメンだけでなく、コンセプトは「飲み屋」さんなので、ちょっと小じゃれた居酒屋と同じメニューはそろっていますし、お店の雰囲気も小じゃれた居酒屋という感じ。
ラーメンだけじゃ物足りない、とか、飲んだら必ずラーメンという人にとっては一石二鳥のお店です。

この店は、東京にもあるようなので、関東の方も京都の方も是非いってみてください。お勧めです![:楽しい:]

カレー

| コメント(0) | トラックバック(0)


今日はスープカレー。

OKI if800

僕が高校で「電気班」という怪しい部活をしていたのは、前回のブログで書かせてもらいました。

その部活の部室にあった、最も古いコンピュータが

OKI if800

です。
多分、存在すらも知らない人が多いでしょう。

多分1980年ごろに発売されたコンピュータだと思います。今から数えれば26年前ですね。
其のPCのスペックを簡単に
 CPU Z80A
 クロックスピード 5MHz
 RAM 64KB
 解像度 640x400 / 640x200

筐体はこんな形でした。
#当時の部室に有ったのは、モノクロ機&8インチFDDでした。

当時の部室では、MZ80がゲーム専用機(って、部活でゲームやっているのも問題ですが・・)として大活躍。

このため、部屋の隅っこに追いやられたif800は、いつも空席&電源すら入れられず置き去りになっていました。

このため、BASICのプログラムのコードを書いてみたいときに、MZ80が空いていなければ、if800の電源をあげて仕方なく使うという使い方でした。if800はマイナー機種だったので、当時一世を風靡していたパソコン雑誌「マイコンベーシックマガジン(略してベーマガ)」にもif800用のベーシックソースは載っていなく、他のパソコン用のソースを自分で書き換えて色々なソースを作った記憶があります。

このif800というコンピュータ。

当時としては、画期的な
 CRT+フロッピードライブ(2ドライブ)+プリンタ
の一体型なのです。(写真見れば分かりますね)

CRTとフロッピーが同一筐体のPCは、過去にもありましたが、プリンターも一体型になっているPCは、if800が初めてではないでしょうか。プリンターも、今からは想像が付かないとおもいますが、16dot程度のドットインパクトプリンター。この程度の解像度のプリンターなので、文字がギザギザなのは、仕方のないこと。

学校にあったPCなので、いくらぐらいしたのかは想像も付きませんが、当時は相当高かったことが考えられます。プリンターも付いているということは、個人ユースでなく、明らかにビジネスユースをターゲットにしたPCとおもいます(当時ビジネスユースのニーズがどれだけあったのか、かなり疑問ですが・・)

当時は、

「なんでこんな古いコンピュータしかないの!![:悲しい:]」

とかなり不満ではありましたが、こういった個人では買えないコンピュータを使って基礎を学べたことが、自分がコンピュータに興味を持ち始め、コンピュータにのめり込んでいったのとつながっているのでしょう。

そういった意味では、「自分を鍛えてくれたコンピュータ」であるのは間違いありません。

犬発見!

| コメント(0) | トラックバック(0)


ワンワン!

って、何処にある犬でしょう。
分かった人、コメント下さい

朝焼け

| コメント(0) | トラックバック(0)


今朝は朝焼けがとてもきれいです。気温は、ちょっと肌寒い感じ。

気持ちが引き締まります。

勝手に評価:[:星:][:星:][:星:][:星:](最高[:星:]五つ)

農民生活をやって、汗っぽくなったので、ちょっと足を伸ばして春日部まで日帰り温泉に入りに行ってきました。

今日行った日帰り温泉は、

春日部温泉湯楽の里(オフィシャルHP)

なぜ、春日部まで足を伸ばしたのか、というと、以前から結構泉質が良い温泉が春日部にできたと噂では聞いていたものの、中々いくこととができなかったからです。

そこで、東浦和から20キロ程度ありますが、急ぎ足で行ってみました。

建物の雰囲気は、できてからまだそれ程時間もたっていないのか、とても清潔でよいです。また受付などの対応も良かったです。

1Fフロアは、食堂とマッサージ。浴槽は2Fです。時間が無かったので、すぐに2Fに駆け上がり温泉へ。

内湯は、ゲルマニウム鉱泉湯と、ジェットバス。よくスーパー銭湯にある設備。もちろんサウナもあります(子連れだったので、サウナに入れなかったのが残念)

外湯が、期待していた”源泉かけ流し”の温泉です。お湯の色は、茶褐色。
入った感じ、東鷺宮の百観音温泉にかなり近い感じ。昔海だった地層の温泉をくみ上げているのか、温泉がかなりしょっぱいです。体に効く感じ。

ちなみに、成分は
 泉質 ナトリウム塩化物温泉
 泉温 42.5度 PH7.5

です。さすがしょっぱいだけあって、”塩化物温泉”です。源泉温度が42.5度なので、殆ど加熱が不要みたいです。

源泉そのままのお風呂と、ちょっと加熱させたお風呂、あと五右衛門風呂風の浴槽が3つほどあります。子連れには、五右衛門風呂風の家族だけで入れるお風呂が良いですね。これもかけ流しなので、温泉気分を味わえます。

残念だったのは、とても混雑していたこと。ここ数回日帰り温泉に行った中で最も混雑していました。混雑しているということは人気がある、ということなので、皆良い温泉と思っているんだとおもいますが、あまりに混雑していてこんなに多いんだったら入場制限をしたほうが良いのでは?と思ったぐらい。

とはいっても、日帰り温泉としては、とても良い場所だとおもいます。

お勧めです!。

一つ前のブログで紹介した

見沼グリーンファーム

で、今年も作物を作る準備を始めました。本当は今日は出来なさそうだったんですが、ちょっとまとまった時間が取れたので、急遽作業をすることにしました。

自分が借りた土地はコレ。

50平米です。マンションで50平米といえばそこそこの広さですが、これを年間15,000円(月1,200円ちょっと)で借りられるというのは激安だと思います。

まずは、土つくりから。何を始めるにしても、基礎が重要です。

まずは、土を酸性からアルカリ性にするために、石灰を撒きます。普通の石灰は、撒いた後一週間程度寝かす時間が必要ですが、焦土石灰だとすぐに作物を植えても影響が少ないようなので、焦土石灰をチョイス。

本来は、石灰撒いた後しばらく時間をおく必要がありますが、なかなか農民生活に時間を割けない状況ということもあるので、今回はちょっと短縮。有機野菜を作りたいので、牛糞を撒きました。

牛糞を撒いたら、今度はウネ作り。除草の手間を減らすためと、土壌の温度を高めに保つために、マルチをかけるので、その下準備をしました。

ウネができたら、次はマルチ張りです。通常、ホームセンターで売っているマルチは”黒”のが殆どですが、我が家は”白”。ちょっとした裏ルート?を持っているので、そこから”白”いマルチをもらってきました。
黒いマルチは、温度が高くなりがち(太陽の熱を吸収しやすいので)ですが、白は反射して熱が高くなりにくいのです。

夫婦二人三脚でうまく張ることができました。これって、結構テクニックが必要なんですよ。(軽く自慢[:イヒヒ:])

マルチが張れたので、いよいよ植え付けです。種から植える種類のものは、今日は水をあげられないので無理なので、今日は種芋から植えられるものを選択。今の時期の日曜日は、農園で種芋を売っているので、そこで八頭と里芋を買いました。係りの人に植え方を聞いて、先ほど作ったウネに植えてみました。

左の青い袋が八頭。右の白い袋が里芋です。

ここまで2時間弱。一気に作業ができたので、思っていた以上に短時間でできました。秋の収穫が楽しみです。

今後、この”ごめごめ農園”の進み具合を、このブログで報告していきます!。

[:next:]番外編[:back:]

我が家の息子殿も、しっかりと手伝いをしてくれました。[:楽しい:]
軍手の色が違うのは、愛嬌。


東浦和から近い見沼田んぼエリアに、

見沼グリーンファーム

という市民農園があります。
50平米で年15,000円。市民農園では珍しく、水道やトイレまで整備されています。

場所は、ここ。

見沼グリーンファーム

農園の風景は、ここ。

なぜココを借りたかというと、

「野菜がどう出来ているかを知らない子供にしたくないから」

です。最近は野菜はスーパーで買ってくるのが当たり前なので、どうやって作っているかを知らない子供って案外多いと思うのです。少なくとも自分ちの子供はそうしたくないなぁ、とおもって今まで借り続けてます。

東浦和近辺に住んでいる方で、ちょっと農民気分を味わってみたい方。
今日、現地で係りの人に聞いたところ、まだ余っている区画があるようなので、申し込みに行ってみてはいかがでしょうか。

普段とちょっと違った気分になれるので、お勧めですよ。

ブログが流行始めたのころ、ご他聞に漏れず自分もブログをこっそりやっていました。

ただ、当時は肩に力が入りすぎていすぎて、継続することが出来ませんでした。

そもそも、ブログは自分の日記、自分史をまとめているのだから、何でも良いので書いてみればよい、と肩の力を抜いて考えられるようになりました。

そんな考えを導いてくれた本がコレ。

ブログ道
ブログ道
久米 信行

この本を読んで、肩の力がスッと抜け、「ブログ再開してみようかな」と素直に思えるようになったのです。

それ以来、いろんな記事をブログにUPしてきて、ついに

100件目

の日記UPに到達しました。

自分で書いているだけだと到達しなかったマイルストーンだと思います。毎日のアクセスログを見ていると、そこから反応が見え、やる気になるんですよね。

次の目標は、1000日記です。肩の力を抜いて、継続させていきたいとおもいますので、良ければ今後も、”ごめごめ日記”をよろしくです。

ガス炊飯器最高!

| コメント(0) | トラックバック(0)

先日のブログで書かせていただいたガス炊飯器

今日は、いよいよこれでお米を炊いてみました。

炊飯器を買ったものの、ゴムホースやコネクタが無かったので近所の島忠にいって調達。

炊飯器の電池をいれて、お米を研いで(といっても自分でじゃないけど)、スイッチをカチャ。電気と違うので、火が付くまでじっと確認していないといけません。

約20分後。スイッチが「カチャ」っと戻り炊き上がり。電気から比べると圧倒的に炊き上がりの時間が早いです。15分蒸らせとマニュアルに書いてあったので、そのまま蒸らし[:壁掛時計:]。

さぁいよいよ蓋をあける瞬間。

お米が立ってます!。ちょっとすくって食べてみたところ、

旨い・・・・[:びっくり:]

うまい表現ができませんが、モチモチ加減やお米の味(甘さや深み)が明らかに電気炊飯器と違います。気のせいかな?とも思なくもないですが、旨いものは旨い。

やっぱりガス炊飯器よいです。ガス設備がある方、お勧めです!

一部で流行している成分分析をやってみました。

僕が使ってみたのはココのサイト。

成分分析 on WEB

解析結果(xxxは自分の名前。まだ内緒)
 xxxの68%は華麗さで出来ています
 xxxの17%は言葉で出来ています
 xxxの9%は理論で出来ています
 xxxの5%はお菓子で出来ています
 xxxの1%は気の迷いで出来ています

68%が華麗さでできているって・・・。

ちなみに、辞書で「華麗」を調べると、

かれい くわ― 0 【華麗】

(名・形動)[文]ナリ
はなやかで美しい・こと(さま)。
「―な転身」「―に舞う」
[派生] ――さ(名)

とのこと。

「はなやか」で「美しく」は無いなぁ・・・。[:見る:]
そのほかの4つは当っている感じ。[:びっくり:]

我が家の和室は、子供用のプラレール広場になっています。

いつもこんな感じ。今日はコレでも、線路の全長が短いぐらい。

今日並んでいるプラレールは、手前から、
・特急あさま
・貨物車両
・500系新幹線
・貨物電車(金太郎)
・佐川急便レールカーゴ
の5種類です。傾向としては、かっこいい電車と貨物電車(働く電車)が好きみたい。

ただ、ゲームにハマる子供よりは、プラレールでレールを作って喜んでいる子供のほうが良いですね[:楽しい:]。

プラレールの良いところは、「自分で創造する」こと。3歳の頃はレールを自分で作れませんでしたが、最近はかなり難しい組み合わせのレールを組み立てます。

想像力を養うにはもってこいの教材かもしれません。

現在発売中の「東洋経済4月15日号」の特集記事

「駅力」で決まるマンション選び

マンションを昨年買った身としては、こういう記事は気になります。
私が住んでいるのは「東浦和」。
#ブログのタイトルコメント見れば分かりますね。

東浦和」は、かなりマイナーなので、こういう雑誌に「住みやすい駅ランキング」とか出てもいつもこの駅のことは掲載されません。今回も、ご他聞にもれず掲載されていません・・・

武蔵野沿線(関東ローカルですみません)は、東所沢・東川口・船橋法典の3つの駅の☆取表が載っていました。

東浦和」の横の東川口のランキングが

[:星:][:星:][:星:][:星:]

の最高ランク[:!:][:!:]。

確かに、東川口は地下鉄(南北線)もできたし、最近イオンショッピングモールを中心にしたエリアの再開発が活発なので、[:星:]四つの最高ランキングも理解できます。個人的には東川口が[:星:]四つなら、東浦和も引けを取らないと思っています。
#負けんぜよ!東川口!。って、何を争っているやら・・・

では、東浦和の良いところをご紹介させてもらいます。コレを読んで東浦和に住みたくなっても知りませんよ!

[:きのこグリーン:][:きのこブルー:]良いところ[:きのこグリーン:][:きのこブルー:]

公園が多い。(第八公園や、井沼方公園のように大きな公園が駅のそばにある。ごみ焼却場のソバには、大崎公園があります。無料の動物園などがありますよ。また、ちょっと足を伸ばせば県民健康福祉村や、グリーンセンターなども車ですぐ。って、これは東浦和ではないですね)
道路が整備されている。(再開発エリアなので、道路整備状況がかなり良いです。歩道も広いので子供にも安心です)
小学校が良い。(駅からちょっと離れたところにある向小学校は、さいたま市のモデル小学校とのこと)
とにかく静か。(これは、都会化と逆のベクトルですが、とにかく静か。新しい町なので商店街のようなものもなく、道路の渋滞も少ないです。夜も駅からの幹線道路沿いでもそれ程五月蝿くありません)
バスの本数が多い。(東浦和・・浦和までのバスが10分に1本ぐらいあります。バス経路の途中に済んでいるので、東浦和に行くにも浦和に行くのも便利)
バスが100円。(国際興業の計らい?!なのか、駅から100円区間があります。我が家は其のエリア)
バスが遅くまである。(南浦和発の深夜バスがあるので安心。赤羽からのバスは、埼京線赤羽行き最終に連結しているので、カプセルに泊まらなければいけない事態にはなりにくいです)
高速道路のアクセスが良い。(外環川口西インターからすぐ。東北自動車道浦和インターもすぐ。外環したを西にちょっと走れば、首都高のアクセスもあります)
駅前自転車置き場が充実。(駅前の駐輪場問題は殆どありません。歩道においてある自転車も、他のエリアに比べたらすごく少ないです。自転車の監視のおじさんの数が多いからかもしれません)
図書館が立派。(プラザイーストにある図書館がかなり立派。蔵書数も多いですし、社会人席があるので、資格の勉強をするときなどはもってこい)
公共施設が新しい。(新しい町なのと、さいたま市が政令指定都市になったことを受け、区役所・警察などができたてのほやほや。)
先日のブログに書いたとおり、”桜並木”は最高。多分、日本一?!。これだけの長距離の桜並木は中々ないとおもいます。
桜並木の道が川沿い=平坦なので、サイクリングに最高。(今の時期はサイクリングをしたくなりますから、なおのことうれしい。)

う・・ん。書けば書くほど、いい地域だなぁと思う次第。

良いところばかりでなく、悪いところも。

[:きのこオレンジ:][:きのこレッド:]悪いところ[:きのこオレンジ:][:きのこレッド:]

最近治安が悪くなってきたとの話がある。(知り合いで車を盗まれたとか、駅前ロータリーでの強奪などの話がある)
都心に通うには乗り換えが必要。(武蔵野線は東京・・府中を結んでいる外環線なので、都心に行くためには都心に向かっている電車に乗り換えが必要。)
終電が早い。(これはかなり痛いのですが、南浦和発が0:12。1:00ぐらいの電車があればうれしいです。バスは遅いのがありますが、待ち時間が微妙)
タクシーが少ない。(雨が降ったときなどはタクシーを使うことがありますが、待ち時間が長いです)

悪いところはこんなところかな。悪いところを考えるほうが時間が掛かったぐらい。

実は、東浦和に住み始めたのは、不動産屋さんの

「東浦和は住み易いよ・・[:楽しい:]」

という提案でした。当時、埼玉に引越しを考えていた私は、乗り換えなどを考えて武蔵浦和の物件を探していたのです。
しかし、武蔵浦和で3DKのマンションを借りると、12万ぐらい[:びっくり:]。そこに駐車場を足して13万・・14万。こんなに高いことに更にびっくりして、不動産屋さんの店舗で困っていたらこの提案があったのです。

この提案に乗って当時引越ししたマンションが、駐車場・管理費込みで101,000円。駅から徒歩4分の物件でした。

住み始めるまでは、田舎っぽい雰囲気の場所だったので(東浦和に住んでいる人ごめんなさい!)かなり心配をしていたのですが、住めば都とはよく言うものです。

今まで、6回ほど引越しをしてきた自分の中で、一番住み易い地域です。
#鶴瀬(埼玉)→八王子(東京)→阿佐ヶ谷(東京)→保土ヶ谷(神奈川)→海老名(神奈川)→東浦和(埼玉)

これを読んで、”東浦和ってよさそう”と思った方!。コメントいただければ、もっともっと良いとこお教えしますよ。是非ネット以外のご近所仲間になりましょう![:嬉しい:]。


終電に間に合わなかったので今日は仕方なくタクシー。

今日は花金(死語)だからか、凄いタクシー待ち。
早く帰りたいのにぃ・・イライラ


東京に着いたよ

| コメント(0) | トラックバック(0)


東京に着いたよ。とても涼しい。

東京戻り

| コメント(0) | トラックバック(0)


今から東京戻りです。この時間に新幹線が走っているのは有り難い!。

ただ、帰宅予定は、深夜1時。帰ってからも残務処理・・

ブログを読んでくれている方は分かると思いますが、私は大の大きいお風呂好き。

今日は、いつも泊まっているホテルのそばにある銭湯「薬師湯」に行ってきました。

この銭湯。関東の銭湯から比べると浴槽の大きさがとても小さいです。これが関西流なのでしょうか。カランが10個程度並んでいる規模なので、銭湯としても小さな規模ですね。

とはいっても、ホテルの狭いユニットバスから比べれば天国。ジェットバスに入って、「ぼ・・」としているだけで、気分爽快[:楽しい:]になります。

ちなみに、お値段は、370円です。場所はここです。ちょっと分かりにくいので地図を置いておきます。

薬師湯

京都によく来るようになる前、京都で旨いソバがあるなど想像もしませんでした。そんな気持ちを打ち砕く蕎麦屋を発見!(同僚に感謝!)。

今日、五条烏丸にあるソバ屋
蕎麦の実・・よしむら・・
に行ってきました。嵐山にもお店があるようです。

ココの店。入るとすぐに、碾き臼と蕎麦うち場があります。力の入り方がわかります。

食事は2階へ。

二階は、湯で場になっていて、一階で打った蕎麦を二階でゆでます。

メニューを見てびっくり。なんと、10割蕎麦があります。10割蕎麦を打つのは相当難しいとおもいますが、こんな街中の店で提供されていることに驚きました。

今日は10割蕎麦を選ばずに、てんぷら蕎麦をチョイス。このてんぷら蕎麦。蕎麦に直接だしをかけて食べるタイプ。ちょっとびっくりしましたが、てんぷらと一緒に食べられるので、この方が食べやすいことに初めて気づきました。

そんな蕎麦は、これが旨い![:びっくり:]。蕎麦の名所「戸隠」の蕎麦にすごく近い感じ。細い麺ですが、かなりしっかり腰があって、のど越し最高。つるつるっっと飲み込むと、のどで「旨い!」と感じる蕎麦です。

京都に来て、蕎麦を食べたければ、この店超お勧めです。[:楽しい:]

X68000への憧れ

| コメント(0) | トラックバック(0)

X68000

これが世の中にでたとき、かなりの衝撃を覚えました。

当時8801mkIISRを愛機にしていた私としては、16ビットパソコンといえば高嶺の花。その高嶺の花が、ほぼゲーム専用機と思えるような仕様で発売されたのですから。16ビットPCでゲームをするなど、もったいなくて出来ないよ!と思っていた時代だったので、シャープの思い切りのすごさに驚きました。

当時、シャープは、X1系とMZ系の2つのパソコンシリーズを持っていました。
#そもそも、シャープの規模で2つのアーキテクチャを提供できていた時代というのも良き時代だったんでしょうね。この話は、また別の機会に。

X68000。名前の通りX1の後継シリーズとして発売されました。

そのスペックはこんな感じ。
 CPU MC68000 16/10MHz
 メモリ 2M

当時としては、かなりこうスペックだった記憶があります。

また、このマシンは、この当時としては、斬新なスタイルをしていました。当時のコンピュータ(特に16ビット)はオフィス用をターゲットにしていたので、横長スタイルで、PCの上にディスプレイを置くというのが通常スタイルでした。
ところが、X68000は、縦型。2つのピザボックスを立てたような形(マンハッタンシェイプと呼んでいました)。このデザインって、今使っても十分通用するほど先進的なデザインだったのだとおもいます。
#途中で、デザインでひよったのか、横置きのX6800proなどという製品をだしたのも、シャープらしいですね。

ゲーム利用者をターゲットにしたパソコンなので、ゲーム向け性能は群を抜いていました。特に、画面を重ねるスプライト機能を持っていたため、X68000用のシューティングゲームなどがたくさん発売されたことをいまだに覚えています。

もちろん、ゲーム専用に設計をしたPCなど、親が買ってくれるわけもなく、電気屋さんで触るのがせいぜいでした。友人の間でも、X68000を持っている人がいなかったぐらいなので、デザインは斬新でしたが、それ程多くの販売数量は無かったのかもしれません。

この名機も、PC9801でたくさんのゲームが発売されるようになってきたこと、NECのシェアが高まり、シャープ製の独自アーキテクチャPCということで敬遠され、本流のPCになることは有りませんでした。

今のPCは、内部の仕組みがどれも似たり寄ったり。外枠も規格があるので、奇抜なデザインは作りにくい。メーカーも守りに入っているので、デザインで勝負にならない。当時の、おおらかな時代だからこそ出来た企画なんでしょうね。シャープのようなデザインに力を入れた会社が、旨くマーケットの興味をひきつけられれば、Appleに次ぐようなコンピュータメーカーに成長をしていた可能性もあるんじゃないでしょうか。

京都、祇園「鹿六」で焼肉を食べてきました(3回目の体験)

ここの焼肉は、心のそこから「うまぁ・・」と思える焼肉です。ココで肉をたべてしまうと、二週間ぐらいほかの焼肉が食べられなくなるぐらいうまい。

今日は、「特選かろく・コース(8,190円)」をチョイス。
 ・一口粥
 ・"かろく"前菜
 ・キムチ盛り合わせ
 ・かろくサラダ
 ・本日のお刺身
 ・特選塩焼肉(上タン・上カルビネギ塩)
 ・特選タレ焼肉(特選ロース・特選カルビ)
 ・焼野菜
 ・ホルモンタレ焼
 ・ビビンバ又はクッパ
 ・デザート又はコーヒ

まずは、前菜。前菜を食べ始めると、それ以降の食事に期待感が高まりますよね。

次は、鹿六特製の一口粥。見た目、味は、コーンポタージュスープですが、スープで肉を食べる前の口の中の準備をする感じ。このスープももちろん美味。

次は、「本日のお刺身」という名の牛刺。一瞬魚のお刺身がでるのかな?とおもっていましたが、さすが肉屋。もうちょっとボリュームがほしいかな?というサイズではありますが、お決まりどおり口の中に入れた瞬間にとろける肉です。

肉に続いて、さっぱりとサラダ。このサラダも、ごま油で和えてあるだけなのですが、塩味と油が程よい感じ。シャクシャクとおいしくいただきました。

さぁ、いよいよコレからが怒涛の本番戦。肉の登場!です。
まずは、牛タンとカルビのネギ味。肉が新鮮&やわらかいので、生で食べても良いほどの肉なので、片面だけ軽く炙って、ハフハフ。肉汁と、ネギの味が相まって、至上の味になります。

次の肉は、ロースとカルビの味付け肉。コースの中で最もうまい!と思った肉がこれですね。特に、カルビよりもロースが、口に入れた瞬間にとろける感じ。味も癖がまったく無く、味付けも濃くなく・薄くなく適度な味なので、バクバクと食べちゃいました。ほかのチームよりも一番早くおわってしまってちょっと残念・・・それと同じタイミングで野菜がでてきました。鹿六では、野菜の中に、こんにゃくが入っています。このこんにゃくが絶品。軽く焦げる程度に焼いて、そのままパクッ。うま・・。

この次がホルモンと御飯物だったのですが、写真を取るのを失念[:悲しい:]。今まで、ホルモンってゴムみたいで食べられなかったのですが、ココのホルモンは、見事に細工がされていて、少しかめば噛み切れるんです。味もまったく臭みがなく、「旨いホルモンってこんなんなんだぁ!」と思いました。
御飯物は、ユッケジャンクッパを選択。色が地獄のように真っ赤(あぁ、写真撮りたかった・・)ですが、これも汁を飲み干せるほどの適度な辛さ。この微妙な味加減がよいのでしょうね。

最後は、デザートで締め。もうこの段階で、ベルトを緩めなければいけないほど、おなかいっぱい。

肉って、仲間でガシガシ食べるのもよいですが、コースで時間をかけて(今日も、このコースで2時間以上食べていました)食べるというのも良いですね。

[:next:]おまけ[:back:]

男同士(今日は12人)の焼肉大会は、どうしても話がねぇ。楽しい話になっちゃうよねぇ。

同僚に、”棒振り”を始めた人発見!。へたくそ棒振りリーグへの加盟を依頼。6月に、棒振り大会を企画するんで、是非参加するように>君!

おいしいお米大好き!

| コメント(0) | トラックバック(0)

やはり日本人なので、米はおいしく食べたい。

幸運なことに、我が家にはキッチンにガス炊飯器用のコネクターが出ているので、うまい米を食べるために、ガス炊飯器をゲットしました。噂では、ガスで炊いたほうが絶対にうまい!といわれていたので、噂に流されてみました。

まだ、自宅に帰れていないので、この炊飯器で炊いた米を食べられていませんが、週末に楽しみが1つ増えました。

ちなみに、定価 17,640円(税込)で、インターネット通販でも、12,000前後が普通の商品ですが、Yahoo Auction では本体価格5,000円・送料1,200円の計6,200円でゲットできました。良い買い物ができました。[:拍手:]

将来、PCがもっと代わるとコラムを書いたばかりでなんですが、今日現在の私は、最新のPCが欲しい!。

現在家で使っているメインのPCが、VAIO U1なので、小さく軽く、かつプラスαの機能を持っているノートPCを探していました。

かなり以前から、富士通のLOOX Tが良いなぁとおもっていてウォッチしていました。ライバルの、VAIO Type Tが、ワンセグチューナーを内蔵したので、LOOX Tも内臓するかな?内蔵したらLOOX を買おうかな、と今日まで思っていました。

VAIO Type Tも良いのですが、縦横のサイズが若干LOOXよりも大きいので、寝転がってPCを使うときに若干不便かな?と思っているのです。
#VAIO U1は、寝転び専用PCとしても活躍しているので。

で、今日製品発表がありました。
・富士通、ワンセグチューナカード付属の「LOOX T」

えっ?なんですか。”カード付属”って・・・。明らかに手を抜いたのが分かります。どうせ、数ヶ月した夏か秋出荷のLOOXがワンセグを内臓するのは目に見えています。

今からノートPCを買うなら、ワンセグ内蔵は必須でしょう。なのに”付属”ですよ・・・・

一気に購買意欲が萎えました・・・[:悲しい:]

後数ヶ月待つことにします[:!:][:!:]

ワープロの再来?!

| コメント(0) | トラックバック(1)

一時期「ユビキタスコンピューティング」という言葉が、IT業界で流行していましたね。
#そういえば、この言葉も最近聞かなくなりましたね。

コンピュータの意識しなくなる、意識しなくても利用できるようになる、というのは今後のコンピュータの流れであることは誰も疑うところが無いところでしょう。

まだ、WindowsがどうのこうのとOS議論が色々されていますが、これも後数年で議論されることも無くなるでしょう。

だって、OSがどうかなんてことはそもそも利用者にとってはまったく関係の無いことですから。利用者は、ドキュメント作成やWWWで調べ物をしたいのが目的で、OSを使うのがPCを使う目的ではないのですから。

という状況なのに、WindowsVistaの発売が遅れた、といことだけで、IT業界にこんなに混乱が起きるのはなぜなんでしょうか。相変わらず、メーカーが自分たちが持っている商品を無理やりにでも売りたいという、消費者不在の議論が行われていないでしょうか。

今後、間違いなく、利用者にとってOSというものが意味がない時代が訪れます。
では一例で、いつの間にか自分の傍にOSが埋め込まれているのに気づかない事例をば。

・FOMAの一部の携帯電話(シンビアンOS)
・東芝の携帯音楽プレイヤー(Windows Mobile)
・某社のハードディスクレコーダー
・・・

OSが何か、ということよりも、利用者は其の上で動いているアプリケーションで選択をする時代が訪れました。このようにコンシューマーの世界では、コンピュータの業務利用より一足先に、「ユビキタス」の世界へと突入しました。既にOSなどというものにとらわれない世界に突入しているのです。

次は、間違いなく業務用アプリケーションもOSなどを意識しない、何時でもどこで使えるという「ユビキタス」の時代が訪れます。

皆さん、コンピュータを使ってやっている”業務・仕事”ってどんなものがありますか?
a・業務アプリケーション利用
b・電子メール・WWW閲覧
c・ドキュメント作成(表計算によるデータ加工を含む)
などが主利用目的ではないでしょうか。

a、の業務アプリケーション利用は、自分のPCで限定する必要が無く、簡単に利用できる端末があればそれでよいはずです。高速な処理はPCで処理をするのではなく、サーバサイドで処理をするのでしょうから、一昔前のダム端末に類するスペックを持っているものでよいようになるでしょう。

b、の電子メール・WWW閲覧については、アナログ電話が携帯電話に移り変わったのと同じく、自分の席に座って使うというスタイルから、いつでもどこでも使いたいというニーズが代わるはずです。これも高速処理を求める高性能のPCではなく、小さく・軽いモバイルツールの専門機種にに移り代わっていくでしょう。

c、のドキュメント作成は、キーボードを使うという制約上、ハードウェアとして小さくするのは限界があります。しかし、これもそれ程の高速処理を要するわけではありません。もしかしたら、昔のワープロのように、ドキュメント専用に、軽く・小さく・安い専用マシンが登場するかもしれません。其のときには、OSがWindowsでなく、立ち上げたらすぐにOffice互換のデータを出力できるアプリケーションが起動している感じになっているかもしれません。

a,b,cを総合的に見ると、”業務・仕事”用で、高速・高性能のコンピュータって、本当に求められているのでしょうか。OSが進歩しても、画面が3Dになる、見栄えがきれいになる等、ある意味”無駄なこと”に起業が投資をしなければいけないという状況になっていないでしょうか。

まだまだ、”業務・仕事”用のコンピュータの世界は、ユーザーが置き去りになり、メーカーの論理で製品提供が行われています。ユーザーが何を求めているのか、そのために必要なプラットフォームは何か、ということをきちんと考えて提供する企業が出現することを切に祈ります。

なんか、今回は取りとめの無いコラムになってしまいましたが、利用者無きマーケットに未来は無いはずということを言いたかったのです。今は利用者をだませてはいるものの、いつか気づいて怒涛のように業界再編が起きるのではないか、と予想しています。Google がPCを販売する時代が来るかもしれないですね。

なーんてことをつらつら書いていたら、こんな記事を発見!
欲しいモノは「PCよりデジタル家電」
やはり、コンシューマー市場からPC離れが始まっているようですね。

京都は雨

| コメント(0) | トラックバック(0)


京都に戻ってきました。

相変わらず雨模様

今日は、京都→横浜→京都と、日本の有数の観光地を渡り歩いた一日でした。このブログを見てくれている人は、いろんなところに行けて良いなぁとか、新幹線たくさん乗れてよいなぁと思うかもしれませんが、この移動生活が日常になると、逆に移動しない生活によさを感じるようになります。こんな生活に突入する前は、「新幹線たくさん乗りたいなぁ」と思っていた一人としては、心情は複雑です。

人間ってわがままな生き物ですね・・

ちょっと気分が滅入りますが、まだ頑張らねば!
今からホテル入りですよ・・


SNOOPY

| コメント(0) | トラックバック(0)


巨大SNOOPY発見!


ちょっと天気がすぐれないですか、相変わらず日本丸は勇ましく佇んでいます。

日本丸を目の前に、マッタリと昼食中・・。今日は華麗にカレーを頂きました。(って、親父ギャク?)


京都は大雨

| コメント(0) | トラックバック(0)


今日の京都は大雨です。

雨が降っているだけで気分が滅入りますね。

早く天気が回復してくれることを祈ります。

ココ最近の、”ごめごめ日記”のアクセス数。

当初の一日数件のアクセスの状況を抜け出し、コンスタントに300件前後のアクセスをしていただけるようになってきました[:祝:]。皆さん、私のブログに訪問してくれて、ありがとうございます![:楽しい:]

こうやって、日々の反応が数字で見えてくると、やりがいを感じますし、やる気も生まれます。

分かりやすい数字での反応が見えるとやる気がでる”というのは、日々の生活や仕事にも通じるところがありますね。



タイトルどおり
「商社マンがSoup Stock Tokyo」を作るまでの物語です。

この手の、企業内起業の話を読むたびに、起業をした人がすごいのはもちろんのこと、聞けば只のアイデアに聞こえるような話を、真正面から聞き立ち上げにGoを出せる経営者のすごさを感じます。

誰かに物事を”任せる”って、簡単なようでいて、すご・・く難しいことですよね。
#私も、年齢が30後半戦に入ってから分かりかけてきました。

すごい企業家と、経営者の2つの視点でこの本を読みきると、サラリーマンをやっていても、元気が出てきます。

超お勧めの一冊です。

スープで、いきます 商社マンがSoup Stock Tokyoを作る
スープで、いきます 商社マンがSoup Stock Tokyoを作る
著者  :(株)スマイルズ代表取締役会長 遠山正道
出版社 :新潮社
価格  :1200円(税別)
ISBN:4・・10・・301151・・3


がんばれ三洋!

| コメント(0) | トラックバック(0)

三洋がんばれ!

新幹線で、毎週東京・・京都を「通勤」していると、名古屋を過ぎたあたり北側に、三洋の「ソーラーアーク」が見えます。

ソーラーアークって名前だけを聞いてわからないと思いますが、三洋が現在ビジネスとして力を入れているエコロジーの分野の一環で開発をした、巨大な太陽光発電装置です。

ソーラーアーク

企業の姿勢を、このような巨大なオブジェクトで示すというのは、新しいマーケティング手法だとおもいます(私が知ってないだけ?)。それが、実際の環境対策に貢献できているというのも、一石二鳥が、三鳥にも四鳥にもなっている感じがしますね。

しかし、ビジネス面でみると、三洋さんは最近苦戦をしているようです。
三洋、総合家電メーカーから脱却。2,330億円の赤字・・中期経営計画発表。1万人のリストラも
三洋電機撤退 創業の地、加西市は・・・
三洋電機(Wikipedia)

白物家電も撤退するとか、しないとか報道からの情報も入り乱れていますが、いずれにしても、「売れている」状態ではないことは、誰が見ても明らかですよね。

近年、消費者が家電を買うときって、ブランドで高いものを選ぶか、安いものを選ぶか、両極端になってきているのではないでしょうか。そういったところで、三洋は、ブランドでも勝てず、低価格路線でも勝てずとなっていたったのではないかと推察されます(って、誰が考えてもそうですよね)。
結果的には、他メーカーに比べて圧倒的な低価格路線で商品を提供すればよかったのでしょうが、しかし安いものを大量に流通させるということが出来ずに、今の状況になっていったのではないでしょうか。
もしくは、まったく逆にブランド構築をしようとして、結局ブランドが作れなかったのでしょうか。

このような企業戦略は見えないということ事態が、世の中で、”三洋”という会社の位置づけが分かりにくくなっていることを示しているのだと思います。そういった意味で、松下のV字回復については、マスコミの使い方や社員の意識の動機付け(V商品というカテゴリーの定義など)がうまかったですよね。

いずれにしても、三洋が弱体化しているのは、物つくりをしている人を尊敬している私としては非常に残念です。資源の無い日本としては、この”物づくり”がとても重要だと思っているのです。三洋も、今苦戦している企業とはいえ、開発技術や先進技術を持っているはずなので、それが会社が弱体化したがゆえに、世の中に出てこないというのは、日本全体として損をしているということにもなりますね。

是非、会社の経営(今はキャッシュフローの改善が急務でしょうが)を健全化し、会社の中に埋もれてしまっている技術を世に出し、”三洋”というブランドが日本に貢献すると同時に、皆が”欲しい”と思える商品を世の中に提供してくれることを祈っています。[:グッド:]

P.S.
今後の選択と集中の中で、モバイルに注力するようですが、三洋の携帯電話はいただけません。
デザインがいまひとつ垢抜けないのと、操作性が非常に悪いです。三洋の携帯を数年使ってきましたが、昨年日立/CASIOの携帯に切り替えたところ、操作性の分かりやすさ・シンプルさに感服している次第です。もっと、デザインを含めたHuman Interfaceに力を入れないといけないですね・・・。がんばれ!!

温泉に行った帰り道、「大宮花の丘農林公苑」という看板が見えたので、ちょっと寄ってきました。

ちょっと花があるだけかなぁ、と侮っていたのですが、とても良い公園だったので、ご存知無い方のために紹介します。

場所はここ。
大宮花の丘農林公苑

公園の入り口には、青い花(花の名前が分からないのです・・・)の大きな花壇が、来訪者をお出迎えしてくれます。

その先には、一面の菜の花畑。

更に其の先を行くと、とても整備が行き届いたチューリップ畑。

この写真を見れば、公園の大きさが分かるかな。

[:next:]おまけ[:back:]

ど根性タンポポも咲いていました。

勝手に評価:[:星:][:星:][:星:][:星:][:星:](最高[:星:]五つ)

今日の午後、ちょっとまとまった時間が取れたので、この前行って最高によかった、”さいたま清河寺温泉”に再び行ってきました。

やっぱりここの温泉は、成分が良いのか、非常に温まりますね。また、肌もつるつるになった感じがします。

今日は奥さんも一緒に家族3人で言ったのですが、お風呂に入る前に

「今日は一時間ぐらいねぇ・・」

と入っている予定の時間を確認し合って男風呂・女風呂にわかれたのですが、気づいたら1時間30分近くも入っていました。日帰り温泉で、入っている時間を気づかなかった場所って今まで無かったので、やはりここの温泉って居心地が良いのだとおもいます。

皆さんお勧めですよぉ!![:温泉:]。

もちろん、お風呂の締めは、”コーヒー牛乳”でした。

嫁さんが、

「近所のジャスコに行くために、現チャリ欲しい[:!:]・欲しい[:!:]」

と、最近五月蝿いので、中古の原チャリをゲットしにいきました。
インターネットで調べると、自宅から車で5分ぐらいのところに、中古専門のバイクショップがあることを発見

オートガレージ・ウェーブ

何台か見たのですが、程度と値段のバランスがよかった、スマートDioを選択。

諸費用(自賠責保険や、点検など)を含んで、¥95,000でした。ちょっと週末の衝動買いにしては、高い買い物だったかな。

バイクそのものの値段は知れていますが、安全運転に注意して、事故などを起こさぬよう注意をしてもらいたいものです。 彼女の運転は、”おばちゃん走り”そのものなので・・・ ここで事故でも起こされたら、何のための奥さん孝行か分からなくなっちゃいますものね。[:嬉しい:]


コレを読んで”俺のことだ!”と思った君へ。今日は久々に会えて楽しかったですね。

5月14日デビュー決定ですよ。もう予約入れましたからね。何事にもあきらめと勇気が必要ですよ。

事前練習よろしく!

ちなみに、場所はここよ

最近(でもないか)、10万円前後の32インチの液晶テレビが色々なメーカーから発売されていますね。

有名どころでは、
ユニデン
バイ・デザイン
サムソン
の3社ぐらいでしょうか。

つい数年前まで32インチの液晶テレビなどといえば、100万をくだらなかったはずが、急に値段が下がって、ちょっと生活費を圧縮すれば買える値段になってきましたね。

でも、今この安い液晶テレビを買うのが本当に正しい選択なのでしょうか。

2011年には、すべてのテレビがデジタル対応していなければいけないはずなのですが、この安い32インチの液晶テレビは、どれ1つとってもデジタル対応ができていない代物です。2011年といったら、後5年ですよ。テレビを5年毎に買い換えるひとがどのぐらい居るでしょうか。
#我が家のテレビは10年選手(SONY)です。幸か不幸かソニータイマーは発動してません。[:楽しい:]

また、将来は、HDMIというデジタル処理のインターフェースが標準になるはずなので、今アナログ入力3系統とかが当たり前になっている現在の状況を勘案すれば、複数のHDMI端子は必須のはずなのに、せいぜいHDMI端子は1つ(一部2つ付いている製品もあるようですが)しか付いていません。また、HDMIが無い製品すらあります(こんなの問題外ですね)。

今は、

・アナログ放送から、デジタル放送への過渡期
・テレビと録画装置などのインターフェースも、アナログ(D1・・D4/ビデオ入力)からデジタル(HDMI)への過渡期


と大きく2つのことが同時に代わろうとしているタイミングなので、安い!というだけで飛びつかないほうがよいと思いますよ。今必要な理由がはっきりしている人以外は、もうちょっと待ったほうがよいかもしれませんね。

今、どうしてもテレビが必要であれば、10万前後のものを買うよりは、15万前後で、デジタルフル対応の国産液晶テレビが楽天の通販で買えますから、そちらを選んだほうが懸命とおもいますよん。

我が愛車プレサージュU31が来月頃モデルチェンジをするらしいです。2003年7月に2代目モデル(現行モデル)が発売されて依頼の、比較的大き目の変更のようです。 
#カタログの写真が「Go!Go!PRESAGE」の掲示板「喫茶Presage」に掲載されてますよ。事前に出回って大丈夫なのかな?[:たらーっ:]

変更点は、

・今まで、”便器”といわれたエアコン等のコンソールが、ティーダっぽく。
・グリルは、ムラーノっぽく。
・HDナビがオプションで選択可能?


と細かい点は修正されるようですが、エンジン周りなどには変更が無いようです。2年前にプレサージュを買ったとき、2.5がV6になるんだったら買うの待とうかなぁと思っていましたが、今回も変更なしとのことで、思い切って買っちゃって正解でした![:嬉しい:]

今回の変更に対しても、個人的には

・センターコンソールは、第一印象最悪でしたが、実際に使うと”便器”コンソールと相まって操作性・視認性が抜群です。
・新しいグリルはムラーノっぽくなりましたが、ムラーノの外装のうち一番嫌いだったのがグリルだったので、見た目の評価は下がった[:down:]感じ。まぁ、見た目は主観なので、個人個人好き嫌いがあるんでしょうけどね。
・HDナビはあれば便利ですね。ただし、普段使っている上で、今のナビに不便を感じたことが無いので、必要十分ですね。


と、今乗っているプレサージュで十分、または優れていると思っているので、一安心。

更に、電動スライドドア両面化でなく運転席側は相変わらず手動のようです。V6化もそうですが、スライドドアが両面になっていたら個人的には相当ショックでしたが、何も変更無いとのことで”日産なにやってんのよ?”と思った次第。ちゃんとマーケティングしてんのかな。後部座席のオットマンも無い様なので、今回のマイナーチェンジは、”見栄えの変更”に軸足が置かれていて、本質的なところには、あまり手が入っていないようです。

今の時期、対抗馬で、MPVのフルモデルチェンジや、オデッセイのモデルチェンジもありましたから、たったこれっぽっちの変更じゃ、この2つの車に勝てないんじゃないかなぁ、と心配[:冷や汗:]になりますね。まぁ、プレサージュが売れても売れなくても私の生活には、何の関係ないですがね・・・

”ネギ”の正解!

| コメント(0) | トラックバック(0)

今日は久々の棒振り運動(2006.04.02 Sunday)のブログに書いたクイズ。

深谷ネギはどれでしょう?。皆さん分かりました。えっ?興味が無い?。そんなこと言わないで・・。コレを機に覚えてください。

さて正解

左:下仁田ネギ
中:深谷ネギ
右:九条ネギ

ということで、正解は”真ん中”でした。

新しいカテゴリー「物欲日記」を書こうかなぁと思いついたので、「コレほしぃ!」と思いついたとき書かせてもらいます!。

さて、第一回目は、「ワンセグ携帯」
#ここ数日の間で、物欲ピークは昨日書いた、IMacなんですがね。そゆ意味では、第二回ですね。

あなたが生まれたとき、テレビは色が付いていましたか?それとも白黒でしたか?
そのテレビは、木枠のテレビでしたか?
そのテレビに足はありました?
テレビが観音開きになっていましたか?

私が最も古い記憶で覚えているテレビは、カラー(買ってすぐだった)&木枠(見た目豪華!)&足付きの、ガチャガチャとチャンネルを変えるテレビでした。当時は、相当高い値段だったともいますが、私の両親も清水から飛び降りるぐらいの勢いで買ったんだと思います。
当時は、カラーテレビが居間(今風ではリビング)にあるのがステータスだったんですよね。きっと。

そんな、一家に一台あるか無いかというステータスだった”テレビ”が、今や携帯電話の中に入ってしまったということで、本当に時代の速さ、技術の進歩の速さに驚くばかりです。

このワンセグ携帯。皆さんご存知とおもいますが、改めてワンセグ放送を説明すると、地上波デジタルの1つチャンネルは13個のセグメントに分かれていて、其のうち12個は地上波デジタルに使うので、あまった1セグメントを携帯電話などの小さい画面を持ったモバイルテレビ用に電波を流すものを指します。

もちろん1つのセグメントしか使っていない(=使用帯域が狭い)ので、解像度の高い画質のものは送信できませんが、携帯電話の2・・4インチ程度の画面で見るには十分な画質のものが送信できるようです。

ガジェットオタクの自分としては、コレは手に入れなければいけません。ということで、先週、家電量販店に出向き、実機の確認をばしてきました。(有楽町のビックカメラに行けば、実際稼動しているワンセグ携帯を体感することができます)

私は、IDOの頃からの反DoCoMo派なので、今はauの携帯をつかっています。
#サンヨーの携帯は、操作性がよくないので、操作性のよいCASIO/Hitachi系の端末が好きで、現在はW32Hを使っています。
このため、W41Hを見に行ったのですが、これがでかい!。30年近く前の足つきのテレビ以上の機能がこの小さな携帯電話に入っていると思えばすごいですが、携帯単体としてみるととても大きく、コレを毎日使う・持ち歩くのはしんどいなぁ[:しょんぼり:]、ということで、ちょっと萎えてしまいました。サンヨー製のワンセグ携帯もあるようですが、操作性の悪いものは、そもそも対象外なのでたとえ機能がよくてもNGです。

ということで、家電量販店に行くまでは、買う気満々だったのですが、実際に見てしまったら買うことは無かった、ということで、我が家の家計も傷まずに済みました。[:楽しい:]

そもそ、W32Hも買ってから8ヶ月程度しか経っていないので、今W41Hに乗り換えたらびっくりするぐらいのお金が必要だったんですけどね・・・

おそらく、夏・・秋に出る携帯では、サイズも小さくなってくるでしょうから、
・ワンセグが見られる
・Suicaが使えるFelica付き
・CASIO/Hitachi系の操作性
・miniSDスロット付き
・GPS付き
・FMもあればうれしい

という携帯が、W32Hを買った8月(=12ヶ月過ぎた頃)に発売されたら、おそらく1500%GET[:!:][:!:][:!:]するとおもいまうす!。メーカーさんよろしくお願いします。

みなとみらい

| コメント(0) | トラックバック(0)


今日は所用で、みなとみらいランドマークタワーに来ています。

日本一のビルも、なんかちょっと薄汚れていて、曇り空と妙にマッチしていました。

ビルもこんなに大きいと洗うのも大変なんでしょうね。

うぉぉぉぉ・・・・[:びっくり:][:びっくり:][:びっくり:]

物欲が絶頂です!

えっ?何が欲しいのかって?
決まっているじゃないですか!

IMacですよ!(Intel 入っている Macintosh。略してIMac。iMacじゃないよ)

なぜ、IMacが欲しいのかって?

決まっているじゃないですか!

Boot Campというアプリがでて、IMacでWindowsXPが動くようにできるらしいです。突然、公式版のWindows OSローダーが出たんです!

うれしいので、緊急ニュースリンク集:
■速報 - Intel MacでWindows起動公式サポート、アップル"Boot Camp"公開
■Intel MacでWindowsが動く「Boot Camp」レポート【インストール編】
■パソコン史に残る一大事件! MacでWindowsが“快適”に動く『Boot Camp』の秘密に迫る
■Windows on a Mac--アップル「Boot Camp」をさっそく使ってみた
■もうみんなMacを買えばいいと思う――Apple純正「Boot Camp」をさっそく試した

いやぁ。長かった・・[:悲しい:][:悲しい:]嬉泣き。
私がMac教になったときから、
「Macの上でWindowsが動かないかなぁ」
と思っていたんですよ。もう10年以上前に考えていた”願い”がついに現実のものになりました。
この喜びをどう表現してよいか分かりません、ぐらい熱くなってます!!。

Windows上にMacOSのエミュレータ(これがまた使い物にならないぐらい遅いもの)を入れてみたり、WindowsのSKINをMacっぽくしてみたり、MacOSとWindowsが一緒のハードの上で動くことを熱望していた一人として、今回の発表は、ここ数年の出来事の中で最もうれしい出来事です。

今までは、Windows系アプリで仕事をしなければいけない場面などがやっぱり多いので、Macを買うことが決断できませんでした。が、これでMacではいけない理由が””になりました。

後、残されているハードルは、大蔵省じゃないや財務省の説得だけです。

某マック大好きだけど奥様がとても怖い方の家庭ほど、我が家は恐妻でないので大丈夫とは思う反面、ほかのものをネダラレそうで、それとMacと一緒に買わなければいけないかと思うと、ちょっと高い買い物かなぁ、と躊躇する気持ちもあるんですけどね。

ということで、いかに彼女に何かをネダラレないようにしつつ、自分が欲しいMacを調達できるようにするのか。

これから戦略・計画を立てて、悲願達成に向け邁進していきたいとおもいます!!。

P.S.
とはいっても、夏のボーナスが出てからかな。其の頃には熱が冷めている気もする今日この頃。
なーんて思っていながら、週末のビックカメラに出没している可能性も否めない今日この頃。

  

今日は、担担というお店で、坦々麺とレタスチャーハンを食べてきました。
坦々麺とレタスチャーハン(半分)で、1000円丁度。

さてお味ですが、坦々麺はありがちな、ただ単純に辛いだけの坦々麺でなく、スープにコクとうまみがある中に、ラー油のピリッとした辛味が隠し味程度に入っている感じ。多分、ピーナッツとゴマがスープに入っているとおもうのですが、コレがまろやかなスープの秘密なんだとおもいます。

サイドオーダーで頼んだレタスチャーハンも、レタスがシナシナになっていないでシャキッとした状態で出てきました。このチャーハンって、自宅で作っても、レタスがシャキッってならないんですよね。このシャキシャキ加減と、ご飯のパラパラ具合が最高に心地よく、とてもおいしいチャーハンでした。

坦坦にいったら、坦々麺だけでなく、レタスチャーハンも頼んでみてください。

住所:京都市中京区壬生花井町23
電話:075-822-5211
営業時間:11:30・・15:30/17:30・・21:30(木曜日休み)

坦坦


最近のニュースや、日経xxの記事を見ていると、「コンピュータ」はなんでも出来る道具のように皆が理解をしているようで、すごく心配です。

そもそも、「コンピュータ」って何でしょうか。

しっかり理解できている人って、どのぐらい居るんでしょうか。所詮(といったら、大家に怒られるかもしれませんが)、人間が考えた”道具”でしかないのです。
道具であるからには、できることは限られているはずなのですが、それに無限の可能性を感じるのはよいものの、過度な期待感を無理やり醸成しているようでなりません。

コンピュータの歴史から考えて見ましょう。

最初は、歴史書からも分かるとおり、コンピュータは戦争のため(弾道計算)に使われたといわれています。それまで、ダイヤル式の計算機を何十人何百人体育館のような広い場所で弾道計算をしていた処理を、コンピュータを使うことによって、短時間に処理をできるようになったようです。これが、いまや手のひらに乗るようなサイズのチップで、当時のコンピュータからは想像も出来ないほどの高速処理が出来るように発展してきました。
この頃のコンピュータの役割は、”計算”でしかなかったわけです。

計算を繰り返す中で、毎回入力データを人間が入れなければいけないことに皆不便に思い、コンピュータに記憶機能を持たせようとしたのが、その次の段階です。当時はフェライトコア(永久磁石の周りに電線を巻いたコイル状のもの)で記憶をしていたものが、今のハードディスクやフラッシュメモリーのような半導体メモリーへとの発展をしてきました。
これでコンピュータに、”記憶”機能がつきました。

コンピュータが”記憶”を出来るようになると、たくさんのコンピュータの間で、その”記憶”の共有ができればもっと便利ではないか、ということが考えられるようになり、”通信”の技術が生まれました。特殊なモデムを通じた通信や、専用線を用いた通信から、今の光ファイバーや無線を用いた通信へと発展してきました。

誤解を恐れずに言えば、”コンピュータ”の機能は、この
・計算
・記憶
・通信
の3つしかありません。”コンピュータ”は魔法の箱ではなく、この3つの機能を組み合わせて処理をしているだけなのです。コンピュータはそれ以上でもそれ以下の存在でもありません。

ERPのパッケージや、巨大なシステムで”コンピュータ”がすごいことをしているように皆思っているとおもいますが、最終的には、計算し計算したものを覚え覚えたものを伝送し合っている、だけの処理でしかないのです。

何が言いたいかというと、コンピュータシステムを作ったり、提供したりする人は、この3つの機能にきちんと分解をして、コンピュータに出来ることと、人間がやらなければいけないことを分類してほしいのです。

この3つの処理は、人間には出来ません。円周率を瞬間的に計算したり、百科事典100冊分を暗記したり、地球の裏側に居る人にメッセージを伝えたりすることは人間には出来ないはずです。(特殊な能力を持った人もいるので、百科事典100冊ぐらい暗記する人もいるかもしれませんが・・・)

この人間に出来ない機能をコンピュータに肩代わりさせることが、真のIT化ではないでしょうか。システム化をするときに、”人間には出来ない処理は何か”という観点で物事を整理してみれば、自ずと自社での”コンピュータ”の利用目的が明確になってくるとおもいます。この利用目的がはっきりしたときに、真のIT化ができるのではないでしょうか。

皆さんの会社では、”コンピュータ”の利用目的は明確になっていますか?

会社の同僚と初めて買ったパソコンってなに?って話になりました。
その中で色々な機種が出てきたのですが、最も古かったパソコンが
・MZ・・80(1)(2)
でした。

ちなみに、MZ-80とは、シャープが作った”クリーンコンピューター”という概念のコンピュータ。クリーンコンピュータって何?は後述します。

そのMZ-80は、
 CPU Z80
 メモリー ROM4Kバイト/RAM20Kバイト
 カセットテープレコーダー
と、今から考えれば想像も付かないほどの低スペック。でも、当時は、”RAM20Kも使えないよなぁ”と友人と話をしていたほどの満足いくスペックでした。

MZ-80には、私もたくさんの思い出があります。
高校の頃、某文科系の班活(私の高校では、xx部ではなくxx班といっていたので)と掛け持ちで、”電気班”に入っていました。
#今考えれば、この名前すごく変ですよね。当時は、変に感じなかったのですが、何をしているか怪しい部活。

この班の活動は、主に、班室に置かれているコンピュータをいじり倒すこと。それのみでした。当時、コンピュータルームにおいてあったコンピュータは、
・MZ-80(SHARP) ※kとかcとか数種類
・if800(OKI)
・PC8801mkII(NEC)
・謎のアナログコンピュータ
などがありました。
#PC8801は、8255チップのI/Oボードを積んでロボットアーム専用マシンになってました。この話は後々。

MZ-80は、我が”電気班”の中で、一番多い台数があった(5台)ため、順番待ちなどが無くいつでも自由に使える状態にあったのです。当時、コンピュータがまだまだ手に届くか微妙なときだったので、キーボードが付いた機械を使うだけで喜びがあり、今から見れば相当非力なこのコンピュータを触っているだけで、未来を感じる喜びみたいなものがありましたね。

では、先ほど書いたMZ-80のクリーンコンピュータとはそもそも何か。

当時のコンピュータ、特に8801などをはじめとした、Z80を積んだコンピュータは電源を入れると、BASICがROMから起動するのが一般的でした。コレに異を唱えたのがシャープの”クリーンコンピュータ”という概念で、電源を入れても何も起きません。BASIC用のテープを入れて10分程度(記憶が曖昧)、”ピーガー”とやったあとやっと、”OK”とコンソールが表示される代物でした。
このため、まずはテープをセットしてから、しばらくトイレにいったり、ダベッたりしあと、「そろそろ起動したかな?」という時間がきたら、端末の前に行くとう使い方をしてました。

主に、BASICで色々なプログラムを作ることに喜びを感じていましたが、それも飽きだすと、当時のコンピュータオタクの人が必ず歩んだ道で、ゲーム専用マシンとなり、班生活の後半は殆どゲーム漬けでした。学校の班活で、ゲームばっかりやっていたというのも、今を考えるとなんだかなぁ、ですね。

このコンピュータも、テープ主体のコンピュータだったことと、NECとの競争に敗れ、後のMZシリーズ(最後のMZ-2500も想いで深いハードなので、また別途思い出話を書かせてもらいます)へと生まれ代わりMZ-80というブランドは長く続かなかった記憶があります。

あの、今となっては特殊だなぁ、と思う変則キーボードといい、ディスプレイとテープが一体になっていた当時としては先進的?なフォルムといい、エンジニアの想いがたくさん詰まった良いコンピュータでした。

誰でしょう?

| コメント(2) | トラックバック(0)

今日、夕食を食べに行ったときの出来事。
お店が込んでいたため寒風の中、店前の長いすに座って待っていました。

お店からカップルが出てきた瞬間、突風が!。女性のヒラヒラしたスカートが、大きくめくりあがったのです。

そのとき、某氏の一言。

「おしぃ」

気持ちは同じ?![:楽しい:]

今日は、”長崎”に行ってきました。


といっても、渋谷にあるちゃんぽん屋長崎”です。
ここのちゃんぽん。数あるちゃんぽんやの中でも、本場の味そのままな感じ。リンガーハットのようなチェーン店の、どちらかというとラーメン寄りなちゃんぽんでなく、本場長崎で食べるちゃんぽんに近い感じ。
あと、たくさん入っているモヤシと、魚肉ソーセージがいい味出してます。

えっ?長崎に行ったことがあるのかって?。残念ながら長崎はありません・・。ということで、あくまでも本場のちゃんぽんはこんな味なんだろうなぁ、という感想でした![:楽しい:]

ちなみに場所はここです。行ったことない人は、一度ご賞味ください。
ちゃんぽん長崎

上京

| コメント(0) | トラックバック(0)


始発で上京です。

今朝の京都駅は、初夏の軽井沢の気候のように、カラッとしていて、さらに気持ち寒いかな位の涼しさ。

こういう気候だと気持ちもピリッとしますね。



新幹線車窓からの富士山。

天気も良かったので、最高の一枚が撮れました。
天気が良いと、気分も晴れますね。今週もがんばりましょ・・ \(^_^)/


今日は、仲間と一緒に棒振り運動をしに、群馬県まで遠征してきました。

行ったのは、上武棒振り運動場オフィシャルHP)です。

上武ゴルフ場

年末以来3ヶ月ぶりの棒振りでした。

とっても安い場所で、電動カートを使っても一人8050円で一周できます。普通の棒振り場の1/3・・1/2の値段!。

コースは、河川敷コースなので、平坦&森や池も少ないので、普段よりも成績がよくなることうけあいです。反面、直線コースが殆どなので、色々なコースを楽しみたい人には向かないかもしれないですね。棒振りビギナーで、実際の場所で練習をしたい人にはもってこいです。

今日はあいにくの天気でしたが、雨も本降りにはならずに、一瞬振った時間も小雨程度だったので、前向きに考えれば暑くなく寒くない中で運動できてよかったです。

帰りに、ジモティー(埼玉県深谷市)お勧めの煎餅屋さんで煎餅調達
クロ胡椒せん、のおせんべいやさん本舗 煎遊

クロ胡椒せん、のおせんべいやさん本舗 煎遊

ここのクロ胡椒煎餅が秀作。からしや唐辛子系の辛さでない、胡椒ならではの辛さがあり、お茶受けにはもってこいです。更によいのが、お店では”家庭用”を帰るため、無駄な包装紙や箱に包まれていないものを、安価にかうことができます。近場にいらっしゃったときには是非!

そうそう、バイパスを東京方面に向かっていて、お店方面に右折するときは、信号に注意!です。

そんなこんなで、一日楽しい時間をすごさせていただきました。

えっ?。今日の棒振り運動のスコアですか?。ここで公表できる日が早く訪れる日が来ればよいのですが・・・[:悲しい:]。

[:next:]番外編[:back:]

ちなみに、深谷はネギの名産地です。皆さん知っていました?
ここでクイズ!。深谷ネギはどれでしょうか。答えは、明日以降のブログで!

桜超満開!
二時間弱、サイクリングもかねて花見をしてきました。花見といっても、ブルーシートを使って宴会するんではなく、桜並木をプラプラとゆっくり自転車で流すお花見です。

この時期は、一年で最も”東浦和にすんでいてよかったなぁ・・”と、しみじみ思う時期です。とはいっても、明日は風&雨らしいので、今日限りなんでしょうね。

今年も、良いものを見させてくれてありがとうございました。桜殿[:楽しい:]

[:next:]番外編[:back:]

我が家の息子殿は、花見そっちのけで、携帯ゲームにはまり中。この写真の後、ゲームしながら歩いてコケテ泥だらけ・・・あぁ・・[:悲しい:]

ちょっと贅沢

| コメント(2) | トラックバック(0)


今日は、上野からの電車が混雑していたので、普通列車のグリーンに乗っちゃいました。

JR東日本のSuicaでチケットレス乗車できるんですが、このシステムが秀逸。座席の管理もチケットレスで出来るので、睡眠中などに鬱陶しい車内検札が要らないのです。

ITってこう使うんだなという良い見本を見せて頂きました。

ついに、というか、まだやってたの?という感じのニュース

NiftyServeの終了

NiftyServe(以下、Nifty)には、学生の頃多額のお金をつぎ込ませていただきました。
初めて一人暮らしをするようになり、電話代を自分でコントロールできるようになってから、モデム(当時は、1200bpsだった記憶があります)を買って、つなぎまくっていた記憶があります。

今やインターネットをはじめデータ通信は”定額制”が当たり前になりつつありますが、当時は定額などという概念はなく、電話代から、Niftyの利用料まですべてが従量制だったので、パソコン通信にはまった頃は、かなり支払いがしんどかった記憶があります。

この頃から、フリーソフト(当時は、PDSという言い方が一般的でした)にハマり、PC98シリーズのフリーソフトをNiftyから落としまくっていました。単純にダウンロードして、試してというだけで面白かったんですよねぇ。
今となっては何が面白かったのやらという感じですが・・・。

落としたものを記憶させるために、初めてのハードディスク(40MByte)を買ったのもこの頃です。(ハードディスクを買った話は、また追って)。

ちょっと話はよれます。インターネットからコンピュータ通信を利用し始めた人は、草の根BBSというのを知らないとおもいますが、NiftyやPC-VANが全盛期だったころは、Niftyなどの有料業者にお金を払うのがもったいないと思う人を支える善意の”草の根BBS運営者”が居て、それらも多く使わせてもらいました。BBS系は、Niftyよりも草の根のほうを多く使っていた記憶があります。
ちなみに草の根BBSの運営者は、自宅にモデムを何十個も買い、電話線もそれだけ契約をして、無料でその施設を提供すると人なので、今考えれば、よっぽどお金に余裕があるのか、趣味には際限なくお金を投資できるひとだったんでしょうね。

本題に戻ってNiftyの終了。始まったのは、1987年ですから、たった20年前に始まったサービスです。

一大ビジネスになったものが、たった20年でサービス停止になるというのは、やはりITの進歩の速さを感じますね。

とはいうものの、AOLがあのような状況になっていることを横目でみると、Niftyが、パソコン通信業者という看板を捨て、インターネットプロバイダに生まれ変わり、いまだに会社が存在するというのはある意味すごいことなんだとおもいます。

ダーウィンの言ったといわれる言葉(『種の起源』の一節)で、
「最も強い者が生き残るのではなく、最も賢い者が生き延びるのでもない。唯一生き残るのは、変化できる者である」というものがあります。まさに、Niftyは”変化でき生き残ったものなんでしょう。

社員の方々の努力・気持ちの切り替えに感服いたします。お疲れ様でした[:拍手:]

九州気分再び

| コメント(0) | トラックバック(0)


今の時間に開いているラーメン屋が一風堂しか無かったので、今日も九州気分。

夕飯食べてないのでお腹すきました・・

2010年2月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            

アーカイブ

グリムス

なかのひと

ジオターゲティング


ジオターゲティング
OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 5.01

このアーカイブについて

このページには、2006年4月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2006年3月です。

次のアーカイブは2006年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Google Adsense実験