”コンピュータ”を分かるということ

| コメント(3) | トラックバック(0)

このブログ。普段は”日常”を書いていますが、毎週末に一度私の仕事や興味のあることに”まじめ”に向き合った内容を書かせてもらうことにします。今週はその第一弾!。(といっても、ブログを本格的にリスタートしたのは先週末だったりするけど、それは置いておいて!!)

”コンピュータの専門家”よ、一般人にもっともっと歩み寄ろう!。

職業柄(職業は、まだ内緒!)、人間とコンピュータを如何に結びつけるのか、ということを年中考えています。業務とITの融合・経営とITの融合。掛け声で言うのは簡単。しかし、実際にそれを実現するのは大変です。

では、なぜ大変なのか。私が思っているもっとも大きな理由は”相互理解”が足りていないのだと思っています。

最近のコンピュータ(ここで言うコンピュータは”ハード+ソフト”)は簡単になってきた・使いやすくなってきた、と言われます。でも、それはWindowsに始まるユーザー系OSの機能拡張や、Webによるアプリケーションなどあくまでも利用者の視点です。しかし、実際に業務や経営にコンピュータを生かすためには、その業務や経営にマッチした”コンピュータ”を作らなければいけないのです。”使う”と”作る”の時限が違うことは、皆分かっているはずなのに、中々そこが理解されない。

フツーの人もコンピュータを”使える”ようになってきたが、コンピュータを”作れる”ようにはなってきていませんよね。

これを解決するためには、もっと業務や経営の人がコンピュータを”作る”ということはどういうことかを理解する。逆にコンピュータを作っている人は”業務”や”経営”をもっと理解する。

ここまでは、どこの教科書にも書いてあること。当たり前ですよね。

でも中々コレができない。なぜできないのか。話は簡単。誤解を覚悟で言うと、コンピュータを”作っている”人の責任です。業務や経営をしているフツーの人の責任ではありません。

コンピュータの歴史。ここ20年で急速に発展してました。しかし経営や業務は、会社の歴史・市場の歴史だけでなく、”個人”の歴史から成り立っているもので、コンピュータの歴史など足元にも及ばない。しかし、コンピュータを”作る”ことを生業としているひとは、”使う”ことを生業としているひとが理解をしないことを、嘆いているだけ。フツーの人からみたら、突然現れた”コンピュータ”に戸惑っているというのが正直なところでしょう。

まして、ここ20年で急速に発展してきて、いまも日々急速に発展を続けているものを、普通の人が理解できるわけがありません。コンピュータの中に真っ只中の私でさえ、置いてかれている感があるぐらいですから。

コンピュータを作っている人。もっと業務や経営の人・フツーの人に歩み寄って見ませんか。そのときに”コンピュータの理屈”は要りません。コンピュータが”何をできるのか”と言うことをきちんと説明してあげてください。その上で”何をするためには、何が必要か”ということを説明してください。一回ではだめです。何回も何十回も繰り返し。場所やタイミングをいろいろ変えて。

そんな努力が、”業務とITの融合・経営とITの融合”という本来の目標へ近づけるのではないでしょうか。
こんな様な話を、今週から毎週末に掲載していきたいとおもいます。あくまでも、”個人的な意見”なので、多様な意見求めます!。


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://moatbasket.com/mt5/mt-tb.cgi/26

コメント(3)

「運用でカバー」がボキのモットーです。

今度「資産運用」教えてください。

短期で結果が出したいなら、チャンプに聞かれたほうがベターです。僕は長期運用は。

コメントする

2010年2月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            

アーカイブ

グリムス

なかのひと

ジオターゲティング


ジオターゲティング
OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 5.01

このブログ記事について

このページは、ごめごめが2006年3月19日 23:59に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「東京駅」です。

次のブログ記事は「琵琶湖行ってきました」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Google Adsense実験